[CML 054889] 2・10「自衛隊の大軍拡を考える」学習会 「戦争したいのか!?新防衛大綱・中期防〜自衛隊の実態をみる〜」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2019年 1月 29日 (火) 08:09:02 JST


2・10「自衛隊の大軍拡を考える」学習会
「戦争したいのか!?新防衛大綱・中期防〜自衛隊の実態をみる〜」

 安倍政権は昨年12月18日、日本の新たな軍事方針「防衛計画の大綱」(大綱)と、2019〜23年度の武器調達計画を示す「中期防衛力整備計画」(中期防)を閣議決定しました。5年間で過去最大の27兆4700億円を計上し、前中期防の24兆6700億円から2兆8千億円増額しました。安倍政権下で進む大軍拡路線をさらに加速させるものです。

 装備面では、海上自衛隊「いずも」型護衛艦の改修と米国製のF35Bステルス戦闘機を念頭にSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)機の導入を明記。F35Bを「いずも」で運用することも記しており、憲法で禁じる「攻撃型空母」の保有につながります。

 政府は大綱に基づき、F35を105機追加調達する見込み。すでに閣議決定しているA型の42機と合わせて将来的に計147機体制になります。追加取得の内訳はA型が63機、B型が42機です。

 こうした安倍政権の進めている大軍拡路線を考える学習会です。皆でこうした大軍拡について考えましょう。

■日時:2019年2月10日(日)午後6時30分〜9時
■場所:ひと・まち交流館 京都(3階) 第5会議室
    (河原町五条下る東側)  
■講師:片岡 明さん(京都平和委員会)
■資料代:500円(受付にて応相談)
■主 催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会

〈ひと・まち交流館京都の場所と行き方〉
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 
★電車:京阪清水五条駅下車8分 
    地下鉄烏丸線五条駅下車10分
★バス:市バス4・17・205号系統「河原町正面」下車

・:・:・:・::・:・:・
「自衛隊員の命と人権を守る京都の会」は
安保法制の国会審議の中で法律の当事者である自衛隊員の声が
まったく聞こえないことに疑問を持ち学習会などを行ってきました。
自衛隊員も市民と同じ人権があるということを一人でも多くの方と
一緒に考えていきたいと思い活動しています。

問い合わせ
jinkensongen at gmail.com
https://www.facebook.com/events/1711843342251234/


CML メーリングリストの案内