[CML 055795] 【今日のブログ記事No.3170】■伊藤博文らが『明治維新クーデター』で孝明天皇を殺し『明治天皇』に即位した嫡子・睦人(むつひと)親王も殺して別人に『すり替えた』との説は『陰謀論』ではなく『歴史的事実』である!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2019年 5月 14日 (火) 08:01:12 JST


いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2019.05.13)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2776】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】94分09秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/544215019

【今日のブログ記事No.3170】

■伊藤博文らが『明治維新クーデター』で孝明天皇を殺し『明治天皇』に即位した嫡子・睦人(むつひと)親王も殺して別人に『すり替えた』との説は『陰謀論』ではなく『歴史的事実』である!

ノンフィクション作家加治将一氏は、著書『討幕の南朝革命 明治天皇すり替え』(祥伝社新書2018年4月10日刊\900+税)第3章『明治天皇と南北朝』『明治天皇の謎』の中で、12の『明治天皇の謎』を列挙しています。

【画像1】加治将一著『討幕の南朝革命 明治天皇すり替え』

そして加治将一氏は『北朝系の「睦人・明治天皇」が「南朝系の別人・大室寅之助」に差し替えられたとすれば「12の謎」すべてが解ける』と結論付けています。

以下に『明治天皇の謎』の全文を転載しますのでお読みいただき、広く情報拡散をしてください。

なぜならば我々には、1869年の「明治維新」から今まで150年間日本の権力支配階級が国民を騙し隠してきた『『明治維新』の壮大な嘘』を見破り『二人の天皇暗殺と明治天皇すり替え』が『歴史的事実』であることを全国民に知らせる義務があるからです。

●明治天皇の謎 (P91-98)                          
                            
明治天皇(睦人むつひと)は謎だらけの人物だ。列挙してみる。

謎の1

13歳くらいまでの睦人は小柄で線が細く、病弱で女の子のようだった。父親の孝明天皇は息子の病弱を心配し、徳川家茂と相談、いざというときの備えとして共に華頂の宮祐常親王を猶子とした。猶子は養子みたいなものだ。孝明、家茂、外国人嫌いの反英国派2人がバックアップする猶子。病弱な睦人の代わりだ。反英国、公武合体の証として、万全を期した真実を噛み締めて欲しい。

ところが親の二人が先に急死。無論暗殺の噂が飛び交った。で、あれほど弱々しかったのに明治天皇に即位したとたん、170センチの骨太偉丈夫となる。当時の平均身長から言えば今の180センチだ。

謎の2

明治天皇は相撲も腕相撲も強く、侍従だった無刀流の創始者、山岡鉄舟と互角だったというのだから、歌会やらカルタなどに興じていたお公家さんではない。

公家の幼児教育は書、茶道、舞、歌などで、体を鍛える風習もなければ、朝廷内にそんな係もいない。

なぜ明治天皇は強かったのか?少年時代、野山を駆け回り、相撲で遊んでいた別の子なら合点がいく。

謎の3

公家は絶対に馬に乗らない。天皇の乗り物は牛車だ。

これは古からのしきたりであり伝統だ。ところが「天皇親政」「王政復興」を標榜したくせに、明治天皇はそれまでのルールを捨て、馬にまたがっている。むしろ乗馬には目がなく、プロはだしで、どう見ても幼き頃から慣れ親しんでいた手綱裁きだ。別人である。

謎の4

公家は強制的に右利きに直されるが、明治天皇はサウスポーのままだ。

謎の5

筆跡が幼い頃とまるで違う。

謎の6

外国人嫌いの父、孝明天皇の影響で、一緒に攘夷祈願をするほどの外国人嫌いだったのだのだが、維新後ころりと変わった。英国王室大好き人間になり、ワインをがぶ飲みし、洋服を愛用、ダイヤモンドはクレイジーなほど収集した。

日本の伝統文化をふみにじる行為。人間、そうそう心から変われるものではない。

謎の7

そのくせ、金貨や切手に自分の肖像を載せず、顔を隠している。ヨーロッパのロイヤル・ファミリーは写真を交換するのが習慣だが、それすら嫌ったのである。

なぜ顔を隠したのか。バレルのを恐れたのだ。

一応、神秘性を保つためだと言う、もっともらしい理由をばらまいているが、こじつけにすぎない。数枚の写真の存在は自己顕示欲の表れだが、それが公開されたのはずっと後のこと、身元を隠している。

謎の8

明治時代、官憲が日本中を回って天皇の写真を回収している。

謎の9

明治天皇は自分の意思で敵の南朝をたたえた。

後醍醐天皇を祀る吉野神宮を皮切りに、楠正成を祀る湊川神社、新田義貞の藤島神社など南朝ばかりを敬って15の神社を立てているのだ。

これはありえないことでアメリカの大統領が今になって、いたるところに東條英樹を崇拝する教会を立ててやったようなものだ。しかし明治天皇が、南朝ならうなずける行為だ。
謎の10

明治天皇43歳の時、皇居に南朝の英雄、楠正成の銅像を設置した(ページ87の写真)。

楠木正成は祖先を殺そうとした極悪人だ。正常な感覚なら銅像は味方の北朝武将、足利尊氏であるべきだ。本来なら目の毒、心の毒ではないか。明治天皇が南朝天皇だから安眠できるのだ。

謎の11

明治天皇が死ぬ1年前、突然帝国議会で南朝を正統とする大議論が巻き起こる。で、明治天皇自らが南朝が正統であると言うご聖断を下した。自分の先祖を否定するなど本来ならご乱心だが、南朝天皇ならこれも納得する。

謎の12

天皇の妻を皇后と言う。

しかし明治神宮の祭神で明治天皇の妻、一條美子は「皇后ではなく」、驚くなかれ「皇太后」となっている。「皇太后」なら妻ではない、自分の母親のことだ。宮内庁も神宮側も。このとんでもない間違いを正式に認めている。しかし、明治天皇がそれでいいと言ったから直しようがない、の一点張りで、今も「昭憲皇太后」のままである。

およそ100年にわたって妻を母親とする誤記を放置。ミスった責任者は市中引き回しの打ち首にでもなっているかと思ったらそういう話は無い。

一体いかなる理屈で宮内庁と神宮はめちゃくちゃな振る舞いを押し通しているのか?つまり皇太后で正しいからだ。

こういうことである。

美子は孝明天皇の本当の子、睦人親王と結婚していた。これは歴史上の事実だ。その睦人がそのまま明治天皇になっていれば問題はなかった。しかし、天下取りにに倫理は無い。その後、睦人が他所にでやられ(殺害説濃厚)、すり替わった大室虎之助が明治天皇として即位した。

こういう流れだから、明治天皇にしてみれば美子は先人の妻で自分の母親、つまり「皇后」ではなく「皇太后」をはめ込んだのだ。

無理矢理「万世一系」を取り繕うとどうしてもほころびが出る。

明治天皇は己の出自のすべてを明かしたかった。正常な人間なら、誰でもそう思うはずだ。不可能ならばせめて死んだ後でもいいから真実を打ち明けてくれ!と命じていた。

何が何だか分からないうちに幕末の動乱期。玉座についた大室寅之助。まだ16歳である。やがて自我が確立し、成人する。次第に自分の立つ位置に疑問を持つ。私は睦人ではない。いつ真実が言えるのか?なぜ南朝革命で、私が正当な南朝天皇だと公表しないのか?

北朝天皇として盲目的に崇拝されるのは、もううんざりである。早く偽装劇から身を引き、南朝天皇の名乗りを上げたい。

公表本番前の地ならしで南朝神社建立、楠公の銅像、南朝が正統であると言う国会議論とご聖断、次々と手を打った。国会でアドバルーンをあげさせたものの、全国で湧き上がる「不敬」の連呼。大荒れの罵詈雑言。思考させない教育が跳ね返って、過剰な心酔を産んでいるからどうにもならない。そして死去。残念ながら南朝天皇の「遺言」を守って真実を発表する勇気ある人物は1人もいなかった。これが私が推理した幕末以降の真相である。

(おわり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内