[CML 056385] 名古屋市教委、小学道徳教科書は 2年前採択の「教育出版」から「光村図書」に採択変更!

小野政美 ono-m at k9.dion.ne.jp
2019年 7月 25日 (木) 18:47:20 JST


「愛知 教科書市民の会」事務局の小野です。

重複送信をお許しください。

名古屋市教委の小学道徳教科書採択の第一報です。


*名古屋市教委・教科書採択会議、小学道徳教科書は、*

*2年前採択の「教育出版」から「光村図書」に採択変更!!*


2019年度名古屋市教育委員会教科書採択会議は、7月25日に行われました。
私たちの要求により、昨年より10名増えた50席の傍聴席に37名。13名が市民、残り24名が教科書会社社員と思われるメンバーでした。なお、私は傍聴手続きに5分遅刻!で傍聴できず、採択会議後の傍聴者とのまとめの話し合いによる報告です。



¬掌轍飴垓軌薜儖会の本日、2019年7月25
日の教科書採択会議において、中学道徳教科書に「光村図書」を採択しました。一昨年採択された「教育出版」は、「日本会議」系の執筆者の多い危険な教科書であり、「日本教科書」の次に人権・平和・共生の価値の弱い教科書でしたので、先ずは大きな前進だと思います。


ただ、来年の中学教書採択では、日本会議などは、「育鵬社版」歴史・公民教科書の採択を、名古屋市に狙いを定めており、河村たかし名古屋市長は、「日本会議」系の「育鵬社版」・「自由社版」の採択を願っています。来年の採択に向けた。今年の採択会議等の分析とともに、これからの教科書運動が重要です。


い覆、道徳以外の教科書採択は、7月18日、22日、本日の3日間行われ、2017年採択と同じ教科書になりました。小学校・英語は、「東京書籍」でした。


9月1日には、採択会議の詳細な議事録が出ます。分析はこれからになりますが、本日の報告を不十分ながら第1報として、さらに詳しい報告は、追って報告します。


α換餝特呂廼飢塀駝簑蝓ζ仔繕飢塀颪亡愎瓦鮖っておられる皆さん、これから本格的に始まる各地の採択の傍聴にぜひ出かけて、保護者・市民・教職員の姿を教育委員に見せてください。


ご健闘を祈っています。

お元気で。再見。


CML メーリングリストの案内