[CML 055366] 【今日のブログ記事No.3138】■(素朴な疑問)なぜ『不況』が起きるのか?なぜ『バブル』が発生するのか?なぜ『貧困』が拡大するのか?なぜ『戦争』が起きるのか、なぜ『テロ』が起きるのか?(No1)

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2019年 3月 23日 (土) 08:51:50 JST


いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2019.03.22)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2743】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】79分19秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/533450717

【今日のブログ記事No.3138】

■(素朴な疑問)なぜ『不況』が起きるのか?なぜ『バブル』が発生するのか?なぜ『貧困』が拡大するのか?なぜ『戦争』が起きるのか、なぜ『テロ』が起きるのか?(No1)

▲これらの『素朴な疑問』に対する答えは一つである!

これらの『悲劇』は、決して正体を現さない『悪魔』によって引き起こされているのだ。

上記の出来事のすべては個々バラバラに偶然起きる形をしているが、実は正体を決して表さない『悪魔』である『世界支配階級=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』とその代理人である各国の『支配階級政府』が、周到に準備して人為的に起こす『結果』なのだ。

▲なぜ『不況』は起きるのか?

それは『世界支配階級』が支配する各国の中央銀行が、 惷睛』を上げ、◆慍瀛照行量』を減少させることで『不況』は人為的に起きるのである。

▲なぜ『バブル』は起きるのか?

それは『不況』が起きるのとは逆で、『世界支配階級』が支配する各国の中央銀行が、 惷睛』を下げ、◆慍瀛照行量』を増大させることで、『バブル』は人為的に起きるのである。

▲なぜ『貧困』は拡大するのか?

それは『世界支配階級』とその代理人である各国の『支配階級政府』が、その国の国民資産を『合法的』に奪い取り自分たちの懐に移転させるために、常に政府財政を赤字にして不景気にして労働者の賃金を低く抑え、『不景気』『デフレ』『財政赤字』を理由に、〜税し、国債を大量発行して国民の借金を増やし、3銅鏝盈舛鬟▲奪廚気擦襪海箸如△修旅颪琉貳鵡駝韻鮨涌拇に『貧困化』させるのである。

更に各国の『支配階級政府』は『財政赤字』を理由にして『福祉予算』を大幅に削減して社会の『セーフティネット』をわざと破壊して貧困化した一般国民を更に『貧困化』させるのである。

▲なぜ『戦争』は起きるのか?

それは『戦争』が、『世界支配階級』にとって『カネ儲け』と『人口削減』の二大目的を同時に実現できる『最高のイベント』だからである。

1914年-1918年に世界を二分して闘われた第一次世界大戦の戦死者数は、軍人と民間人合わせて『2700万人』と言われているが、この戦死者数はそれ以前の『個別的自衛権行使』の『二国間戦争』での戦死者数がせいぜい数百人、数千人だったと比べれると『桁違い』である。

そして2700万人の死者はすべて一般庶民であり『世界支配階級』の人間は一人も入っていないのだ。

この『桁違い』の戦死者が可能となったのは、『世界支配階級』が意図的に実行した以下の二つの『新戦略』の結果であった。

―祥茲瞭鷙餞屬寮鐐茲『個別的自衛権行使』であったのに対し、新たに『集団的自衛権行使』の概念を導入して『連合国』対『枢軸国』の『軍事同盟の飛躍的拡大』を実現したこと。

∪鐚屐大砲、機関銃、地雷、毒ガスなどこれまで存在しなかった『大量破壊兵器』を開発し、実戦配備して両陣営で使わせたこと。

▲なぜ『テロ』が起こるのか?

それは『世界支配階級』が、国籍や人種や民族や宗教や肌の色の違いを『憎悪と恐怖』に増幅させ『第三次世界大戦』の勃発目的で、『違い』を強調する『原理主義過激派』を財政支援、軍事支援、戦略支援して『テロ』を実行させているからである。

イスラム・スンニ派過激派『アルカイダ』や『イスラム国』やアフリカの『ボコ・ハラム』は、『世界支配階級』の軍事部隊である米英仏軍産複合体とイスラエル、サウジアラビヤが共同で『テロ実行部隊』として育てた『別動隊』である。

(No1終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内