[CML 056746] 9/23(月・休)社会主義理論学会第82回研究会「多数決政治をどう考えるか」@慶応義塾大学三田キャンパス

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2019年 9月 7日 (土) 10:13:05 JST


紅林進です。


9月23日(月・休日)に、私も報告者となって報告します
社会主義理論学会第82回研究会のご案内をさせていただきます。

この回の統一テーマは「多数決政治をどう考えるか」ですが、
私は「民主制のインフラとしての選挙制度」について報告します。

(以下、転送・転載歓迎)

社会主義理論学会第82回研究会のご案内

<統一テーマ:多数決政治をどう考えるか>

日時:9月23日(月・休日)午後2時~5時

<報告>

●紅林進(フリーライター)
 「民主制のインフラとしての選挙制度」
 参考文献:紅林進編、宇都宮健児・紅林進・田中久雄・西川伸一著
        『変えよう!選挙制度──小選挙区制廃止、立候補権・選挙運動権を』(ロゴス、2019年5月刊)
            http://logos-ui.org/booklet/booklet-14.html

●大西広(慶応大学教授)
 「個人合理性に基づく多数者革命の一般的不可能性とレーニン主義──数理モデルのインプリケーション」
 参考文献:大西広「労働者階級が社会運動に参加・団結する条件について──「社会的ジレンマ」ゲーム理論の応用可能性」『季刊経済理論』第55巻第2号
           大西広「大西(2018) 社会運動モデルへの多数決政治の導入と覇権交代モデルへの応用」mimeo

会場:慶応義塾大学三田キャンパス研究室棟1階A会議室
    (JR田町駅、都営地下鉄三田線三田駅下車)
      地図・アクセス https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

資料代:500円(社会主義理論学会の会員は無料)

主催:社会主義理論学会
http://sost.que.jp/

※社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も自由に
ご参加いただけます。
※予約、申し込み等必要ありませんので直接会場にお越しください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なお社会主義理論学会の著作ではありませんが、紅林進の「社会主義」
に関する著書や編著書として下記の著作がありますので、ご関心があり
ましたらご覧ください。

紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』(ロゴス、2017年12月刊)
http://logos-ui.org/book/book-30.html

紅林進編『社会主義って何だ、疑問と討論』 (ロゴス、2018年10月刊)
http://logos-ui.org/book/book-33.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
紅林進の「選挙制度」に関する編著書としては下記の著作があります。

紅林進編、宇都宮健児・紅林進・田中久雄・西川伸一著
『変えよう!選挙制度──小選挙区制廃止、立候補権・選挙運動権を』(ロゴス、2019年5月刊)
http://logos-ui.org/booklet/booklet-14.html


CML メーリングリストの案内