[CML 054805] 満身の怒りを込めて本日の札幌地裁の暴挙を報告をします

小林 久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2019年 1月 18日 (金) 22:57:12 JST


安保法制違憲訴訟北海道の会事務局の小林です

本日の第8回口頭弁論で松井さん、松名さん、清末さんの三人の原告が各々専門の立
場から、
安保法制下での個人が自己が受ける被害について意見陳述を行い、4人の弁護士が提
出した第8〜12の準備書面の要旨を陳述しました。

その直後、岡山忠宏裁判長は突然「これで弁論を集結します。判決は3月28日」と裁
判の中止を突然宣告しました。
弁護団の高崎さんがただちに「忌避します」と発言し、裁判長は「判決日は追って変
更します」と言いながら、閉廷も宣告せずに退席する事態になりました。
北海道新聞の記者が取材していましたので、この状況を明日の記事になることと思わ
れますので記事に注目願います。

この事態は、原告の証人尋問も、証人調べも行わないで判決を出すというものでまる
で安倍政権の強行採決をあろうことか裁判所が行ったものです。
多分、2万3千の署名が提出され、このままではにっちもさっちも行かなくなると考え
た裁判官側の暴挙であると考えます。

北海道の会としては1月25日に事務局会議を開催しこの事態に対応する取組み方針を
決めたいと考えています。
また、2月21日午後6時半から総会を開催することにしていますので、皆様の総力の結
集をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
小林 久公
061-2273 札幌市南区豊滝2丁目9-6
FAX 011-596-5848
携帯電話 090-2070-4423
Email: q-ko at sea.plala.or.jp




CML メーリングリストの案内