[CML 054687] 明けましておめでとうございます。

MAKOTO KONISHI shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
2019年 1月 3日 (木) 10:45:14 JST


社会批評社・小西誠です。

明けましておめでとうございます。
今年もまた、年賀状に替えて、メッセージをお送り致します。

 昨年もお知らせしましたが、自衛隊の南西シフト態勢による先島―南西諸島への自衛隊基地建
設は、突貫工事を伴い、急ピッチで進行しつつあります。今年3月には、現地の反対運動にも関
わらず、下記に紹介する拙著にありますように、宮古島駐屯地(仮)、奄美駐屯地・奄美駐屯地
瀬戸内分屯地(仮)が開設される予定です。
(ブログに添付して、南西シフト配置図、宮古島、奄美駐屯地の建設現場画像)
 https://blog.goo.ne.jp/shakai0427

 また、石垣島では、防衛省は2月着工を通知していますし、種子島(馬毛島)でも、基地建設
が具体化しています(南西シフトの機動展開+上陸演習拠点)。さらに、沖縄島では、陸自地対
艦ミサイル部隊の配備などの一大増強が策動されています。

 また、報道のように、年末策定の新大綱・新中期防では、「東シナ海島嶼戦争」へ向けたF35
Bを搭載した空母2隻を改修し建造することが決定しました。ついに、安倍政権下の日本は、戦
前と同様の空母艦隊を保有する軍事強国へと変身しようとしています。

 この新大綱などでも、「島嶼防衛用高速滑空弾部隊・2個高速滑空弾大隊」、イージス・アショ
ア部隊2個弾道ミサイル大隊、スタンド・オフ・ミサイル(射程約一千キロ)、巡航ミサイル部
隊などの、対中・ミサイル部隊などの配備・開発が続々と決定され、それらのほとんどが、先島
諸島へと配置されることが予定されています。
 
 私が危惧するのは、この自衛隊の南西シフト態勢に基づく歴史的大軍拡―先島・南西諸島への
新基地建設を、ほとんどのメディアが未だに報道規制を敷いていることです。そして、残念なが
ら、この報道規制もあって、日本の反戦平和運動のほとんどが、これらの恐るべき事実・事態を
認識できずにいることです。

 昨年もご報告しましたが、私は2016年から与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島・種子島な
どの現地を調査し、自衛隊配備計画などの状況を取材してきました。拙著新刊ではそのリポート
も行っています。
(新刊では、これらの事実を知らせることに重点をおき、写真・図約220枚を掲載しています。)

 ぜひ、この厳しい現実にある現地の状況を知り、全国へ広げてください。現地への連帯の声を
届けてください。
 最後に、皆様のご健康をお祈りしまして、新年のご挨拶に替えさせていただきます

・『自衛隊の南西シフト―戦慄の対中国・日米共同作戦の実態』(社会批評社刊・小西誠著・本体
1800円)
・南西シフトの概略が、「プロローグ」で「立ち読み」できます。
 https://hanmoto.tameshiyo.me/9784907127251

2019年1月1日  〒165-0034 東京都中野区大和町1-12-10 電話03(3310)0681 
            Fax03(3310)6561 E-mail shakai at mail3.alpha-net.ne.jp       
                         小西 誠(軍事ジャーナリスト)

[社会批評社・新刊好評発売中]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●火野葦平戦争文学選全7巻の復刊
●第1巻『土と兵隊 麦と兵隊』(本体1500円)ほか
●『問う! 高校生の政治活動禁止』(久保友仁+清水花梨・小川杏奈)本体1800円
●『自衛隊 この国営ブラック企業』(本体1700円)
●『昭和天皇は戦争を選んだ!』(増田都子著)本体2200円
●『シンガポール戦跡ガイド』(小西誠著)本体1600円
●『フィリピン戦跡ガイド』(小西誠著)本体1800円
●『オキナワ島嶼戦争―自衛隊の海峡封鎖作戦』(小西誠著)本体1800円
●『標的の島−自衛隊配備を拒む先島・奄美の島人』(同編集委員会)本体1700円
●『自衛隊の島嶼戦争―資料集・陸自「教範」で読むその作戦』(小西誠編著)本体2800円
●『反戦自衛官―権力をゆるがす青年空曹の造反』(復刻増補版)小西誠著 1800円
●『自衛隊の南西シフト―戦慄の対中国・日米共同作戦の実態』(小西誠著 1800円)




CML メーリングリストの案内