[CML 054710] 第2819目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2019年 1月 6日 (日) 08:10:26 JST


青柳行信です。2019年 1月 6日(日)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2819日目☆
     呼びかけ人賛同者1月5日迄合計4501名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
   
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>
      
★ 横田つとむ さんから:

 青栁さん

そんなに寒くはなく、穏やかな日和でした。
時間があったので 旧い懐かしい歌をインターネットのユーチューブで
聴いていました。
父親がよく歌っていた歌が出てきました。
藤原義江の「鉾を収めて」です。くじら捕りの歌なんですねえ。
くじらは学校の給食でよく出ていました。
あんくるトム工房
くじら  https://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/5054


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:

 ☆盧溝橋で所在不明の銃声が大戦乱の端緒となりしを     
        (左門 2019・1・6ー2341)
 ※1973年当時、中国へ侵略していた日本軍が「中国側から銃撃さ
 れた」と反撃して日中戦争に突入しアジア太平洋戦争の敗戦で終わっ
 た「事変」を彷彿とさせる「事態」だ。イージス艦の電波攻撃の有無
 でもめている。昨年来、韓国・朝鮮の首脳が理念でも・政策でも世界
 的にポイントを上げているのに叶わない日本政府が、問題を低次元へ
 下げようとする下種根性が透けて見える。「軍部独裁」なら更に問題。
  

★ 神奈川 菅原 さんから:
 
  ☆書道の良さ。
  文字を書くときに時間の流れを感じさせてくれる。
  はねる とめる よはく
  
「国あげて 留学生を こき使い」(へらずぐち亭誤字脱字さんから)


★ ギャー さんから:

(越年明けの朝に)「もう人の上に担がれる人は」

まっ青な夜明けに目覚め
東からやってきた四男と
西からやってきた長男
南からやってきた三男と
北からやってきた次男
四人の兄弟が集う
澄み切った空気に
猫の鳴き声
私は猫として生きていた
今はカラスとして空を飛ぶ
キラキラ輝く
あの暁(あけ)の明星が消え
もうすぐ太陽の光がやってくる
あたらしい夜明け
天と地と人が
ひとつに溶けこむ時代の幕開け
人の下に踏みしだかれてきた者が
閧の声を上げる
もう人の上に担がれる人は
いらない


★ 木原壯林(若狭の原発を考える会) さんから:
    
原発再稼働阻止、原発全廃のためにご奮闘の皆様(BCCでお送りしています)

新しい年が、原発のない世界、戦争のない世界に向かって大きく前進し、人の命
と尊厳が大切にされる社会を実現する突破口となることを祈念しながら、ご挨拶
を申し上げます。

今年もよろしくお願い申し上げます。 

安倍政権と電力会社は、圧倒的な脱原発・反原発の民意を踏み躙(にじ)り、脱
原発に向かう世界の潮流に逆らって、川内、伊方、高浜、大飯、玄海原発を再稼
働させ、今年以降は、運転開始後40年をはるかに超える老朽原発・高浜1号機
(45年越え)、2号機(44年越え)、美浜3号機(43年越え)まで再稼働させよう
としています。

既存の原発全ての運転を60年まで延長して、原発電力を「巨大資本に奉仕する国
を造り、戦争出来る国を造る」ための基盤電源にしようとする「エネルギー基本
計画」を強行するためです。関電はその露払いをしようとしているのです。

本来、原発の40年越え運転は「例外中の例外」であったはずです。安倍政権は、
この約束もなかったものにしようとしています。人々を愚弄するにも程がありま
す。

しかも、原発稼働によって蓄積する使用済み核燃料は行き場もないのです。関電
は、1昨年暮れ、西川福井県知事に「2018年中に使用済み燃料保管地を福井県外
に探す」と約束しましたが、この約束は反故(ほご)にされています。原発稼働
への同意を取り付けるための「口から出まかせ」の空(から)約束であったこと
は明らかです。許してはなりません。

「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」は、老朽原発再稼働阻止のため、
来る3月に高浜現地で、5月には大阪関電本店前で、全国集会(及びデモ)を企画
しています。ご賛同、ご参加、ご支援をお願いします。

よろしくお願いします。

下記、昨日の京都での金曜行動で配布したチラシです。
https://tinyurl.com/yacexqs7

とくに、原発建設を拒否した小浜市内外海(うちとみ)半島での出来事(1900
年)を紹介した寄稿・「海は人をつなぐ 母の如し―韓国船遭難救護の記録・絵
本「風の吹いてきた村」の紹介―」からは、ヒューマニズム(人間愛)とイン
ターナショナリズム(国際主義)の原点を感じ取ることが出来ます。皆様のご参
考になれば幸いです。


★ 田中一郎 さんから:

20181118 UPLAN【市民シンポジウム】和田心臓移植から50年 加速されるいのち
の切り捨て - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=9msNtHyn5lo

(ご参考)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)(1.17)学習会「防衛費=軍事費」の際限なき拡大-米軍と自衛隊の
一体化の危険性 吉沢弘志さん(スペースたんぽぽ)
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1546062843870matuzawa

(2)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(101):原発・核に
しがみつくタカリ集団=原子力ムラを公職追放せよ いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/101-8af2.html
 
(3)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(100):昨今の放射
線被曝をめぐる議論(その13) いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/10013-aa3a.html


★ 宮崎の黒木和也 さんから:
 
*廃炉機器の管理強化 小早川東電社長、3号機不具合を反省
1/5(土) 12:51配信 福島民友新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00010016-minyu-l07

*りそな「核製造企業への融資禁止」 国内大手銀初の宣言
1/5(土) 21:08配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000054-mai-bus_all

*原発政策の矛盾鮮明 経団連会長、コスト高指摘
東京新聞 2019年1月5日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201901/CK2019010502000124.html

*「原発 国民反対なら無理」 経団連会長、政権と同調姿勢転換
東京新聞 2019年1月5日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201901/CK2019010502000132.html

*韓国紙「安倍首相の挑発に反撃」 安保への影響懸念も報じる
東京新聞 2019年1月5日 10時36分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019010501000709.html


★ 中西正之 さんから:

「モデリング・シミュレーションの高度化」について1

平成24年3月に株式会社三菱総合研究所より「平成24年度 発電用原子炉等
安全対策高度化技術基盤整備事業 (モデリング・シミュレーションの高度化)
成果報告書」が報告されています。
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2013fy/E003600.pdf

 この報告書は162ページの量がありますが、日本と海外の発電用原子炉の安
全対策のために開発された膨大な数のコードの詳細な調査が報告されています。

 また、重要なコードについては、概略的な良い説明が行われています。
日本のほとんどの原発はアメリカから輸入したものだったので、日本で使用され
ている安全対策のためのコードの多くは、アメリカで開発されたものが使用され
ています。しかし、アメリカでは最新の高精度コードについては、日本への移転
を保留するコードも出てきたので、日本で独自に開発したコードも増えては来て
いるようですが、海外のレベルに比べるとまだまだのようです。

 発電用原子炉の安全対策のために開発されコードは、初めの頃は設計基準事故
を対象に行われました。設計基準事故は確率的リスク評価もしやすく、対策も比
較的に楽だと思われていたようです。しかし、スリーマイル島原発事故やチェル
ノブイリ原発事故を経験し、これまで解析されてきた設計基準事故(DBA)と
は異なり、設計基準を超える事故(BDBA)が起こりうることが分かり、設計
基準を超える事故への安全対策に重点が移ったようです。

40ページから「米国のシビアアクシデント関連解析コード」の説明が行われて
います。

設計の範囲を超える事故も含めた安全性解析は、1970 年代前半に、米国原子力
規制委員会(NRC)のいわゆる WASH-1400「原子炉の安全性研究:米国の商用原
子力発電プラントの事故リスクの評価」でなされていたようです。しかし、ス
リーマイル島原発事故を経験し、明確な(BDBA)対策になったようです。
41ページに統合コードにおいては、SAに関係した現象または過程を逐一モデル
化することは、2つの理由で不可能である。第一は、過程の或るものが現在まだ
よく理解されておらず、正確な数学的モデルやパラメータが利用できないという
ことである。第二の理由は、数値計算の限界である。したがって、モデル化の作
業に優先順位づけをする決断が必要となる。」と説明されています。

 「統合コードは、様々な実験、とりわけ TMI-2 後に開始された、統合的効果
(複数の現象)に関する大規模実験を通じて厳密に検証されてきた。コード同士
のベンチマーク試験は、それらのコードが用いているモデルに関わる不確かさを
減少させることに役立つ。最も評価されている米国で開発された統合コードは、
MELCORとMAAPである。」と説明されています。

 「(b) 詳細コード 統合コードは、特定の過程や現象を詳しくモデル化するこ
とはしない。特定の現象を理解、予測し、SA の過程に関するより詳しい知見を
得ると共に、緩和手段を設計、適化する必要性から、これを補足する詳細コード
が開発されてきた。」と説明されています。

 そのほかに「(c) 個別(専用)コード」と「(d) リスク評価コード」が開発さ
れています。

「2) 福島第一原子力発電所事故解析への適用
米国のDOEおよびNRCは、福島の事故を模擬するためにMELCORとTRACEを用いるプ
ログラムを開始した(Gaunttら、2012)。

 TEPCO(東京電力)は、同様の目的でMAAPを用いた。MELCORとMAAPの結果が比
較され、また、両コードの結果が事故の際に福島の原子炉で記録された圧力デー
タと比較された。このプロジェクトは、シビアアクシデントコードMELCORとMAAP
が事故の特徴を明確にし、2号炉の格納容器の圧力応答等の問題を明らかにし
た。」と説明されています。


★ 前田 朗 さんから:

ヘイト・クライム禁止法(147)アルジェリア
https://maeda-akira.blogspot.com/2019/01/blog-post_5.html


★ 松岡 さんから:

<book19-1『昭和天皇の戦争/「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこ
と』
(山田朗)>

昨年暮れから読んでいで、今年最初に読み終わった本は山田朗著『昭和天皇の戦
争/「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと』(岩波書店)だ。この本
は2年前に買っていたが、なかなか読み切れなかった。軍部の独断専行に心を痛
めつつ、最後は「聖断」を下し、日本を救った「平和主義」という昭和天皇のイ
メージは果たしてほんとうだろうか。著者は、<「昭和天皇実録」においては、
決戦を強く要求する天皇の発言は完全に消されてしまっている。><「実録にお
いては天皇の戦争・戦闘に対する積極的発言とされるものは、極めて系統的に消
されてしまっている。>という。その視点から「実録」の<残されたこと・消さ
れたこと>を一次資料にあたり、明らかにする。(「はじめに」)本書の第二部
「昭和天皇の戦争/即位から敗戦まで」は、天皇の戦争の指導に焦点をあて、
「天皇の戦争責任」を浮き彫りにして、大変興味深かった。

 
---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●新電力再生エネルギーで原発のない社会を!● 
「さよなら九電」第2版 リーフレット三つ折 表裏  
https://tinyurl.com/yd4xn9nj

●ひろばテントの冬休み 
2018年12月21日(金)~2019年1月9日(水)。
 このメールマガジンは毎日継続です。

●九電前座り込み・立つ隊 ●
   毎水曜日 午後1時~3時

●「アジアの平和を考える市民講座」1月例会●
日 時:1月8日(火) 14時
会 場:健康づくりサポートセンター・視聴覚室A
   (あいれふ8階、中央区舞鶴2丁目5-1)
テーマ:「幻想の核抑止力論」
講 師:岡本良治・九州工業大学名誉教授
会 費:500円(学生無料)
問合せ先:092-962-0618「堀田」

●1月12日(土)「宮古島からのSOS」DVD上映会●
(13:30〜14:30 15:30〜16:30)
中央市民センター第一会議室
 参加費・資料代500円
チラシ https://tinyurl.com/y8suuoy8
      
● 福岡県総がかり実行委員会 例会●
日時: 1月16日(水) 18:30~ 
場所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)
住所:福岡市博多区博多駅前1丁目19-3 博多小松ビル2階
 電話 092-483-0431 
  地図 博多小松ビル
http://www.office-re.co.jp/search/detail/id/850

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
第28回口頭弁論 1月18日14時~
佐賀弁護士会館に13時までに集合して裁判所に向かいます。
URL:http://no-genpatsu.main.jp/

●福島原発被害<九州避難者訴訟の口頭弁論>●
第17回期日:1月21日(月)14時~
           門前集会 13時20分
場所:福岡地方裁判所101号法廷(1階)
     福岡市中央区六本松4丁目2-4
     地下鉄七隈線 六本松駅下車徒歩3分
案内チラシ https://tinyurl.com/y8675wdq

●さよなら原発!福岡 例会●
日時: 1月24日(木)18時30分~ 
場所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)
 定例化 毎月第4木曜日 1830~

●市民連合ふくおか 例会● 
日時: 1月30日(月)18:30~
場  所: 福岡市立中央市民センター第一会議室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel 092-714-5521
  地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

●鹿児島川内(せんだい)原発行訴判決日●
  6月17日(月)午前11時 福岡地裁

前回【最終口頭弁論】
川内原発行訴最終弁論
https://tinyurl.com/yb4d934l

「川内原発設置変更許可取消請求事件準備書面集29から35」
https://tinyurl.com/y8e5fsn4

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
          午前10時から午後3時。(木曜 開設)
          (月・火・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: https://blog.goo.ne.jp/aoyaji72
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内