[CML 056312] 外国人の児童生徒の教育を考える

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2019年 7月 16日 (火) 01:23:58 JST


 転送・転載歓迎。
 
 増加する外国人児童生徒の教育を考えるシンポジウムが7月20日に福岡市で開か
れます。
 
(ここから)

福岡子どもにやさしいまち・子どもの権利研究会 第16回研究会

■外国につながる子どもたちの人権■
 
日 時:2019年7月20日(土)14:00〜16:30
会 場:福岡市中央市民センター 第1会議室
   (福岡市中央区赤坂2丁目5-8/市営地下鉄「赤坂」駅)
参加費:500円(研究会員無料)

講 師:井上 幸雄さん
   ・アジアに生きる会・ふくおか会員
   ・移住者と連携する全国ネットワーク運営委員
   ・移住労働者と共に生きるネットワーク・九州共同代表
 
 2017年6月末現在、日本に3か月以上滞在する外国籍の方々の数は247万1,458人
となり、2016年末と比べ88,636人増、過去最多となりました(法務省・「平成
29年6月末現在における在留外国人数について(確定値)」)

 また、2015年に生まれた赤ちゃんの50人に1人が両親のどちらかが日本人で、も
う片方が外国人であり(厚生労働省・「平成27年度人口動態統計」)、日本国籍
を持つ日本人の子どもの中にも、少なくない数の「外国にルーツを持つ子ども」
が含まれていることがわかります。外国人労働者の受け入れを促進する国の施策
が進められることで、こうした子どもはさらに増えることが予測されます。

 日本で暮らす、外国にルーツを持つ子どもたちの中には、日本語がわからない
ため十分な教育を受けられない子がいます。また、保護者も生活上の様々な困難
を抱える場合が多く、その結果、家庭での養育にも様々な課題が生じている場合
があります。

 今回の研究会では、外国につながる子ども達の権利を守る活動に取り組んでい
る井上幸雄さんをお招きし、子どもたちの現状を知るとともに、私たちにできる
ことを一緒に考えたいと思います。ぜひ、研究会にご参加ください。
 
◆主催:福岡子どもにやさしいまち・子どもの権利研究会
https://fky-kodomo-kenri.jimdofree.com/
※子どもの権利条約総合研究所は、研究会の提携団体として告知協力を行なって
います。
 
◆どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、お名前・団体名(なけれ
ば無記入で)・ご連絡先を下記までメールでお知らせください。

<申込み・問い合わせ先> 
事務局:世話人 宮本・武本
tomo_m01022005 at yahoo.co.jp(宮本)
bqe02455 at nifty.com(武本)
 
※研究会のチラシは子どもの権利条約総合研究所のホームページからダウンロー
ドできます(トップページ左側「新着情報」参照)。
http://npocrc.org/ 

(ここまで)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内