[CML 056360] 7/29 (月)「とことん話そう、ここがオカシイ!日本の選挙!」(宇都宮健児、畠山理仁、李小牧)@高円寺グレイン 

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2019年 7月 22日 (月) 15:33:05 JST


紅林進です。

参議院議員選挙の結果は、改憲勢力は3分の2を割ったものの、自民党、公明党の
与党に過半数の議席を与えてしまうという残念な結果になりましたが、このことは
決して有権者の過半数が安倍政権を支持しているということではありません。

相対的な多数派に過大な議席を与えて、少数派を切り捨てるという小選挙区制の
問題をはじめ、「べからず選挙」と呼ばれるような選挙運動の過剰な規制、世界一
高額な選挙供託金制度など、日本の現行の選挙制度はオカシイことばかりです。

この問題についてとことん話すイベントが来週7月29日(月)に、東京・高円寺
のライブハウス、高円寺グレインで開催されますので、以下、ご案内を転載させて
いただきます。

ゲストは、宇都宮健児、畠山理仁、李小牧の各氏です。

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)

7.29 (月)とことん話そう、ここがオカシイ!日本の選挙!

選挙制度や無頼系独立候補を取材してきたフリーランスライターの畠山理仁さんと、
供託金違憲訴訟弁護団団長で、元都知事選候補の宇都宮健児さんをお迎えし、
今回の参院選と日本の選挙制度についてとことん話すトークイベントを開催します。

★畠山理仁さんは20年にわたって選挙制度と選挙候補者たちを取材してこられ、
2017年に『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』
集英社 http://gakugei.shueisha.co.jp/kikan/978-4-08-781651-8.html
で、開高健ノンフィクション賞を受賞されました。報じられない候補者たちから
見えてくる、今の日本の選挙制度の問題点を世に問い続けています。

★宇都宮健児さんが弁護団長を務めている供託金違憲訴訟 https://kyoutakukin.jimdo.com/
は、諸外国と比べてずばぬけて高額な選挙供託金制度裁判が、お金のない人が
選挙に出る権利を奪っている、と、同制度の違憲性を問うものです。戦前に
作られたこの制度が、いつ、どのように、何を目的に制定されたのか。歴史
をひも解くことで新たな問題も浮き彫りになってきます。

★ゲストには、ドキュメンタリー映画『選挙に出たい!』https://kiroku-bito.com/election/
でも知られる李小牧さん(元新宿区議選候補)も登場。住民の8人にひとりが
外国人の新宿で、多文化共生の架け橋になりたいと立候補を決意、2度の区議選に
挑戦されました。

参院選、供託金制度、無頼系独立候補から見る選挙制度など、盛りだくさんの内容です。
ぜひお出かけください!

【日時】7月29日(月)19:00~ (開場18:30)

【場所】高円寺グレイン  
        JR高円寺駅南口徒歩5分
    アクセス https://grain-kouenji.jp/access/

【料金】1000円

【問い合わせ】オカシイ日本の選挙 実行委員会
        山崎 yamazakimaino at gmail.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
宇都宮健児氏など執筆の日本の選挙制度の問題点を明らかにしたブックレット発売中!

紅林進編、宇都宮健児・紅林進・田中久雄・西川伸一著
『変えよう!選挙制度──小選挙区制廃止、立候補権・選挙運動権を』(ロゴス、2019年5月刊)
http://logos-ui.org/booklet/booklet-14.html 


CML メーリングリストの案内