[CML 065775] UNHCR駐ロシア代表とロシア子どもの権利担当委員、モスクワで初会談を開催

yorikazu shimada ningen @ hotmail.com
2022年 10月 26日 (水) 05:20:11 JST


マリア・ルボヴァ=ベロヴァというのは、ウクライナから子どもを誘拐しているロシアの責任者として欧米から制裁を受けている人物です。
先日紹介したシリアにいるチェチェン人(イスラム主義者)の子ども(孤児)の引き取りの責任者でもあります。
文中にある国籍問題については、ロシアに編入されて事情が変わったのではないかと推測しますが詳しくはわかりません。

嶋田


UNHCR駐ロシア代表とロシア子どもの権利担当委員、モスクワで初会談を開催
2022年10月21日


10月17日、ロシア連邦大統領府子どもの権利担当委員のマリア・ルボヴァ=ベロヴァと、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐ロシア代表のカリム・アタッシによる実務者会議がモスクワで開催されました。

これは、大統領府子どもの権利委員会とUNHCRモスクワ事務所との初めての会談でした。

会議の目的は、同伴者のいない子どもや分離された子ども、そしてかつてウクライナ東部の児童養護施設にいた子どもたちが、現在ロシア連邦の領土にいる状況について話し合うことでした。

中でも、家族の追跡と家族のつながりの再確立の必要性が議論されました。その子どもの権利委員は、これらの子どもたちのために現在実施されている社会的支援の提供や家庭・家族センターへの配置手続きについて説明しました。

UNHCRは、子どもの最善の利益決定手続きに関する国際基準に関する情報を共有することを申し出るとともに、一部の子どもたちとその里親を訪問したいと要請した。

子どもの権利委員会事務局とUNHCRは、他の関連国際機関と連携して、これらの子どもたちの最善の利益を十分に尊重した支援のための情報交換と方法の検討を開始することに合意しました。

https://www.unhcr.org/ru/29893-unhcr-rep-in-the-rf-russian-childrens-rights-commissioner-first-meeting.html


2022年9月22日 ニジニ・ノヴゴロド州

マリア・ルボヴァ=ベロヴァ大統領子どもの権利委員は、里親に預けるため、ドネツク人民共和国からニジニ・ノヴゴロド州に孤児を呼び寄せた。

9月16日にドネツク人民共和国からロシアに到着した孤児たちは、マリア・ルボヴァ=ベロヴァの援助により、ニジニ・ノヴゴロド州の9つの里親家庭に2人から5人の兄弟姉妹のグループで預けられました。子どもたちの年齢は6歳から17歳で、ほとんどが10代。中には障害を持つ子もいます。

子どもたちは全員、ロシアの市民権を得ています。彼らは長い間孤児院に滞在し、そのほとんどがドンバスでの長年の敵対行為によりトラウマを抱えたままでした。心理学者やソーシャルワーカーなどの専門家が里親候補と一緒に、子どもたちの雰囲気や精神状態、里親になる心構えを探ってきました。焦点は、子どもたちにふさわしい親を選ぶことでした。

ドネツク人民共和国からロシアにやってきた125人の孤児たちは、アストラハン、ボロネジ、クルスク、モスクワ、ムルマンスク、ニジニ・ノヴゴロド、オムスク、ペンザ、ロストフ、リャザン、サマラ、チェリャビンスクの13地域とモスクワでロシアの家庭と一緒に暮らすことになりました。ドンバス共和国の孤児を預かる活動は、子どもの権利委員会の主導で今春から始まりました。すでにドンバス共和国の孤児約300人がロシアの里親に引き取られ、さらにルガンスク人民共和国の子どもたち104人についても事務手続きが進められている。

ニジニ・ノヴゴロド州への出張の一環として、マリア・ルボヴァ=ベロヴァはグレブ・ニキーチン知事と、困難な生活環境にある子どもを持つ家族を支援するための社会実践と、同地域における委員の戦略プログラムの進展について話し合いました。彼女はまた、児童養護施設にいる4歳未満の子どもの数を減らすためのプロジェクトに関するワーキンググループの会合も開いた。彼らは、必要に応じて、アルコール依存症の治療を終えた親の社会復帰のための措置を地域が支援することに同意した。

さらに、子どもオンブズマンは、子どもを施設に引き渡した2人の母親と面会しました。どちらのケースでも、家族は苦境に立たされていました。そこで、受給資格を得るための書類集めや、アパートの待機者リストへの掲載、就職の支援などを行いました。どちらの母親も、すぐにでも子どもを施設から引き取る用意があるようでした。

http://en.kremlin.ru/events/administration/69414


マリア・ルボヴァ=ベロヴァのルガンスク人民共和国とドネツク人民共和国訪問について
8月4日から6日にかけて、マリア・ルボヴァ=ベロヴァ大統領児童権利委員がルガンスク人民共和国およびドネツク人民共和国を訪問しました。
2022年8月6日

「委員(マリア・ルボヴァ=ベロヴァ)によると、11地域のプロの里親が、LPRから子どもを受け入れる準備ができている。この手続きは養子縁組ではなく、主に親権と後見人を提供するものであり、その後、子どもたちは家に戻り、近親者と社会生活を送る機会を与えられる。ルボヴァ=ベロヴァは、ロシア国籍取得のための手続きを、孤児移送のための書類提出と同時に開始することを提案し、それが彼らの利益を満たす最良の方法であることを示した。」

http://en.kremlin.ru/events/administration/69138


ドンバスからの難民の子どもたちはどうする?
2022年5月17日
マリア・ルボヴァ=ベロヴァ大統領子どもの権利担当委員のヴェドモスチ紙インタビューより抜粋 "私たちは皆、忍耐力を示す必要がある"

「このような難民を受け入れるロシア政府機関が直面する主な課題のひとつは、子どもたちの親族を見つけることです。実際、家族はウクライナ、ロシア、その他の近隣諸国に散らばっていることがあります。

ロシア連邦内でこれらの子どもたちの住処を見つけることも問題です。今のところ、ロシア人家族に一時的に親権を与えることが唯一の方法です。しかし、この枠組みは子どもたちのニーズに応えていません。彼らに必要なのは、ロシアの市民権であり、それは彼らの家族への永住を可能にするだけでなく、福利厚生、医療、リハビリ、ウェルネスリゾートへの滞在などのセーフティネットの利用を保証するものでなければならないのです。

その一方で、多くのロシア人が「この子たちを引き取る用意がある」と名乗り出ている。ドンバスの子どもたちというのは、どういう存在なのかが知られていない。敵対行為で親を亡くしたと思われがちだが、実際はほとんどが社会的孤児である。」

https://thailand.mid.ru/en/2-uncategorised/6387-what-about-refugee-children-from-donbass













CML メーリングリストの案内