[CML 056914] 【本日です!】あいちトリエンナーレ実行委員・小倉利丸さん講演会(京都)「いま、どんな時代なのか」

uchitomi makoto muchitomi @ hotmail.com
2019年 9月 29日 (日) 08:49:51 JST


あいちトリエンナーレ実行委員・小倉利丸さん講演会(京都)「いま、どんな時代なのか」

★ いま、どんな時代なのか。
政治と経済、そしてナショナリズム

■日 時:9月29日(日) 午後2時〜 
■場 所:キャンパスプラザ京都・講義室
■資料代:800円

植民地からの独立、ケインズ主義、新自由主義、どれも不平等を解決してこなかった。

混迷をますます深める世界、もちろん日本も。さらに「米国第1」を掲げるトランプ米国大統領の登場。その米国に追従する安倍独裁政権。

☆ 安倍独裁者は、戦後レジームからの脱却を標榜し、この国を「戦争する国」へと変身させ、「アベ忖度」を蔓延させ、憲法と民主主義の破壊に邁進する。

☆「ものが言えない社会」、その行く着く先は・・・・・。

ポスト冷戦の資本主義が抱え込んだ危機。そして、私たちの未来は・・・・・。

■講師:小倉利丸さん
(プロフィール)
批評家、経済学者・専門は現代資本主義論、情報資本主義論。
富山大学名誉教授。あいちトリエンナーレ実行委員。
ブログ「no more capitalism」を主宰。
著書に『絶望のユートピア』など多数

■主催:反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
■問い合わせ:090-5166-1251(寺田)
■イベントページ:
https://www.facebook.com/events/725157801258419/?ti=icl

 反戦共同の寺田です。

表現の自由をとり戻す。

あいちトリエンナーレ実行委員の小倉利丸さんを迎えて、「今、どんな時代なのか」をテーマに9月29日に下記の集会を持ちます。是非ご参加ください!

*拡散もお願いします。
                                       8月1日に開幕した、日本で最大規模の国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」がわずか3日で中止されました。
それは「表現の不自由展・その後」に対して人種主義や性差別、日本の植民地責任・戦争責任の否定を背景とした公権力などの不当な圧力やテロ予告・脅迫などによるものです。
現在、何としても民主主義の基本である表現の自由を守ろうと表現の不自由展実行委員会が再開をもとめる仮処分を13日に裁判所に提出、全国からの再開を求める声と世論の喚起を訴えています。           

*変えよう!日本と世界  第13回 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 は10月27日(日) 午後2時〜 京都・円山音楽堂です。 


CML メーリングリストの案内