[CML 056806] 【ご案内】9.29郷地秀夫医師講演〜内部被ばくの「今」を知る〜 in 豊中

山田敏正PC toshi-y @ kids.zaq.jp
2019年 9月 17日 (火) 13:31:04 JST


山田@放射能から豊中の市民・子どもを守る会です。

標記講演まで、残すところ2週間。
様々な場面で案内チラシを手にされている方も多いと思いますが、改めてご
案内いたします。(拡散希望)

===============================
<講演会>
9/29 福島原発事故・内部被ばくの「今」を知る
    〜被ばく問題を追究し続ける神戸の医師=郷地秀夫先生に聴く〜
===============================

 東京オリンピックが声高に叫ばれ、東京・福島で大急ぎで準備がされてい
ます。また、10日、前環境相は福島第一原発から流出している放射能汚染
水について「(海に)思い切って放出して、それを希釈するという選択肢し
かない」と言い放ちました。放射能汚染土の多くが安全とされ公共事業に使
われようとし、食べ物もゆるい基準で全国に広がっています。一方、福島の
甲状腺がんの子どもは200人以上に増え、大人の健康被害も多いと聞きます。
本当に放射能の影響はないのでしょうか。
放射能内部被曝による命と健康への影響について、あらためてじっくりとお
話しをうかがいます。

●日時:2019年9月29日(日) 14:00〜16:30(開場13:30)
●会場:とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」セミナー室1AB(定員52名)
●アクセス:阪急豊中駅隣「エトレとよなか」ビル5階
http://toyonaka-step.jp/10_about-2/center_guide/access/
●参加費:600円(避難者300円)

*当日参加も可能ですが、できれば事前にお申し込みください。
*保育:同室にお入りください。

【講師プロフィール 郷地秀夫さん】1947年東広島市生まれ。東神戸診療所
所長。精神科・神経内科・リハビリテーション科・一般内科・緩和医療など
に携わりながら被爆者医療に取り組む。約250人の被爆者の主治医として
日常健康管理を担当するなど、兵庫県下の2000人の被爆者と関わってき
た。核戦争を防止する兵庫県医師の会代表。

----------------------------------------
山田敏正
放射能から豊中の市民・子どもを守る会
090-8980-2436
toshi-y @ kids.zaq.jp 





CML メーリングリストの案内