[CML 057540] ぜひお休みのうちに・・・徴用工問題への「誰も言ったことのない」一視点

毛利正道 mouri-m @ joy.ocn.ne.jp
2019年 12月 29日 (日) 21:08:15 JST


徴用工問題への「誰も言ったことのない」一視点   
      2019年12月29日 毛 利 正 道

<https://blog.goo.ne.jp/mouri-m/e/ae1a0fe3cc0715a5d0ec54ece54ff1ca?fbclid=Iw
AR0aMjPTPDdHDbyv9sZkV2i13mC93so-Jbt4dmRxY1ri-jMaQmLQxDia5Zs>
https://blog.goo.ne.jp/m…/e/ae1a0fe3cc0715a5d0ec54ece54ff1ca
緊迫した日韓関係を迎え、これまで10回近く訪韓して来ていた身ではあるけれど、こ
れはしっかり勉強しなければならないと思いたって、一挙に十数冊の本を読み、そこ
で得た問題意識を、11月中旬の訪韓ツアーで検証して帰国し、前後する4回の日韓勉
強会でさらに練ったその問題意識のエキスを、12月21日の茅野市内での講演会で話し
ました。その要旨がこの小論です。
結論から言えば、徴用工の問題を理解するには、日本による36年間の植民地時代、
1965年の国交正常化基本条約と請求権協定(これも条約です)、そして徴用工の日本
企業に対する一人1000万円の慰謝料請求権を確定させた昨年の韓国大法院判決、この
3点だけを見ていては、日韓のこじれを理解することは出来ないということです。

それでは、問題の理解のために何が必要か。・・・・・

===================================================== 

毛利正道    <mailto:mouri-m @ joy.ocn.ne.jp> mouri-m @ joy.ocn.ne.jp

出張相談も大いに承ります <http://www.lcv.ne.jp/~mourima/> http://www.lcv.ne.
jp/~mourima/

〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

=====================================================





CML メーリングリストの案内