[CML 056893] Re: 昨日のシビックスカイホールの講演会

yadoroku kusunoki mkusunoki26 @ gmail.com
2019年 9月 26日 (木) 18:07:23 JST


くすのきです。

森中さんからの埼玉補選のお話を伺いました。

>れいわ+共産 VS 立憲+国民+自民+公明
>こんなことってありうるでしょうか。

私は、ホントに立憲民主が上田を擁立するかと、驚くばかりですが、しかし
もしや、枝野は埼玉地盤なのでしょうか?
だとすれば、何らかの利権一致があるのかしらん?と思ってしまいます。

でも、森中さん、

>れいわ新撰組第10候補の渡辺照子さんの話をお聴きました。
>60歳です。話していて最後は涙が滲み、本当によく頑張ってきたという実感がありました。
>このような人に国会議員になってほしいと思いました。

私は、「れいわ+共産旋風」は、立憲&国民民主からも票が流れ込むのでは?と
思いますが、、、。その理由は、たまたまですが、やはり れいわ候補になった、安富さんのHPが
流れてきまして、安富さんの「れいわ 山本観」を読み、情緒的ではありますが、そう思った次第です。


「内側から見た『れいわ新選組』」
https://anmintei.net/a/688


石坂さんたちの、補欠選への、取り組み、伺いたいものです。
以上



2019年9月22日(日) 8:00 森中 定治 <delias @ kjd.biglobe.ne.jp>:

> みなさま
>
> おはようございます。
> 今日は素晴らしい秋晴れです。しかし午後から雨という予報。
>
>
> 昨夜はシビックの26階、スカイホールでれいわ新撰組第10候補の渡辺照子さんの話をお聴きました。60歳です。話していて最後は涙が滲み、本当によく頑張ってきたという実感がありました。このような人に国会議員になってほしいと思いました。
>
> 渡辺さんは、大学の時に学生運動に入り活動家との間に2人子どもを産んで、その活動家が姿を消してしまってそれから苦しみが始まったようです。子どもは二人の責任です。女一人で産めるはずがないのだから。しかし結婚していないと男への縛りがないので、男は何処かに行ってしまう可能性があります。人間も動物です。女は子どもの育成(食事を与えたり、あれこれ世話をする)に生きがいと幸福を感じるのでしょう。男は一般にはそれにはあまりやりがい生きがいを感じないです。それゆえに、結婚という法は男を生まれたこ子どもの育成に縛り付ける意味があります。その女が男がいなくても十分収入を得るだけの力があれば話は別ですが・・。一般には結婚では、男が生み出す収入が、その母子を支える道具として役割を持ちます。その役割を強制するものが結婚(法)です。もちろん多様ですから、それでもうまくいかない人も世の中にはたくさんいるわけですが。
>
> だから当たり前ですが、一般には誰もが、親・親戚・友人・皆がなぜそんな男と同棲して子どもを産んだのだと責めます。なぜ先に結婚しないのか。結婚できないような男ならそんな男となぜ子どもを作ったのかと責めます。その責めにはものすごく苦しんだようです。
>
> 私が偉いと思うのは、その責めを乗り切って同様の女性のために立ち上がると決意するまでになった点です。だから彼女は既に強い女になっているのです。でもとても優しい温かい人なつこい雰囲気で、怖い人、きつい人という印象の人ではありませんでした。彼女のもともとの人柄なんでしょうね。話も感動的でした。れいわはそれぞれ各人が自分の経験でものを考え、行動するということが条件のようです。
>
>
> 埼玉は大変なことになってきました。元民主で今まで知事だった上田氏が知事を降りて国民民主の大野氏が知事になりました。野党全体の応援で大野知事が誕生しました。大野氏が国会議員であったことから、その補選があるのですが、元知事の上田氏が無所属で出るのですが、当然立憲・国民など野党の応援で出ます。早い話が大野氏と上田氏の交代です。ところがれいわが出るという噂が出ました。そうしたら、自民が素早く上田氏に近づいて応援団になったようです。とにかく自民は勝つ人に乗れということのようです。
> どうなるか。
>
> れいわ+共産 VS 立憲+国民+自民+公明
> こんなことってありうるでしょうか。
>
> 森中 定治
>
>
>
>


CML メーリングリストの案内