[CML 056796] 札幌地裁「元号強制」謝罪、ご存知でしたか?

masuda miyako masuda_miyako1 @ hotmail.com
2019年 9月 16日 (月) 11:47:47 JST


皆さま
 こんにちは。増田です。これは、BCCでお知らせしています。重複・超長文、ご容赦を!

 千葉県の台風15号の被災地には「非情の雨」となりました。普通の庶民には「なんと気
の毒な…」と思うしかないのが歯がゆい現状です…

 さて、件名、7月の事件だったようですが、「『侵略」上映実行委員会」(連絡先:054-
263-0989 森正孝方)発行の9・18付けニュースで私は初めて知りました。もう、ご存知の
方も多いかと思いましたが、この際、元号法制定時の「国民に強制するものではなく、当然、
西暦表記でも受理」を確認しておくのもよいかと考え、送信します。

 北海道合同法律事務所HPの「札幌地方裁判所の元号の強制問題についての当事務所の取り
組み」で、内容はよくわかります。
http://www.hg-law.jp/news/entry-3078.html
************************************

1 2019年5月1日、天皇が明仁天皇から、徳仁天皇に代わり、元号も平成から令和に代
わりました。こういった矢先に、札幌地方裁判所で元号の使用を強制するという事件が起きま
した。

 具体的には、本年7月初め、私たちの事務所の事務職員が、札幌地方裁判所の破産係の受付
に自己破産申立書を提出したところ、対応したA書記官は、事務職員に対して、申立書の「申
立日」や「申立人の生年月日」の年数を西暦表記ではなく元号で表記するように訂正を求め、
以後、「報告書の年月」や「債権者一覧表の借入日」等も元号表記することを要求しました。

 このことについて、あらためてその趣旨と理由を確認しに出向いた私たちの事務所の事務局長
に対して、「合同さんはそういう主義主張だとわかっていますから、もういいです。合同さんに
対してはもう言いません。」との返答をしました。

(そこで、公開質問状を7月22日付で提出)
第1 本件元号使用要求は、当事務所の職員だけではなく、他の法律事務所の事務職員に対して
もなされていることを聞き及んで、おります。また、「合同さんに対してはもう言いません。」
という返答は、他の法律事務所には要求を続けるという趣旨であると受け止めておりますが、こ
の本件元号使用要求は、札幌地方裁判所としての方針なのか、民事第4部としての方針なのか、A
書記官の個人の見解に基づく言動なのかをご回答ください。

第2 第1の回答について、元号の使用を申立人(代理人)に求めるととができる法的根拠をご回答く
ださい。

第3 元号法が制定された1979年の国会(第87回国会 本会議第13号 1979年4月27日)において、「
一般国民に元号の使用を義務づけるものではない」と国務大臣が答弁しておりますが、本件元号使
用要求は、元号への訂正まで求めていることから、「お願い」の範囲を超えて、この答弁に反する
言動だと考えますが、貴庁の見解をご回答ください。
(中略)
 7月29日、札幌地方裁判所の民事次席書記官と総務課長が私たちの事務所に来て、裁判所の見解
を口頭で説明をしてくれました。
 その説明の要旨は次のとおりです。

・ 今回の元号使用要求が札幌地方裁判所の方針なのか否かについて
 今回の元号使用要求は、A書記官の個人的見解であり、札幌地方裁判所としての方針ではないし、
破産係を所管する民事第4部としての方針でもない。

・ 元号使用要求の法的根拠について
 指摘された国務大臣の答弁のとおり、元号の使用を強制する法的な根拠は一切なく、あくまでも出来
るのはお願いであり、今回のA書記官の対応はお願いを越えたものであり、元号の使用を強制したと評
価されても仕方がないものである。

 ただ、A書記官としては、生年月日について戸籍との照合の便宜も踏まえると元号で記載しほうが良
いとの思いがあった。

・ 裁判所の対応
 A書記官が元号の使用を強制したことについて謝罪すると共に、今後、このようなことがないように
職員に対して指導を徹底する。
*******************************************

 これは、一見、小さな事件のようですけど「元号法」に関して、とても大事な問題なので…マスメディ
アは反韓報道にばかり血道をあげていないで、大きく取り上げて欲しかったですね!

 元号法制定の時の論議など、全く知る機会のなかった人は「役所とか公的機関に出す書類では元号を表
記することになっている、西暦では出せない」と誤解していると思いますので、以下、国会会議録から関
係部分を紹介します。

◎1979年3月16日 第87回国会 衆議院本会議 15号 会議録より
○国務大臣(三原朝雄君※)  ※総理府総務長官
 次に、元号の法制化について、強制力の程度の問題なり範囲の問題についてお尋ねでございました。この
法案には、元号の使用を義務づける規定はございません。
 この法律案は、一般国民に元号の使用を義務づけるものではございません。したがって、今後とも元号と
西暦の使い分けは自由であります。

◎1979年4月10日 第87回国会 衆議院内閣委員会 4号 会議録より
○村田委員 法律ができたから地方公共団体や国やその他の法人等にその使用を強制するという事態は全くな
いのだ、そんな心配は全くないのだ、こういうことですね。

○三原国務大臣 お答えいたします。
 そのとおりでございます。全くございません。

○三原国務大臣 
 これを国民に強制する、それがたとえば西暦で書かれたものが無効であるとか受付けないとかいうような処置
は、併用をいたしております今日においてはございません。

 その点につきましては、またそういうことがあってはならぬと私どもは思っておるわけでございますので、将来
そういうもの(「元号表記の強制)があるということでございますれば、そういうことのないように指導をいたし
たいと思うわけでございます。

















































CML メーリングリストの案内