[CML 056913] 「オレオレの巣窟」あはは詐欺師とな 志賀晃かくコンゲーム也

大山千恵子 chieko.oyama @ gmail.com
2019年 9月 29日 (日) 08:09:30 JST


 「オレオレの巣窟」 <https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/ちょっと一杯のはずだったのに>  志駕晃 幻冬舎文庫

表紙。左から、奨学金を抱えた貧乏女子大生は卒業しても借金かえせない。金髪にいちゃん、奮闘す。
*中央の、オレオレ詐欺社長の演説。貧乏人が金持ちから盗る、革命だとさ。略屋みたいな理屈に微笑。*

そして結婚詐欺師。ひっかかった風俗店の電話さくら嬢。

作者は本業がラジオディレクターのせいか、よく世情を見ている。おもしろい。
こわいねえ「スマホを落としただけなのに」映画原作 志賀晃と
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/1b16a87117f450930ee1df6fe4f700f3>
2作とも映画になったのは、以前に紹介した。

ちなみに「あなたもスマホに殺される」は、主人公が教員のせいか詰まらなかった。「ちょっと一杯のはずだったのに
」密室殺人は、主人公のアルコール依存症に現実感がなかったので落第作。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内