[CML 064726] 【ご案内】6/25(6/23申込締切)「ウクライナに平和を!」千田悦子さん講演会(ZOOM参加可能)

FUJII,Etsuko peace @ tc4.so-net.ne.jp
2022年 6月 21日 (火) 12:32:40 JST


藤井悦子@アジェンダ・プロジェクト京都です。

 

「ウクライナに平和を!

ロシアのウクライナ侵攻に対して

私たちは何をすべきか? どう向き合うのか?」

というテーマで

元UNHCR職員で、2016年から18年まで

ウクライナで勤務しておられた

千田悦子さんにお話を伺います。

ぜひご参加ください。

 

会場・ZOOMともにお申し込みが必要です。

下記のお申し込みフォームからお申し込み下さい。

申込は6月23日までとなっていますので、よろしくお願いします。

 

ここから(拡散お願い)

【要申込】・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジェンダ・プロジェクト京都 学習講演会

 

「ウクライナに平和を!

  ロシアのウクライナ侵攻に対して

    私たちは何をすべきか? どう向き合うのか?」

※fbイベントページ

https://fb.me/e/4JE1UZ9mN

 

お話 千田悦子(ちだ えつこ)さん

講師プロフィール: 

京都府生まれ。 津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業後、NGOのボランティアとしてソマリアへ赴任。帰国後、専門学校講師・職員を務め、青年海外協力隊員として西サモアへ赴任。ボストン大学医学部大学院公衆衛生学修士号およびハワイ大学大学院ソーシャルワーク学修士号を取得。ハワイ州政府社会福祉課児童保護局でソーシャルワーカーとして勤務後、1996年よりUNHCRに勤務。ケニア、アフガニスタン、南スーダンなど、世界各地の紛争地域で難民の人道支援。2016年からウクライナのキエフ代表事務所、続いてドニプロ統括事務所で勤務。2019年UNHCRを早期定年退職。現在、鍼灸理療専門学校学生。著書に「アフガニスタン祈りの大地」(清流出版社2002年)他。

 

★日時:

2022年 6月25日(土) 18:30~20:30頃

 

★会場:

京都アスニー 第2研修室(定員あり)(京都市中京区 丸太町七本松西入る北側)

アクセス  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/asnymap.html

ZOOMオンライン配信も行います。

 

★参加費無料:

カンパをお願いします。

カンパは経費を除いて、

UNHCRに寄付します。

 

★要申込:

会場・ZOOMともに、ご参加には事前申込が必要です。6月23日までに、申込フォームからお申込みください。

<お申込みフォーム>

https://forms.gle/DNHp8vdHPTcRKuS99

※当日参加は空席がある場合のみ可能です。

 

メールでもお申込み可能です。agenda @ tc4.so-net.ne.jp <mailto:agenda @ tc4.so-net.ne.jp> 

件名を「6月25日講演会参加希望」として下記項目をご記入ください。

①お名前 

②所属団体(あれば) 

③メールアドレス

④「会場参加」または「ZOOM参加」のどちらか 

⑤お住いの都道府県

 

 ロシアによるウクライナ軍事侵攻は膨大な犠牲の上に、数千万人の生活を破壊しました。国連総会ではロシア非難決議が採択されたものの、誰もロシアを止めることができない中で、米欧などの「西側」諸国はウクライナに武器を送り続け、戦闘は長期化し、人々の犠牲は増え続けています。環境や経済、全地球への打撃も計り知れません。

 侵略戦争の強行、原発での戦闘、核兵器使用までが示唆されたことの衝撃は大きく、スウェーデンやフィンランドが中立をやめてNATO加盟申請へ、ドイツも紛争地に殺傷兵器を送らない方針を転換してしまいました。日本もウクライナに攻撃的兵器に転換可能なドローンなどをも提供し、政権や一部野党は「核兵器を共有すべきだ」「現行憲法でも敵基地攻撃は可能だ」など日本国(在住)民の生命を脅かす戦争をあおる主張をしていますが、「戦争放棄」を形骸化し、軍備増強を行うことは、解決になるどころか、さらなる戦争と犠牲を生むだけではないでしょうか。

 ウクライナをはじめ世界の紛争地域で国連機関の職員として難民支援をしてこられた千田悦子さんのお話をうかがって、私たちはこの事態にどう向き合うのか、何をすべきなのかを考えましょう。皆様のご参加をお待ちしています。 

 

主催:アジェンダ・プロジェクト京都

〒601-8022 京都市南区東九条北松ノ木町37-7

URL:  https://agenda-project.com/

TEL・FAX:075-822-5035

E-mail:agenda @ tc4.so-net.ne.jp <mailto:agenda @ tc4.so-net.ne.jp> 

 

※アジェンダ・プロジェクトでは

雑誌「アジェンダー未来への課題」の定期購読会員や、

発行を支える会員・賛助会員を募集しています。

・・・・・・・・・・・・・

ここまで

-- 
このメールは Google グループのグループ「アジェンダ・プロジェクトML」に登録しているユーザーに送られています。
このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには agenda-project-ml+unsubscribe @ googlegroups.com <mailto:agenda-project-ml+unsubscribe @ googlegroups.com>  にメールを送信してください。
このディスカッションをウェブ上で閲覧するには https://groups.google.com/d/msgid/agenda-project-ml/001f01d87573%248617dfb0%2492479f10%24%40tc4.so-net.ne.jp <https://groups.google.com/d/msgid/agenda-project-ml/001f01d87573%248617dfb0%2492479f10%24%40tc4.so-net.ne.jp?utm_medium=email&utm_source=footer>  にアクセスしてください。



CML メーリングリストの案内