[CML 062576] 街頭スピーカーの音達距離を検証

OHTA, Mitsumasa otasa @ nifty.com
2021年 9月 29日 (水) 20:06:17 JST


[BCCで送信させていただきます。重複受信の際はご容赦ください。転送・転載歓迎。]

せっかく街頭で音声で訴えても、有効な距離と時間の範囲にわたって音が届かないと、意味のある訴えとはなりません。

【検証動画:第57回 #松戸アクション を例に、スピーカーの音達距離を検証】
https://twitter.com/mitsu_ohta/status/1443162752265056256
  
場所は松戸駅東口。駅直近のペデストリアンデッキ上にほぼ駅側に向けて拡声器を1つだけ配置した場合、音は駅側とは反対のヨーカドー側の隣りのデッキまで届かない。
駅直近のデッキ端の欄干上にヨーカドー側に向けてもうひとつスピーカーを設置すると、隣りのデッキも飛び越えて、ヨーカドーの通路まで音が聞こえる。これなら駅入り口からヨーカドーまで歩く人でも約1分半にわたり訴えを聞くことが可能。
スピーカーは人の動線などを考慮して配置しよう。


太田光征


CML メーリングリストの案内