[CML 056721] タランティーノ半世紀前ハリウッド 映画みるなりレオ&ブラピ

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2019年 9月 3日 (火) 22:11:19 JST


映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 <http://www.onceinhollywood.jp/>

1969年の、ハリウッドの設定。半世紀前か。

レオナルド・ディカプリオは、落ち目のテレビ俳優。よく泣くねえ。実は、こういう役が似合ってるのかもしれない。

ブラッド・ピットは、付き人兼スタントダブル。美青年の軟弱ブルース・リーを、やっつけちゃう暴力性。

シャロン・テート役の女優は可愛いけど、なんの魅力もない。時代の象徴か?

タランティーノ監督が好きなひとには、良いのかなあ。長尺2時間41分。

キネマ旬報とか雑誌ユリイカとか特集を組んで褒めそやしてるのは、監督が大御所だからなのか?

わたしは、やはり2013年の「ジャンゴ」
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/2b798cf9e9f484788818e02a142aa452>
が一番好きだなあ。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内