[CML 056700] 「9月2日あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止を許さず、 再開を求める当事者・出展者・声明団体会議にご参加ください

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2019年 9月 1日 (日) 17:59:47 JST


                       (情報記載いしがき)
9月2日あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止を許さず、 再開を求める当事者・出展者・声明団体会議にご参加ください
憲法を考える映画の会の花崎です。
と き:9月2日(月)13:30〜
ところ:東京:文京区民センター2A会議室 参加自由・誰でも 
いま、「あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止を許さず、
再開を求める」活動を行っています。

7月13日に「表現の自由を市民の手に 全国ネットワーク」が設立されました。
この何年か(とくに安倍政権ができて以来)全国でもその数を増している「表現の自由」侵害・妨害事件を
明らかにし、その情報共有すると共に、被害者を孤立させず協働で取り組んで行こうとするものです。
活動としては「九条俳句」市民応援団の流れを汲んで、東京都都美館事件など
とくに公共の場やメディアの中で「表現の自由」に圧力が加えられたものに抗議して
そうした侵害行為からの原状回復と再発防止に取り組むことをめざします。

ネットワークとして活動を始めた矢先に、この「あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止事件」です。
準備も何もなく、すぐ動かざるを得ません!

8月4日 中止撤回を求める署名運動開始
8月7日 「緊急(衆議院第2議員会館)院内集会&記者会見」ここで「再開」を目指すという方針が確認されました。
8月17日「《表現の不自由展:その後》中止を許さず、再開を求める緊急上映会&緊急集会」(文京区民センター)
8月22日「緊急シンポあいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止事件を考える」(文京区民センター)
8月24日「《表現の不自由展:その後》再開を求める8.24緊急集会&デモ」(名古屋栄公園)愛知「県民の会」呼びかけに参加
しかしながら、署名、声明、集会アピールなどさまざまな形で抗議とともに、
再開を求めて運動を展開していますが、
なかなか再開に向けての打開策が採れないままに1ヶ月が過ぎようとしています。
そこで、思いを共にしているみなさんに呼びかけ、知恵を出し合い、
より効果的な仕掛けを作っていくために話し合いの機会をもちたいと考え、次のような場を設けました。
とくに「9月2日の会議」にはご参加いただき、
全員、市民という当事者の立場からお考え、発言をお願いしたいと思います。
メディアの方も取材と共に、「表現の自由」に関わる当事者として個人の立場からでものご意見をお願いします。

9.06 《表現の自由展:その後》中止を許さず再開を求める院内集会&記者会見   
と き:9月6日(金)14:30〜 (13:45入館証配布)
ところ:東京・衆議院第2議員会館 参加自由・誰でも

9.16 《表現の不自由展:その後》中止を許さず再開のために何ができるか!緊急集会

9.22 現地へ! 1万人全国集会を!人間の鎖で。
と き:9月22日(日)午後
ところ:名古屋・栄公園
・呼びかけ「表現の不自由展・その後」の再開をもとめる愛知県民の会」

なお9月6日の集会用の案内チラシと手元資料はとりあえず、
「憲法を考える映画」のページで案内しています。
「あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止を許さず再開を求める緊急集会」
http://kenpou-eiga.com/?p=2389 <http://kenpou-eiga.com/?p=2389>
手元資料はこれまで、抗議・再開要求声明を出された48団体・有志の声明を掲載したもので、
それぞれの考えから今回の問題の本質がどこにあるのかを見極め、明らかにしていこうとするものです。
そうした意見から力の合わせ方、今後の行動が見えてくると思います。

是非ご意見を、提案をよろしくお願いします。!


CML メーリングリストの案内