[CML 056795] フロンティア負の遺産をば描きたる 西部劇なり「荒野の誓い」

大山千恵子 chieko.oyama @ gmail.com
2019年 9月 16日 (月) 08:54:56 JST


映画「荒野の誓い」 <http://kouyanochikai.com/>

括弧付き「開拓者精神」が西の果まで届いた1892年、ニューメキシコ州。

戦争の英雄で、いまは刑務所の看守をしている大尉クリスチャン・ベール
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB>
は、シャイアン
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E6%97%8F>
の酋長ら家族をモンタナ州へ護送する任務を命じられる。やだって言うと、軍法会議だぞと脅される。そのうえ、年金なしだぞと経済制裁をちらつかせるところは百年前から米国って嫌な国。

途中でコマンチに夫と愛児3人を目の前で殺され、丸焼けの家で子守唄を歌う未亡人と合う。ゴーン・ガール刮目のロザムンド・パイク
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AF>が熱演。あれ?
ふたりともイギリス出身の俳優なんだ。

この旅のあいだに、いろんな事件が起こる。差別、PTSDの軍人。深く考えさせられる佳作。

脚本が良い。スコット・クーパー
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%9B%A3%E7%9D%A3)>
監督に拍手。音楽は、マックス・リヒター
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%92%E3%82%BF%E3%83%BC>
。
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内