[CML 054820] 本日1/22(火)午前8時スミフル本社前緊急行動

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2019年 1月 22日 (火) 03:05:16 JST


紅林進です。

深夜、直前のご案内の転載で恐縮ですが、本日1月22日(火)早朝、スミフル本社前で行われます下記緊急行動の呼びかけを転載させていただきます。

(以下、拡散歓迎)

1/22(火)午前8時 スミフル本社前緊急行動
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/190122.html 

 2018年10月31日18:00ごろ、フィリピン・ミンダナオ島コンポステラ・バレーにて日系バナナブランド「スミフル」の梱包工場で働く労働組合員ダニー・ボーイ・バウティスタさん(31)が所属不明の男2名に体の4か所を銃撃され、殺害されました。
 ダニーさん「スミフル」に抗議のストライキをしていて、その最中の銃撃事件でした。また、ダニーさんが殺害される前後にも「スミフル」に対するストライキに参加する労働者らが相次いで銃撃される事件が発生しています。労働者らがストライキを止めるように武装された男たちが恐喝する事件の報告も数多くあります。
 また、フィリピンの法律に従い、合法的なストライキ権の行使をした労働者ら約900名は、しかしながら、そのストライキへの参加を理由に全員事実上の懲戒解雇の状態にあります。労働者らの結社の自由を認め、フィリピン最高裁の判決に従って労働者らの待遇を改善することを「スミフル」に求めます。

************************************************************

■日 時:2019年1月22日(火)08:00〜09:00(集合7:50)

■場 所:スミフルジャパン本社前
東京都渋谷区本町3-12-1付近
 (大江戸線「西新宿五丁目」駅 徒歩1分)
http://bit.ly/sumifru_map 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
■スミフルとは
住友商事が出資する取り扱いバナナ量国内No1のバナナ事業者で旧名称は「住商フルーツ」。現在はスミフル・シンガポールの100%子会社。2018年5月にはフィリピンにて違法な雇用形態である「労働のみの請負契約(いわゆる<偽装請負>)」が広範にわたっているとしてフィリピン労働雇用省に名指しされた20社の一つ。

設立:2016年2月1日
代表者:代表取締役社長 伊藤順次
資本金:3億円
売上高:452億円(2016年3月期)
本社:〒151-0071 東京都渋谷区本町3-12-1
    住友不動産西新宿ビル6号館17階
お客様サービスセンター:0120-884-595

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

■背景・経緯
・フィリピン・ミンダナオ島はバナナの主たる産地の一つであり、日本にやってくるバナナの大部分はミンダナオ 産である
・中でもダバオ近郊にあるコンポステラ・バレーは大規模なバナナ農園がいくつも経営されている
・日本で展開するブランド「スミフル」もここに生産拠点を置いている
・「スミフル」ブランドの農園は現地企業スミフル・フィリピンによって管理されている
・労働組合(NAMASUFA)はスミフル・フィリピン系列バナナ農園の労働者ら900余名からなる労働組合である
・組合はフィリピン労働雇用省(DOLE)にも労働者代表として認定されている正規の組合である
・NAMASUFAは非正規雇用となっている労働者が正規職員として雇用されることを求めて12年近く企業側と交 渉中である
・企業側は当該職員が「請負事業者の社員」であるとして組合との当該労働者に関する団体交渉を認めていない
・2017年6月、フィリピン最高裁判所が当該の請負事業を「偽装請負」である認め、同時に労働者らとスミフル・フィリピンの間に直接の労使関係が認められると判断。NAMASUFAが労働者の代表たる組合である認定した(2017年6月7日GR No.202091)
・労働者らは判決直後と2018年8月13日に再度団体交渉の申し出を送ったが企業側はいずれも応じなかった
・団交拒否を受けて9月初旬の組合会議に参加した組合員749名は全会一致でストライキを決定
・組合は9月4日にDOLEにストライキ宣告手続きを行ない、規定期間を設けた後の10月1日にストを決行
・ストライキに参加したのはスミフル・フィリピン系列農園の梱包所115、220、230、250、260、340、370
の計7拠点を中心とした農園労働者および梱包作業員ら約900名
・コンポステラ・バレー地域の梱包所8か所の内7か所がストライキによって麻痺した
・スミフル・フィリピンは一日当たり3800万ペソ(約8000万円)の損失を受けていると試算されている
・10月11日、ストライキに際して作業場でピケを張っていた労働者らは、フィリピン警察および国軍同行でやってきた所属不明の男らにキャンプを襲撃され、17名以上が負傷
・ピケは暴力的に鎮圧されたものの、労働者らは自主的にストライキを継続
・10月15日ごろ、NAMASUFAの労働者ら約900名はストライキへの参加を理由とした懲戒解雇に関する通達 をそれぞれに受領する
・現地時間で10月31日の18:00ごろ、ダニー・ボーイ・バウティスタ氏(31)が所属不明の男2名に体の4か所を銃撃され即死した。梱包所340所属の労働者で、組合の中でも精力的に活動するメンバーであった
・同組合では何人もの主要活動家が以下のように恐喝・いやがらせなどの行為の被害者として名乗りをあげている
 -11月12日には同じく組合員のジェリー・アリカンテ氏が所属不明の男らに銃撃され負傷。同様の所属不明の男らに  よる襲撃を2名の労働者が経験している
 -11月29日未明、NAMASUFAの事務所と代表PJ・ディゾン氏の住宅を兼ねる建物が放火され、部分焼
 -12月15日、上記事務所兼住宅が再度放火され、全焼。労働者らの勤務記録を蓄積した書類もほとんど焼失
 -この間、ストライキに参加する労働者の家族が武装した男たちに「ストライキをやめ、組合も離れるように言え、そうでないとひどい目に合うぞ」などと恐喝される事件が相次ぐ
・NAMASUFAのメンバー300余名は最高裁判決を無視する企業側の無責任を問い、12月にマニラへ上京、スミフル・フィリピン本社前および大統領官邸前で座り込みをして陳情するも、事態に進展はない
・900余名の労働者らは3か月以上収入がなく、支援者による寄付で生活を続けている

■労働者らへの支援のカンパも募集中!!
【振込先】
1)ゆうちょ銀行 〇一九支店(019) 当座口座 0163403 名義: アジア太平洋資料センター
2)郵便振替口座 00160-4-163403 アジア太平洋資料センター
※必要事項(お名前/ご住所/お電話番号/ご支援金額/用途指定寄付(バナナ)であること)をPARC事務局までお知らせください。

********************************************
◆お問合せ◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail :office at parc-jp.org
********************************************


CML メーリングリストの案内