[CML 057885] 第3226目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi @ r8.dion.ne.jp
2020年 2月 17日 (月) 07:00:06 JST


青柳行信です。2020年 2月 17日(月)。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第3226日目☆
     呼びかけ人賛同者2月16日まで合計4528名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。      
      
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
    <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん
       
寒くなってきました。普通の冬に戻ったようです。
明日の降雪が心配です。
ニュースによるとアベ内閣の支持率が下がったようです。
与党内からも安倍批判が出始めたとのこと。風向きが変わって来たようです。
桜を見る会の影響が予想より大きいことを自民党内でも認識し始めたのかも
しれません。 
街頭で「安部 ダメじゃん」の声を大きくしていきましょう。
あんくるトム工房
アベ内閣支持率低下
    https://uncletom71.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
使用済み核燃料
    https://uncletom71.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
    

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:

☆ワクチンの産まるる間は呪術社会 よき御祈祷を捧ぐべきかは

    (橋本左門 2020・2・17ー2638)
※抗体に勝つ力を持つウイルスは進化の能力の証左であるからに
は、謙虚でなければならない。ウイルスなどと共存で無害の生を
探るべき事への大きな警鐘である。科学史、医学史、治療史を改
めて研究すべきことを示唆されたので。野口英世紙幣が懐かしい。


★  木村眞昭(妙泉寺住職)さんから:

 本日の講演会ご案内

ハンセン病本人訴訟が提訴された際、13名の第一次原告として
立ち上がられた、星塚敬愛園にお住いの上野正子さんの講演会があります。

西本願寺福岡教区「御同朋の社旗をめざす運動」研修会

日 時 2020年2月17日(月)13:30分~17:00
会 場 本願寺福岡教堂 福岡市中央区黒門2‐3 
(駐車場はありません。)
テーマ 「業・宿業」仏教は業をどうとらえるか

※ 上野正子さんの講演は、15時頃~ になります。

【上野正子さんプロフィール】
1927年、沖縄県石垣島生まれ。
1940年に沖縄県立第二高等女学校に入学するも、ハンセン病を発症し同年12月に星塚敬愛園に入所。
1998年のハンセン病国家賠償訴訟(※らい予防法違憲国家賠償訴訟)では
第一次原告団13名のひとりとして名前を連ねた。
小説『あん』(ドリアン助川著)の主人公、徳江さんのモデルとしても知られる。
2013年より敬愛園自治会副会長。各地での語り部活動にも精力的に取り組んでおられる。

ハンセン病国家賠償訴訟の折、多くの園の仲間が訴訟を止めろというなかに、あえて立ち上がられました。
そのとき背中を押したのが、家族訴訟原告団長であった林力さんの
「恥でないことを恥とするとき、本当の恥となる」という言葉だったそうです。
ハンセン病家族訴訟も勝利し、国の責任が指弾されましたが、声を潜めて生きてこられた方々がおられたことを
知らないで過ごしてきた私たち市民にも、大きな責任があると気づきました。

多くの方々のご来聴をお待ちいたしております。 
 

★ 松田奈津子(さくら共同法律事務所・弁護士 河合弘之 原発担当) さんから:

【立地は許されない】2.20函館市大間原発裁判

函館市が提起した大間原発建設差止等訴訟は、日本で初めて自治体が原告となって原発の差し止めを求めた裁判です。
建設中の大間原発は、函館市から30キロの距離にあります。
大間原発から50キロ圏内の函館市を含む北海道の道南区域には、37万人の人口を抱えています。大間原発が過酷事故を起こした場合、避難は不可能です。
大間原発敷地内の活断層が強く疑われており、適合性審査も進んでおらず、許可の見通しは立っていません。

今回の期日において、そもそも大間原発は建設が許されない立地であり、規制委員会の審査を待つまでもなく、裁判所は判断できることを、被告国への反論を交えて主張します。法廷ではプレゼン資料を用いて説明の予定です。

裁判終了後、市民による記者会見を兼ねた報告集会も企画されています。
『六ヶ所村の記録』『下北核半島』など、大間原発、六ヶ所村のある下北半島の核施設の粘り強い取材でも知られるルポライターの鎌田慧さんをお迎えしてお話を伺います。
この裁判への支援のふるさと納税は1億円を超えました。
原発の建設は要らないという声の表れだと思います。
ぜひご参加くださいますよう、お願いいたします。

------------------------------------------------------

◆◇函館市大間原発建設差止等請求訴訟
第22回口頭弁論期日
2月20日14:00 東京地裁103号法廷(最寄駅 地下鉄:霞が関A1出口)
<抽選>当日午後13時40分までに指定場所に来られた方を対象

▼函館市:大間原発の建設凍結のための提訴について
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031000166/

記者会見を兼ねた報告集会
▼詳細はこちら
http://bit.ly/39xHqau
15時00分~17時30分/参議院議員会館 B103会議室(最寄駅「永田町」「国会議事堂」)
1.講演
「下北核半島と大間原発」鎌田慧さん(ルポライター)
2.弁護団報告
「函館市訴訟の争点と経緯」
「本日の口頭弁論と今後の裁判について」(中野宏典弁護士ほか)
3.現地からの報告

主催:大間原発反対関東の会(080-6616-9604 玉中)


★ 田中一郎 さんから:

(報告)(2.13)オルタナティブな日本をめざして(第40回):「日本の司法
制度と裁判官:何故おかしな判決が相次ぐのか」(新ちょぼゼミ:澤藤統一郎弁護
士)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-ab6361.html


★ 味岡修 さんから:

経産省前テントひろば1807日後
テント日誌 紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/undkmcm

・新型コロナウィルスについて思うこと 2月9日(日)
・テントひろばは一転にぎやかになって   2月10日(月)
・旗(日の丸)を出していたのは経産省だけだった 2月11日(火・祝)
・今日はなんか賑やかな一日だった 2月12日(水)
・木内みどりさんの「お別れ会」に 2月13日(木)
・文科省前の抗議集会を支援する人は増えている 2月14日(金)
・原発も安倍政権も早く終わりに  2月14日(金)
・その他のお知らせと取り組み


★ 宮崎 黒木和也 さんから:

*国内の全原発を「廃炉に」 脱原発求める首長らが声明*
2/16日) 20:09配信 *
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000098-kyodonews-soci

*3.11、最後の「つどい」 おおくま町会津会 13日まで若松
2/16(日) 9:48配信福島民報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000012-fminpo-l07

*トリチウム含む「処理水」処分討論!福島原発行動隊フォーラム
2/16(日) 14:10配信福島民友新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00010016-minyu-l07

*観光と信仰の里山信夫山(2月16日)
2/16(日) 9:16配信福島民報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000006-fminpo-l07

*内閣支持率8ポイント減り41% 共同通信電話調査、2年ぶり急落
2/16(日) 16:50配信共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000068-kyodonews-pol

*山本太郎/「消費税ゼロ」で日本は甦る
〈消費税廃止の財源27兆円はこうすれば生み出せる〉――文藝春秋特選記事【全文公開】
2/14(金) 6:00配信 有料文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-10001098-bunshuns-pol


★ 前田 朗 さんから:

ヘイト・スピーチ研究文献(150)移民・難民の主体性 
高橋若木「収容所なき社会と移民・難民の主体性」杉田俊介・櫻井信栄編『対抗
言論』1号(法政大学出版局)
https://maeda-akira.blogspot.com/2020/02/blog-post_16.html

ヘイト・クライム禁止法(168)モンテネグロ
https://maeda-akira.blogspot.com/2020/02/blog-post_79.html


★ 土森武友(川辺川を守る県民の会) さんから:

 【ご案内】2/29福岡賢正さん講演会「『国が川を壊す理由』は今・・part2」

先月の人吉市に続き、熊本市内でも福岡賢正さんの講演会を開催します。ぜひ、ご参加ください。
チラシイメージ
http://kawabegawa.jp/2020/20200229FUKUOKASANKOENKAI.pdf

「日本一の清流を守りたい。でも本当に川辺川ダムを止められるのか」。そんな思いから活動を始めた私た
ちにとって大きな支えとなったのが、当時、毎日新聞の記者だった福岡賢正さんが出版された『国が川を
壊す理由』です。川辺川ダム計画の問題点が分かりやすく書いてあるこの本を読んで始めて、私たちはダム
はいらないということに確信が持てるようになりました。

川辺川ダム建設は事実上中止となりましたが、球磨川のダムによらない治水対策はほぼ手付かずのままです。
近年は大型台風による堤防決壊など大きな犠牲を伴う災害が頻発しています。国の治水対策の問題点は何な
のか、ダムを中心とした治水対策から脱却することが出来るのか?長らく治水やダムの問題を取材して来ら
れた福岡さんに、じっくり語っていただきます。

●福岡賢正さん講演会「『国が川を壊す理由』は今・・・part2」
日時:2月29日(土)18時開場、18時30分開始
会場:熊本市・国際交流会館ホール(熊本市中央区花畑町4-18、花畑町電停下車)
入場無料
内容:①講演「『国が川を壊す理由』は今・・・part2」
          講師:福岡賢正さん(元毎日新聞記者、『国が川を壊す理由』著者)
       ②質疑応答
主催:福岡賢正さん講演会実行委員会
共催:子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会 脊梁の原生林を
   守る連絡協議会 立野ダムによらない自然と生活を守る会 くまもと
   地域自治体研究所 下球磨・葦北川漁師組合 一般社団法人アイ・オー・イー 
   グループMORI 阿蘇自然守り隊 川辺川を守りたい女性たちの会

問合せ:子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会
    080-3999-9928 土森

福岡賢正さんプロフィール ふくおか けんせい 1961年熊本県
益城町生まれ。京都大学農学部卒業後、毎日新聞記者に。久留米支局、福岡総局を経て90年10月から5年間、
人吉通信部に勤務し、熊本版で連載した「再考・川辺川ダム」をもとに「国が川を壊す理由~誰のための
川辺川ダムか」を出版。福岡本部学芸課や報道部、熊本支局の編集委員などを務めた後,
昨年9月末に退社。その他の著書に「男の子育て風雲録」「たのしい不便~大量消費社会を超える」
「隠された風景~死の現場を歩く」「幸せのかたち~7つの『奇跡』が語るもの」「小さき者たちの戦争」
「小さき者として語る平和」「『修羅』から『地人』へ~物理学者・藤田祐幸の選択」
「いのち寿ぐために~『たすけあい佐賀』の宅老所から」がある。


講演会終了後、福岡さんに感謝する会を開催します。
福岡さんの著書『国が川を壊す理由』は、私たち清流を未来に手渡そうとする者にとっては必読の書、
バイブルでした。あの本がなければ、ダム反対運動が起こっていたのかさえ分かりません。
講演会終了後、福岡さんに感謝する会を開催します。奮ってご参加下さい!

福岡さんに感謝する会 日時:2020年2月29日(土)21:15 会場:BUNZO(熊本市安政町2-24)
会費:5000円
申し込み先:土森 FAX:020-4668-3744、E-MAIL:tsuchi_tk @ ybb.ne.jp TEL:080-3999-9928
※2月25日(火)までにお申し込みください。

★ 松岡勲 さんから:

<book20-13『北村小夜のことばと私たち』(障害児を普通学校へ・全国連絡会編)>

障害児を普通学校へ・全国連絡会編『北村小夜のことばと私たち/分ける教育と
戦争』(千書房)を友人のから買い読んだ。北村さんは元教員で障害児を普通学
校への運動等さまざまな教育運動に関わられて来て、現在90歳である。北村さ
んの影響を受けてきた親や教員、市民運動家は多く、北村さんがこれまで運動中
で発した言葉をどのうに受け止めたかを綴った本だ。いくつか北村さんの言葉を
上げる。「一緒がいいならなぜ分けた」「戦争は教室から始まる」「世の中に出
るために条件はいらない」「本人の責任ではない不利益は差別」等。なお北村さ
んの近刊本は『画家たちの戦争責任/藤田嗣治の「アッツ島玉砕」をとおして考
える』(梨の木舎)だ。


---集会等のお知らせ------

● 福岡県総がかり実行委員会 例会●
 2月19日(水) 18:30~ 
福岡県民主医療機関連合会(民医連)
住所:福岡市博多区博多駅前1丁目19-3 博多小松ビル2階
 電話 092-483-0431 地図 博多小松ビル
http://www.office-re.co.jp/search/detail/id/850

315集会:Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/fukuokasogakari/

● 米軍基地の街に暮らして 築城・学習会● 
 案内チラシ:https://tinyurl.com/ry63tsg
2月26日(水)18時~ 
行橋京都教育会館 行橋市今井3680-7 電話 0930-22-1590
活動報告:山口県・岩国 田村順玄(あたごやま平和研究所代表)

●『主戦場』上映会 九州シネマ・アルチ●
   https://filmarks.com/movies/83222
2月29日(土)福岡市東市民センター  ①15:00~ ②19:00~

●―東北アジアの平和構想をめざして―講演会●
「3.1 独立宣言・記憶と証言ー真の和解への道」
講 師: 聖公会大学 金東椿(キムドンチュン)教授 
【東京】2月29日14:00-17:00
       東京文化センターアリラン 
       連絡先 090-3681-9032(武市)

福岡】3月2日(月)18:00~21:00
講 師: 聖公会大学 金東椿(キムドンチュン)教授 
  福岡市民福祉プラザ ふくふくプラザ・5階502号+503号
   連絡先 080-6420-6211(青柳)
案内チラシ:https://tinyurl.com/try2abu

●福島の高校生の訪独した活動報告●  
2020年1/25 〜 3/1 
http://earthwalkers.jp/index.html

●防大人権侵害裁判・高裁第一回審理●  
3月4日(水)16時 福岡高裁10階1105法廷 

● 原子力発電は、なぜ許されないのか 公開学習会● 
3月8日(日曜日)13時30分から
会場:サンライフ久留米
講師:内藤 哲さん(「避難者訴訟」原告、うきは市在住)
    青柳行信さん(原発とめよう!九電本店前ひろば村長) 
案内チラシ:https://tinyurl.com/rkmlrz7
 
● 2020年3•8国際女性デー● 
  石垣島から見えてくる戦争
案内チラシ:https://tinyurl.com/vmfw3jk
3月8日14時~16時半(13:30会場)
集会後、警固公園までデモ
大手門パインビル2F (福岡市中央区大手門1-1-12)

●  石垣島から見えてくる戦争!● 
3月10日(火)18:30~21:00(18:00開場)
お話:山里節子さん(沖縄・石垣島在住)
黒崎コムシティ 3階大会議室(JR黒崎駅となり)
案内チラシ:https://tinyurl.com/thklgbs

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」第32回裁判● 
3月13日(金)午後2~佐賀地裁
URL:http://no-genpatsu.main.jp/

●  映画「福島は語る」上映会● 
案内チラシ:https://tinyurl.com/qu4u7jq
3月14日(土)午後2時30分 上映開始(全編170分)
会場:サンレイクかすや多目的ホール(粕屋町駕与丁1-6-1)
同時開催 福島民報社 報道写真パネル展「福島の記録」

● 3.15福岡県総がかり集会 ●
〜いのちと環境を守り、憲法を活かそう〜
 https://www.facebook.com/fukuokasogakari/
 
    ・集会後にサウンドデモ
ご案内:カラーhttps://tinyurl.com/u5jxu6k
      白黒https://tinyurl.com/rmdmyj6
日 時: 3月15日(日)13:00開始
場 所:福岡市:冷泉公園 博多区上川端町7
      地図https://tinyurl.com/txepdo5
・ゲストスピーカー
    瑞慶覧長風(ずけらんちょうふう)さん
 『沖縄を、アジアや世界との平和的交流の島に』
(沖縄県南城市出身。東京農業大学卒業。26歳。元プロキックボクサー。
辺野古県民投票の会ボランティアスタッフ。南城市島ぐるみ会議事務局長。)
  ・市民、政党 リレートーク
主催:3.15福岡県総がかり実行委員会
協賛:市民連合ふくおか・九条の会福岡県連絡会
連絡先:ひろば・テント080-6420-6211(青柳)

● 川内原発行政訴訟 福岡高裁 ●
第二回控訴審5月11日(月)午後2時 福岡高裁 
 「川内原発訴訟 2審始まる」 
 週刊金曜日の報告記事をネット配信
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/12/27/genpatsu-12/
12.11写真:https://photos.app.goo.gl/44kFfLyEVzS2wgx69
控訴理由書:http://bit.ly/2NweQfh>

● <福島原発事故>九州避難者訴訟● 
2020年6月24日(水)14:00 判決期日 福岡地裁

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info @ npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
        午前10時から午後3時。(木曜のみ 開設)
          (月・火・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: https://blog.goo.ne.jp/aoyaji72
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi @ r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内