[CML 064715] 乗松聡子さん論考「ウクライナ・ナチスの系譜と現状」紹介

tomoneko @ ngs1.cncm.ne.jp tomoneko @ ngs1.cncm.ne.jp
2022年 6月 19日 (日) 20:12:49 JST


長崎在住の新海と申します。
5月19日の投稿 [CML 064478] に引き続き、ウクライナ情勢に関する乗松聡子 
さんの論考、「ウクライナ・ナチスの系譜と現状―米国がしかけたマイダン・ 
クーデターがもたらしたものー」をご紹介します。
この中で、日本の公安調査庁が2021年段階では「国際テロリズム要覧2021」の 
中のレポートで、ウクライナのネオナチ(もしくはナチスの後継。こう言う意 
味は乗松さんの論考を読んでいただければわかります)の存在を認めていたに 
も関わらず、のちにその記述は削除されたという興味深い指摘もあります。

(以下、乗松さんよりのメールです。論考のURLは文中にあります)

新記事を出しました。ご覧ください。

ウクライナ・ナチスの系譜と現状―米国がしかけたマイダン・クーデターがも 
たらしたものー
https://isfweb.org/post-4400/

その前の「ウクライナ 忘れられている死者たちは誰か」(上中下)もここから
アクセスできます。

上
https://isfweb.org/post-2995/https://isfweb.org/post-3084/https://isfweb.org/post-3107/

それではよろしくお願いします。エビデンスはふんだんに提示しました。

乗松聡子

Satoko Oka Norimatsu
Vancouver, BC, Canada/Tokyo, Japan
Director, Peace Philosophy Centre (http://peacephilosophy.com)
Editor, the Asia-Pacific Journal: Japan Focus (http://apjjf.org)
Co-Coordinator, the International Network of Museums for Peace 
(http://museumsforpeace.org)
A Founder and Co-chair of Vancouver Save Article 9 and Article 9 
Canada (http://vsa9.blogspot.com/)
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC6JzKLYoNc9wQplw296PEbA



CML メーリングリストの案内