[CML 055712] 【YYNews週間ブログ記事まとめ】2019月04月30日(火)-05月03日(金)

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2019年 5月 4日 (土) 01:11:07 JST


【YYNews週間ブログ記事まとめ】2019月04月30日(火)-05月03日(金)

いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

*今回は2019月04月30日(火)-05月03日(金)に掲載した4本のブログ記事を以下にまとめました。

■【週間ブログ記事まとめ】2019月04月30日(火)-05月03日(金)

2019月04月30日(火) 日本語ブログ                     

今日のブログ記事No.3162】

■全世界の市民は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)企業・FB(フェースブック)の『真の目的』と『真の正体』を知りインターネット世界から全面的に排除せよ!

【画像】FB(フェースブック)創業者&CEOマーク・ザッカーバーグ

20190430マーク・ザッカーバーグ

▲FBの『真の目的』とは何か?

FBは表向きは『世界中の人々を結び付ける』という全員が賛同する『崇高な理念』を掲げているが、彼らの『真の目的』はそんな『きれいごと』ではない。

それは以下の二つである。

 慇こ支配階級=ロスチャイルド国際金融マフィア』のために、世界75億人の個人データーを集めて『ビッグデーターベース』を作り個人を丸裸にして監視・支配する『超法規監視機関』となること。

◆慇こ支配階級=ロスチャイルド国際金融マフィア』のために、各国政府がその国の憲法や法律や言語や国境の壁で統制できない『言論統制』を自分たちが作成した『コミュニティ規約』を盾に世界規模で行う『超法規言論統制機関』となること。

▲FBの『真の正体』とは何か?

FBは表向きは『マイノリティの権利を擁護する』という『フレンドリーな外観』を見せているが、彼らの『真の正体』はそんな『きれいごと』ではない。

.蓮璽弌璽病膤悗離魯奪ーで女子学生の学生証をハッキングして顔写真を仲間内で『いいね』していたザッカーバーグなどのコンピューターオタクが、なぜたった15年間で毎日15億人が利用する世界一最大のSNS大企業に急成長し、ザッカーバーグが世界第四位の大富豪になったのか?

それは、マイクロソフトやグーグルと同じく『世界支配階級=ロスチャイルド国際金融マフィア』による財政支援、技術支援、戦略指南があったからである。

FBは各国の政府や諜報機関が憲法や法律の『検閲禁止規定』や国境の壁できなかかった自由な検閲と言論統制を、自分たちが勝手に作った規定を盾にして、国境をまたいで世界規模で行っている『言論統制』を行う『民間の諜報機関』である。

FBが提唱する『人と人をつなげる』や『友達コミュニィテイ』はネット上の『偽装共同体』であり、『仮想通貨』と同じく騙されてはいけない!その目的は世界規模での『個人情報収集』と『言論統制』である。

FBは、ユダヤ教秘密経典『タルムード』の教えを実現して『改宗ユダヤ人』が一元支する『世界統一ユダヤ宗教国家』での『言論統制機関』の役割をすでに担っているのだ。

▲FBは今回も『コミュニィテイ規定のヘイトスピーチ規約に違反した』との理由で四回目の『30日間利用禁止処分』を私に課してきた。

その対象となった投稿記事は、3年前の2016年4月13日に私がブログで配信したブログ記事『改宗ユダヤ人と田布施マフィアと被差別部落民の共通点とは何か?』である。

以下に全文を再掲しますのでお読みください

FBがなぜこのブログ記事の情報拡散を妨害したのか、その理由はすぐわかるでしょう。

(ブログ記事再掲)

■改宗ユダヤ人と田布施マフィアと被差別部落民の共通点とは何か?

2016年04月13日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/a57366ddf0638b02a84625093a579c44

それは長い間の孤立と差別の結果生まれた『いつかは見返してやる』という強い上昇志向と『いつかは仕返しをしてやる』という奥深い恨みと『目的のためには手段を選ばない』という極度の残忍性だろう!

改宗ユダヤ人(アシュケナージ)は、中世の差別職業であった金貸し業から出発し 
て、今ではユダヤロスチャイルド国際金融マフィアとして、世界各国 
の中央銀行とメガバンクを支配して各国の政府と議会を実質的に支配し、全世界の金融権力を独占している。

『いつかは見返してやる』、『いつかは仕返しをしてやる』という彼らの永年の夢は、ユダヤ教の経典『旧約聖書』とユダヤ教の秘密経典【タルムー 
ド】の教えを忠実に実行することで実現すると信じているのだ。

すなわち、自分たちユダヤ人は神に選ばれた選民であり、ユダヤ人が非ユダヤ教徒との最終戦争に勝利して世界統一政府を樹立して非ユダヤ教徒を家畜 
(ゴイイム)として完全に支配するのは必然であり、全世界を【人間牧場】にして神が降臨して平和な世界になると本当に信じているのだ。

田布施マフィアとは、英国政府とユダヤロスチャイルド国際金融マフィアの全面支援で明治維新の軍事クーデターを成功させた、長州熊毛郡田布施村の朝鮮系被差別部落民の事を指す。

この狭い寒村田布施村と尊攘攘夷テロリストの養成学校だった『松下村塾』と反幕府武装部隊『騎兵隊』があった長州の中心都市萩からは、明治、大正、昭和、 
平成にかけて、天皇、首相、政治家、軍人、官僚、経済人、学者などの人材が雲霞のごとく輩出している。

岩倉具視、木戸孝允、伊藤博文ら明治維新テロリストたちは、公武合体による平和革命路線を提唱し実行しようとした孝明天皇が邪魔となり暗殺し、嫡 
子の睦仁親王をも殺して田布施村出身の朝鮮系被差別部落民大室寅之祐に差し替えて明治天皇を偽装させなければ、このような事は絶対に起こりえない 
のだ。

▲田布施マフィア

1)天皇:

明治天皇(大室寅之祐 田布施)

大正天皇

昭和天皇

平成天皇

令和天皇

2)首相:

伊藤博文(4回 田布施)

山県有朋(2回 萩)

桂太郎(3回 萩)

寺内正毅(萩)

田中儀一(萩)

岸信介(田布施)

佐藤栄作(田布施)

安倍晋三(3回 田布施)

3)外務官僚:松岡洋右外務大臣、

4)通産官僚: 岸信介満州国総務

5)運輸官僚:佐藤栄作

6)特高官僚:安倍源基 プロレタリア作家小林多喜二虐殺と共産党弾圧の最高責任者 

7)学者:

河上肇 京大教授 マルクス主義を広めた   

岩田宙造 法律界の大御所

8)財閥創始者:

久原房之助 日立コンツェルン

鮎川儀助  日産コンツェルン

9)共産主義者:宮本賢治 共産党議長

被差別部落民は、討幕の中心となった長州、薩摩、土佐、肥後各藩の下級武士と共に、、英国政府とユダヤロスチャイルド国際金融マフィアの全面支援 
で明治維新の軍事クーデターを成功させた主力勢力だった。

英国政府とユダヤロスチャイルド国際金融マフィアが日本を植民地にするために江戸幕府を武力で打倒する駒として使ったのは、一つは、各藩の身分制 
度で差別されていた下級武士たちであった。

そしてもう一つの駒は、江戸幕府による士農工商の身分制度の枠外に置かれていた最下層の部落民であった。江戸幕府と各藩によって徹底的な差別と孤 
立を強いられてきた彼らが、自らの解放を求めて命がけで江戸幕府打倒の武力クーデターに決起したのはしごく当然なことであったのだ。

英国政府とユダヤロスチャイルド国際金融マフィアには、世界各国を植民地化した長い歴史と植民地政策のノウハウが蓄積されており、彼らが既存の外 
国政府を武力で倒すためには必ずその国で差別され弾圧されている少数派を見つけ出すのだ。

英国政府とユダヤロスチャイルド国際金融マフィアは、彼ら被差別少数派に財政支援と軍事支援と戦略指南を与えて、政府打倒の軍事クーデターを起き 
させるのが常套手段だったのだ。

日本国の首相安倍晋三は、祖父の岸信介と共に田布施マフィアの司令塔である。

大阪維新の会の橋下徹前大阪市長は、自身で公言しているように大阪府八尾市出身の被差別部落民である。

橋下徹前大阪市長の盟友である松井一郎大阪府知事もまた、八尾市出身の被差別部落民である。

松井一郎大阪府知事の父親松井良夫は、笹川良一の運転手兼用心棒を長く務め、 
笹川良一の利権である競艇の施設内電気設備を独占した会社大通を経営 
し、八尾市議を2期、大阪府会議員を6期務め最後には大阪府議会の議長をつとめた。

世界は、ムヒカ前ウルグアイ大統領のようなまともな政治家が治めているのではなく、長い間の孤立と差別の結果生まれた『いつかは見返してやる』という強い上昇志向と『いつかは仕返しをしてやる』という奥深い恨みをもった改宗ユダ 
ヤ人と田布施マフィアと被差別部落民によって支配されているのだ!

世界は、ジョンレノンが『世界はきちがいに支配されている』と言い、マイケル 
ジャクソンが『Money』で『マネーのためには人殺しも平気です 
る』と歌った連中に支配されているのだ!

(終り)

2019月05月01日(水) 日本語ブログ

■日本のマスコミは安倍晋三首相が5月26日来日予定のトランプ大統領にわざわざ会いに行き『4.26日米首脳会談』を急遽設けた『本当の理由』を隠しているがインターネット新聞『Litera』が暴露している!

下記に転載する『Litera』の4月29日付け記事は『日米首脳会談』の『本当の理由』を以下のように暴露している。

〕菁11月に大統領選を控えるトランプ大統領は日本に『農産物関税大幅引き下げ』を飲ませることで選挙を有利にしようと考えた。

▲肇薀鵐彗臈領は5月26日からの訪日の主要目的を『農産物関税大幅引き下げ』とした。

このことを知った安倍首相は、強烈なトランプ大統領の圧力に抵抗できず『農産物関税大幅引き下げ』を飲まざるを得ないと考え、少なくとも交渉を7月の参議院選挙後に延期してもらうために二つの『お土産』を用意した。

1.日本企業が400億ドル(約4兆4600億円)を米国の自動車工場に投資することを約束する。

2.大量の防衛装備品を買うことを約束する

ぐ打楴鸛蠅魯肇薀鵐彗臈領に『お土産』を差し出すことで7月の参議院選挙で自民党が敗北する危険性をひとまず回避した。

以上が日本のマスコミが隠し『Litera』が暴露した『4.26日米首脳会談』の『本当の理由』である。

▲日本国と日本国民にとって安倍晋三は『最大の危険人物』である!

安倍晋三は『公的な役割を決して任せてはいけない愚劣な人間』であり『目的達成のためには手段を選ばない異常な人間』である。

こんな人間を日本国の『最高権力者』に選びすべての権力を与えてすでに7年間もやり放題やらせている事は、日本国と日本国民にとって『最大の危険要素』となっている。

もしも我々が安倍晋三と彼を取り巻く『極右ファシスト連中』をこのまま放置していたら、日本国と日本国民の『近未来』は戦前と全く同じく、又しても『とんでもない悲劇』に終わることはほぼ『確実』だろう!

【該当記事】

▲安倍首相が選挙対策でトランプ大統領に国益差し出し! 
農産物関税引き下げを“参院選後”に延期するため巨額武器購入

2019.04.29 Litera

https://lite-ra.com/2019/04/post-4687.html

10回目となる日米首脳会談だったが…(首相官邸HPより)

26日におこなわれた、安倍首相とトランプ大統領の10回目となる日米首脳会談。メラニア夫人の誕生日会に馳せ参じ、いつものゴルフで親密ぶりをアピールした安倍首相だが、いまネット上では、「親密どころか完全に馬鹿にされている」とする動画が話題を集めている。

その動画とは、日米首脳会談後の夕食会の直前、トランプ大統領とメラニア夫人が安倍首相・昭恵夫人と写真撮影したときのもの。トランプ夫妻と安倍夫妻のあいだに距離があったため、記者団から「もう少し近づいて」とリクエストを受けた際、安倍夫妻が近づくものの、レッドカーペットの上に立つトランプ大統領から「ストップ」と制止され、結局、安倍首相はレッドカーペットに片足しか乗せられなかった……というものだ。

まあ、この動画ではトランプ大統領のセリフが聞こえないため、本当に安倍首相がトランプに「ストップ」と言われ、制止されたかどうかはわからないが、しかし、この日米首脳会談ではそんなエピソードなんかよりも、安倍首相が“トランプの奴隷”であることを示す、もっととんでもないことが起きていた。

当のトランプ大統領が、安倍首相との会談後の27日におこなわれた集会で、安倍首相と交わした“約束”について、こう述べたのだ。

「安倍首相は、日本企業が400億ドル(約4兆4600億円)を米国の自動車工場に投資すると話した」

「日本は大量の防衛装備品を買うことに合意した」

庶民には消費増税でさらなる“痛み”を強要しようとしながら、一方で安倍首相は法人税率を引き下げて大企業を優遇し、企業の内部留保は6年連続で過去最高を更新しつづけている。こうした庶民の犠牲の上に成り立った大金が、またもトランプ大統領の顔色伺いのために貢がれる──。しかも、これまでもさんざん買わされてきた武器を、日本政府はまた大量購入するというのだから、開いた口が塞がらない。

これを“犬外交”“奴隷外交”と言わずして何と言うかと思うが、しかも、国民にとって許しがたいのは、この巨額の貢ぎ物、血税投入が安倍政権にとっての選挙対策でしかない、という点だ。

鍵を握るのは日米首脳会談の冒頭、記者団がいる前でトランプ大統領が語った言葉だ。「首相がここにいるのは主に貿易交渉のためだ」「農産物について強力に交渉していく」「日本は重い関税を課している。我々は撤廃させたいと思っている」と、なんと農産物の関税撤廃を要求したのである。

そして、米メディアの記者に日本との貿易交渉の合意時期を尋ねられると、こう答えた。
「かなり早く進められると思う。たぶん(5月末に)訪日するまでか、訪日の際に日本でサインするかもしれない」

アメリカ抜きの環太平洋経済連携協定(TPP)の発効によって、アメリカの農業界ではいま、日本の農産物関税への不満がこれまで以上に高まっている。来年11月に大統領選を控えるトランプはこの問題で点数を稼ごうと、早急な関税引き下げの圧力をかけてきたのだ。

実は、トランプ大統領のこうした姿勢は官邸も事前に予測済みだった。しかし、もしトランプの言うとおり、日本政府が5月までに農産物の関税大幅引き下げなどの交渉に応じたら、日本国内の農業関係者から猛反発を受け、7月の参院選で安倍自民党は地方票を大幅に失いかねない。

そこで、農産物の関税問題についての具体的な交渉を参院選が終わるまで待ってもらおうと、5月のトランプ大統領来日を間近に控えたこんなタイミングでわざわざ安倍首相がアメリカまで出向き、前述したような“巨額の手土産”まで用意したのだ。

政権広報紙・読売が明かした安倍首相とトランプの選挙目的“裏交渉”

実際、トランプ大統領の「農産物の関税撤廃を5月までにサインする」という発言に、〈首相は首をかしげ、顔を一瞬しかめた〉というが(朝日新聞4月28日付)、読売新聞(4月28日付)によると、そのあと、記者団が退室すると、安倍首相はトランプ大統領に「7月の参院選があるから、それまでは無理だ。20年秋の大統領選のことはきちんと考えている」と説明したという。

政権広報紙の読売なので、その発言を批判するようなトーンはまったくないが、これは、安倍首相が参院選が終わるまで待ってくれれば、こっちも大統領選に配慮して関税の大幅引き下げに応じると、トランプに約束したということではないか。

しかも、関税の大幅引き下げを約束しただけでなく、前述したように、安倍首相はこのあと、用意してきた約4兆4600億円の投資や武器の大量購入などの“手土産”まで持ち出しているのだ。

実際、前出の読売記事では、「7月の参院選があるから、それまでは無理」と安倍首相が言ったあと、〈州ごとに自動車分野などの投資案件を示した資料を見せた〉という。この資料は〈大統領選を念頭に、どの州に投資が集まるのか、カラーで一目でわかるようにした〉もので、トランプ大統領はそれに見入ったらしい。

参院選に影響を与えないよう、関税引き下げ交渉をかたちだけ延期し、その一時しのぎのために自動車工場への投資や大量の武器購入を約束する。そして、7月の参院選が終われば、トランプ大統領の言うがままに農産物の関税を引き下げる──。これでは、安倍首相は自分たちの選挙のために日本の国益をトランプに差し出したようなものだろう。
 
まさに国民を舐めきっているとしか思えないが、しかし、もっと暗澹とさせられるのは、この首脳会談の中身を批判しようとないメディアの姿勢だ。日米首脳会談のあと、新聞やテレビはこの問題をほとんど追及することなく、代わりに、安倍首相の「次は私自身が、金正恩朝鮮労働党委員長と向き合い、(拉致問題を)解決する。トランプ大統領からは全面的に協力するという力強い言葉があった」という拉致問題に関する勇ましい発言や、韓国の禁輸措置を容認した世界貿易機関(WTO)への日本の抗議を“アメリカが日本を支持した”などといった話ばかりを強調している。安倍首相が約束したという「400億ドル投資」や「武器購入」などの朝貢外交に対する批判にいたっては、まったくないに等しい。
たんなるトランプの犬でしかない安倍首相の外交の問題点を、政権の言いなりであるメディアが伝えない。そして、国民は自分たちがおさめた税金が選挙対策としての武器購入費に投入され、選挙後に日本の農業界に大打撃を与える関税の大幅引き下げがおこなわれようとしている可能性が高いことを知らされないまま、「外交の安倍」という虚構だけがイメージづけられてゆく。まったくこの国の状況は、絶望的というしかない。

(編集部)

2019月05月02日(木) 英日語ブログ

【English-Japanese Blog】【英日語ブログ記事No.3164】

■Do you know the fact that eight years after "Fukushima Daiichi Nuclear 
Power Plant Accident" on 11th March 2011,various cancers, pneumonia and 
myocardial infarction occur frequently in "the abnormal magnification" 
among the people of FukushimaPrefecture.

あなたは『福島第一原発事故』から8年たった今福島県民の間で様々ながんと肺炎と心筋梗塞が『異常な倍率』で多発している事実を知っていますか?

"The secret data" of the Municipal General Hospital in Minami-Soma City 
in Fukushima Prefecture, which is only 30 km away from "the Fukushima 
No1 Nuclear PowerPlant" which caused "the nuclear explosion accident" 
was recently exposed.

最近『核爆発事故』を起こした『福島第一原発』から30kmしか離れていない福島県南相馬市の市立総合病院の『極秘データー』が暴露された。

It is the following data that shows the number of patients with various 
types ofcancer, pneumonia and myocardial infarction before "the nuclear 
explosion" (in 2011) and after accident (in 2018) .

それは『核爆発事故』前(2011年)と事故後(2018年)の各種がんと肺炎と心筋梗塞の患者数を示した下記のデーターである。
_________________________________________________________

▲Data of the number of patients by disease name of Minami-Soma Municipal 
General Hospital in 2011 and in 2018 and of 2018/2011 Magnification.

南相馬市立総合病院における事故前(2011年)と事故後(2018年)の病名別患者数と倍率データ 
________________________________________________

disease name number of patients

病名 患者数

2011 2018 2018/2011 magnification

      2011年 2018年  2018/2011 倍率
________________________________________________

1.Thyroid cancer (adult) 1 29 29.0 times

甲状腺がん(成人) 1 29 29.0倍

2.Leukemia 5 54 10.8 times

白血病          5 54 10.8 倍

3.Lung cancer 64 269 4.2 times

 肺がん          64 269 4.2 倍

4,Childhood cancer 1 4 4.0 times

小児がん         1 4 4.0 倍

5.Pneumonia 235 974 3.98 times

肺炎           235 974 3.98 倍

6.Myocardial infarction 39 155 3.97 times

心筋梗塞         39 155 3.97 倍

7.Liver cancer 12 47 3.92 times

肝臓がん         12 47 3.92 倍

8.Colorectal cancer 131 392 2.99 times

大腸がん         131 392 2.99 倍

9.Stomach cancer 147 333 2.27 times
           
胃がん           147 333 2.27 倍
___________________________________________

If you look at this data,it is clear that "the cancer onset” at“the 
abnormal magnification”among the people of Fukushima Prefecture would be 
caused by“the radiation exposure”due to "the nuclear explosion" by 
"Fukushima No1 Nuclear Power Plant Accident" on 11 th March 2011.

このデーターをみれば、福島県民の間での『異常な倍率』での『がん発症』は、2011年3月11日の【福島第一原』の『核爆発】による『放射線被ばく』が原因であることは明らかである。

Recently it has been reported that singer Chiemi Hori has developed 
tongue cancer and esophagus cancer, and swimming athlete Erika Ike and 
singer-song-writer Takamura Okamura have developed acute leukemia.

最近、歌手の堀ちえみさんが舌癌と食道がんを、競泳の池江璃花子選手とシンガーソングライターの岡村孝子さんが急性白血病を発症したことが報じられた。

The onset of these cancers would not be "an accident" that happened 
separately.

これらのがんの発症は個々ばらばらに起こった『偶然』ではないだろう。

They would be caused by "the radiation exposure" caused by the 
"Fukushima Nuclear Accident".

これらもまた『福島原発大事故』による『放射線被ばく』が原因だろう。

▲As you can see when you look at "the Image 1" below, "the radiation 
exposure" by "the Fukushima No1 Nuclear Power Plant Explosion Accident" 
on March 11, 2011 has not attacked only 2 million people of Fukushima 
Prefecture

下記の『画像1』を見ればわかるように、2011年3月11日の【福島第一原発爆発事故】による『放射線被ばく』は、福島県民200万人を襲っただけではない。

"The radiation exposure" has also attacked 30 million people of the East 
Japan area (Miyagi Prefecture, Iwate Prefecture, Niigata Prefecture, 
Tochigi Prefecture, Gunma Prefecture, Tochigi Prefecture, Tochigi 
Prefecture, Saitama Prefecture, Chiba Prefecture, Tokyo, Kanagawa 
Prefecture, Yamanashi Prefecture, Shizuoka Prefecture, Nagano Prefecture).

『放射線被ばく』は3000万人の東日本地域(宮城県、岩手県、新潟県、栃木県、群馬県、茨木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県)住民人をも襲ったのである。

【Image 1】"Gamma-ray spatial dose distribution map" of East Japan (July 2 
2017)

【画像1】東日本地域の『ガンマー線空間線量分布図』(2017年7月2日)

20190426東日本空間線量地図

▲The following is the content that Mr. Hiroaki Koide,Assistant Professor 
of the Reactor Institute of Kyoto University testified at the House of 
Councilors of G overnment Oversight.

以下は小出裕章京都大学原子炉実験所助教が参議院の行政監視院会で証言した内容です。
【Image2】Mr. Koide,Assistant Professor of the Reactor Institute of Kyoto 
University

【画像2】京都大学原子炉実験所助教小出裕章氏

20190501小出先生

1.I examined the air dose of radioactivity in Tokyo on March 15, 2011 
four days after the nuclear plant accident

私は原発事故の4日後の2011年3月15日に東京の放射能空気線量を検査しました。

2.I have detected iodine, tellurium, and cesium. These are the radiation 
in the air of Tokyo, hundreds of becquerels per square meter.

私はヨウ素、テルル、セシウムという放射能を検出しました。これらの放射能が東京の空気中に1平方メートル当たり数百ベクレルあったのです。

3.The radiation that flew to Tokyo from Fukushima was about 1000 times 
concentrated compared to the radiation that flew to Tokyo at the time of 
the Chernobyl accident in1986.

福島から東京に飛んできた放射能は、1986年のチェルノブイリ事故のときに東京に飛んできた放射能と比較すると約1000倍の濃度だった。

4.Everyone in Tokyo was breathing it in. In terms of internal exposure, 
the exposure dose was about 20 microsieverts in one hour.

それを東京の皆さんは呼吸で吸い込んでいた。内部被曝に換算すると、1時間で20マイクロシーベルトくらいになってしまうほどの被曝量であった。

(end)

(終わり)

2019月05月03日(金) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3165】

■『三種の神器』とは『日本神話』に基づく『宗教(神道)上の宝物』でありこれを『象徴天皇制』の『天皇交代』の正当性を保障する道具として使うことは『象徴天皇制=宗教(神道)』を意味し日本国憲法第1条と第20条3項に明白に違反している!

以下の『三種の神器』の解説(Wikipedia抜粋)をまず読んでください。
________________________

▲『三種の神器』とは?

【画像1】三種の神器

20190502三種の神器

日本神話において、天孫降臨の際に天照大神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたとされる三種類の宝物、八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさなぎのたち)の総称。また、これと同一とされる、あるいはこれになぞらえられる、日本の歴代天皇が継承してきた三種類の宝物のこと。

1.八咫鏡(やたのかがみ)

記紀神話で、天照大神が天の岩戸に隠れた岩戸隠れの際、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作ったという鏡。天照大神が岩戸を細く開けた時、この鏡で天照大神自身を映し、興味を持たせて外に引き出し、再び世は明るくなった。のちに鏡は天照大神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたといわれる。

2.八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

八坂瓊曲玉とも書く。大きな玉で作った勾玉であり、一説に、八尺の緒に繋いだ勾玉ともされる。岩戸隠れの際に玉祖命(たまのおやのみこと)が作り、八咫鏡(やたのかがみ)とともに榊の木に掛けられた。

3.草那藝之大刀(くさなぎのたち)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)の旧名で、古事記では草那藝之大刀と記される。記紀神話では須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)が出雲・簸川上(ひのかわかみ、現島根県安来地方の中国山地側、奥出雲町)で倒したヤマタノオロチの尾から出てきた剣。後、ヤマトタケルノミコトが譲り受け、移動中、周りを火で囲まれたとき、姫を守るため自らの周りの草を薙ぎ、火打石で草を焼いたとき帯刀していたことから予定調和の剣とされる。静岡県「焼津」の地名はこのとき草を焼いたことによるとされる。
__________________________

以上の解説を読めば『三種の神器』の起源はすべて『日本神話』であることがわかる。

『神話』とは、現実に起こった歴史的事実ではなく、権力者が権力支配のために『全知全能の神』を主人公にして創作した『作り話』である。

問題は『つくり話』である『日本神話』を起源とする『三種の神器』が、戦後の『象徴天皇制』の【天皇交代』を正当化するために公式行事の中で使わたということである。

もしも『三種の神器』と同じく『日本神話』を起源とする『伊勢神宮』が最高権威者である『大宮司』の交代に際してその正当性を保障するために、『三種の神器』を用いることは宗教法人『伊勢神宮』としては当然だろう。

しかし日本国民の総意に基づく戦後の『象徴天皇制』の『天皇交代』の際に、その正当性を保障するものとして『三種の神器』を用いて公式行事を国費で執り行うことは、戦後の『象徴天皇制』が『伊勢神宮』と同じく『日本神話』を起源する『宗教的存在』であることを意味することになる。

【画像2】徳仁(なるひと)新天皇(59歳)は2019年5月1日午前10時半から皇居の宮殿の「松の間」で歴代天皇に伝わる神器などを受け継いだ「剣璽(けんじ)等承継の儀」に臨んだ。(AFP記事)

20190502三種の神器gishiki

すなわち『日本神話』を起源とする『三種の神器』を『象徴天皇制』の『万世一系』の正当性の根拠として使うこと自体、‘本国憲法第一条の規定と日本国憲法第20条第3項の規定に完全に違反しているのである。
_________________________

‘本国憲法第1条

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

日本国憲法第20条第3項

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
_________________________

すなわち戦後の『象徴天皇制』は、表向きは『国民の総意に基づく国を象徴する民主的で近代的な制度』の体裁を持っているが、その本質は戦前の『神がかり軍事独裁天皇制』と同じく『「日本神話」を起源とする宗教(神道)制度』であるということなのだ。

▲『天皇制廃止』に向けて我々がまず最初にやらねばならないことは、天皇と皇族の行事から『すべての宗教的活動』を排除することだろう!

【関連情報】

(メール転載)

▲改元ブームに浮かれたゴールデンウィーク明けに、新天皇の即位と大嘗祭は憲法違反であると訴えた裁判が開かれます。

昨年12月10日、東京地裁に即位・大嘗祭違憲訴訟の訴訟提起を行ないました。

ゴールデンウィーク明けの5月8日に東京地裁で第二回口頭弁論が行われます。

傍聴支援をお願いしたいとのことです。

第二回口頭弁論

5月8日(水)14時30分~

東京地方裁判所103号法廷(地下鉄霞ヶ関駅下車)

終了後、弁護士会館にて報告集会予定。

「即位・大嘗祭等違憲訴訟の会」

http://sokudai.zhizhi.net/

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx5.alpha-web.ne.jp
*************************





CML メーリングリストの案内