[CML 061857] 【協力依頼・拡散歓迎】報告と緊急アクションの呼びかけ~今週中に日本の市民社会の命運が決まります

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis @ agate.plala.or.jp
2021年 6月 15日 (火) 11:19:53 JST


東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

私も参加している「重要土地調査規制法案」反対緊急声明事務局からの呼び
かけです。( http://juyotochi-haian.org/ )

野党4党は、本日15日午前9時過ぎに菅内閣不信任決議案を提出しました。
廃案にできるかどうかは、私たち主権者の頑張り次第です。

以下、ぜひご参加、ご協力、そして拡散をよろしくお願いします!

-------------------------------------------------------

***今週中に日本の市民社会の命運が決まります***
***沖縄スパイ戦の悲劇を繰り返してはなりません***

1.報告とお礼
2.国会情勢とさらなるアクションの必要性
3.1日を争うアクションの呼びかけ

緊急声明事務局の谷山です。以下報告のうえさらなる緊急アクションを呼びか
けます。( http://juyotochi-haian.org/ )

1.報告とお礼

昨日6月14日の参議院内閣委員会での強行採決は阻止されました。

6月14日午後の参考人質疑の終了後に自民が「土地規制法案」の委員会採決を主
張。17時40分からの内閣委理事会での自民による再度の委員会採決の主張を野
党が拒否したため、与党は委員長職権で19時からの委員会(採決)をセット。
これに対して、立憲・共産は18時2分に森屋宏内閣委員長の解任決議案を提出し
ました。採決は15日の参院本会議でなされるため、この日の委員会での強行採
決は阻止されました! 皆さんのこの間のFAX要請アクションをはじめとする働
きかけが功を奏しました。14日20時から呼びかけた「 #土地規制法案を廃案に 」
のツイッターデモは、早々とトレンド入りし、15日午前2時を過ぎた時点で
50,000件を超えています。この勢いをさらに強めていきましょう。

立民・共産 土地利用法案めぐり参院内閣委員長解任決議案提出
(6月14日、NHKニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210614/k10013084941000.html

2.国会情勢

上記でも報告しましたように、委員会の定例日でもない日に、しかも、参考人
質疑が行われた直後に強行採決しようとするのは異例で、それほど自民党が追
い詰められていることの表れでもあります。また、14日夜に立憲、共産、国民、
社民の4党は、内閣不信任決議案を15日に提出することを決めました。提出は
15日朝9時になる見込みです。15日午後の衆院本会議で採決されます。

不信任決議案は与党の賛成多数により否決されることになりますが、否決され
るまでは衆参で全ての審議が止まります。参院内閣委員会は15日夜開催という
こともあり得ないことではありませんが、恐らく16日になる見込みです。与党
はそこで強行採決した後、参院本会議で成立させることを狙っています。

これをさせないためには、国会会期末ギリギリでの無謀な法案採決を止めるし
かありません。野党は参院内閣委員会での委員長解任決議案提出、衆院での内
閣不信任案提出によって法案審議を引き延ばしていますが、16日の会期末まで
審議をさせないためには、さらに、小此木八郎内閣府特命担当大臣の参院での
問責決議案及び衆院での不信任決議案の提出、合わせて「NECを徹底的に干せ」
との違法な恫喝発言を行った問題だらけの平井卓也デジタル改革担当大臣の不
信任決議案と問責決議案、「コロナは改憲のチャンス」と耳を疑うような発言
をした加藤勝信官房長官の不信任決議案と問責決議案、さらには、立憲が検討
しているという参議院としての菅総理大臣の問責決議案の提出を、野党にさせ
る必要があります。

そうは言っても、16日の時点で国会会期の2日程度の小幅延長をされてしまえ
ば、土地規制法案は参院内閣委員会で採決を強行できる条件が整います。そう
なると、法案は成立してしまいます。小幅延長するかどうかは16日には決まる
でしょう。決まることを想定して、事前にそれをさせない行動、牽制する行動
をすると同時に、延長された際は市民に届く抗議の声を発出する必要がありま
す。

3.1日を争うアクションの呼びかけ

①15日(火)13時からの参院議員会館前での大抗議アピール
②大抗議アピールに合わせて始めるツイッターデモ
③国会会期末ギリギリの採決を阻止するためのFAX要請
④みんなの力を大結集!「土地規制法案」を廃案にする 6.16集会
⑤法案を通すためだけの会期小幅延長に際しての抗議及び牽制のハンスト

----------------------------------

①「土地規制法案」を廃案に!6.15大抗議アピール

6月15日(火)13時~14時
参議院議員会館前(永田町駅)

<共同呼びかけ>
「重要土地調査規制法案」反対緊急声明事務局(090-6185-4407)
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)
「重要土地調査規制法案」を廃案にする全国超党派自治体議員団(080-8870-1974)
フォーラム平和・人権・環境
たんぽぽ舎
<協力>
安保破棄中央実行委員会

②ツイッターデモの呼びかけ

※同じ時間帯に皆で一斉にツイッターで廃案をデモりましょう!

<ツイッターデモ呼びかけ時間>
15日(火)13時~21時
#土地規制法案を廃案に

同一ハッシュタグでのツイッターは同時に多くのツイートが集中することでト
レンドが決まります。昨日14日は見事にトレンド入り。本日15日の抗議集会に
合わせてツイートを集中できれば、一気にトレンドが上がります。できれば集
会に合わせて13時から14時の間にツイートしてください。それができない場合
でもなるべく早くツイートしてください。また夕方以降に可能な方は21時まで
にお願いします。

③国会会期末ギリギリの採決を阻止するためのFAX要請

野党の参院内閣委員長の問責決議案、内閣不信任案の提出によって法案審議は
いったんは止まります。それでも16日の閉会に合わせて与党は強行採決する可
能性があります。それを阻むために、立憲のキーパーソンに小此木八郎内閣府
特命担当大臣の参院での問責決議案及び衆院での不信任決議案、菅総理大臣の
参院での問責決議案、平井卓也デジタル改革担当大臣の不信任決議案と問責決
議案、加藤勝信官房長官の不信任決議案と問責決議案の提出を要求しましょう。
自民・公明幹部には悪法ごり押しのための会期の小幅延長を断念するよう要求
しましょう。

【野党第一党の立憲の真価が問われています。キーパーソンに更なるFAXを!】

<文例>
・参院内閣委員長の問責決議案、内閣不信任案の提出によって土地規制法案の
廃案の可能性が高まりました。立憲民主党の尽力に感謝します。
・参院での採決は延びましたが16日の閉会までに強行採決される可能性は残っ
ています。なんとしても採決を阻止してください。そのために菅総理大臣の参
院での問責決議案に加えて、以下の大臣・官房長官に問責決議案および不信任
決議案を突きつけてください。
・小此木内閣府特命担当大臣:立法事実のない法案成立を画策
・平井デジタル改革担当大臣:「NECを徹底的に干せ」と違法な恫喝発言
・加藤官房長官:「コロナは改憲の絶好のチャンス」と放言

【立憲民主党】
◆難波奨二 参院国対委員長(比例) 国会(FAX)03-6551-0821

◆水岡俊一参院議員会長(比例)    国会(FAX)03-6551-0305

◆吉川沙織 議院運営委筆頭理事(比例) 国会(FAX)03-6551-0617

◆安住淳 国対委員長(宮城県)     国会(FAX)03-3508-3503
  石巻事務所(FAX)0225-23-1288

◆枝野幸男 代表(埼玉県)         国会(FAX)03-3591-2249
                   大宮事務所(FAX)048-648-9125

◆福山哲郎 幹事長(京都府)       国会(FAX)03-6551-0808
                  京都事務所(FAX)075-213-0977

◆木戸口英司 内閣委筆頭理事(岩手県) 国会(FAX)03-6551-0715
  岩手事務所(FAX)019-613-2204

【悪法成立のために会期の小幅延長を狙う与党幹部にFAXを集中してください!】

<文例>
・「政府が決めた法案提出期限すら守れなかったズサンな法案を、小幅延長と
いうセコイやり方で強引に成立させることは許されません」
・「コロナ対策のための大幅延長を拒否しておいて、悪法成立のためだけに会
期を小幅延長する汚いやり方は、必ずや有権者の批判を浴びるでしょう。総選
挙を前にやるべきことではありません。潔く廃案にしてください」
・「沖縄をはじめ、基地や原発の被害を受けている周辺住民を監視し、弾圧す
る悪法の成立を強行すれば、総選挙で必ずしっぺ返しを受けるでしょう。もは
や廃案しか選択肢はありません」

【自民党】
◆森山裕 国対委員長(鹿児島県) (FAX)03-3508-3714
                      鹿屋事務所(FAX)0994-31-1036

◆加藤勝信 官房長官(岡山県)   (FAX)03-3508-3289
                      笠岡事務所(FAX)0865-63-7070

◆二階俊博 幹事長(和歌山県)  (FAX)03-3502-5037
                 和歌山事務所(TEL)0738-23-0123 ※TELです

◆林幹雄 幹事長代理(千葉県)  (FAX)03-3502-5016
            成田事務所(FAX)0476-24-4725

【公明党】
◆山口那津男 代表(東京)        (FAX)03-6551-0806

◆石井啓一 幹事長(比例・北関東)(FAX)03-3508-3229
            水戸事務所(FAX)029-222-0713

◆高木陽介 国対委員長(比例・東京)(FAX)03-5251-3685
             立川事務所(FAX)042-540-1165

④みんなの力を大結集!「土地規制法案」を廃案にする 6.16集会

日時:6月16日(水)14時~16時
場所:参議院議員会館 B102会議室[定員36人](永田町駅)

 「重要土地調査規制法案」は、沖縄をはじめ基地や原発などにより被害を受
けている周辺住民を、政府が監視し、抑圧し、弾圧するものです。稀代の悪法
は、廃案にする以外にありません。
 日本全体、どこに住んでいようが内閣総理大臣の思うがまま、私たちのプラ
イバシーは脅かされます。立法事実も示すことなく、大事な部分はすべて政令
や首相に丸投げされます。中身が空っぽの法案を、充分な審議もないまま、会
期末の土壇場の僅かな時間で強行するのは、無謀な暴力行為としか言いようが
ありません。
 会期末の16日にきっぱりと廃案にするべく、今こそみんなの力を大結集し、
大きなうねりの声をぶつけたいと思います。ぜひご参加ください。

<共同呼びかけ>
「重要土地調査規制法案」反対緊急声明事務局(090-6185-4407)
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)
「重要土地調査規制法案」を廃案にする全国超党派自治体議員団(080-8870-1974)
(6月14日現在)

⑤法案を通すためだけの会期小幅延長に際しての抗議及び牽制のハンスト

どんなに審議を送らせても、16日に国会会期を小幅延長されてしまえば終わり
です。小幅延長するかどうかは16日には決まるでしょう。決まった場合にはハ
ンスト闘争に入ります。小幅延長が決まった日の翌日朝9時から全国同時のハ
ンスト抗議を呼びかけます。参議院議員会館前で声明事務局などが行うのに合
わせて、これまで院内集会や記者会見に参加してくれた各地の反基地、反原発
運動のキーパーソンらに15日のうちに趣旨を伝えて、参加者を募り、発表しま
す。事前に発表することで、小幅延長というずるいやり方に対して市民が怒っ
ていることを伝え、小幅延長そのものを牽制します。

以上、もう一息です。ご協力をお願いします。

反対緊急声明事務局担当
谷山博史(NCFOJ) taniyama @ ngo-jvc.net
近藤ゆり子(NCFOJ) k-yuriko @ octn.jp
杉原浩司(NAJAT) kojis @ agate.plala.or.jp 



CML メーリングリストの案内