[CML 057521] ざけんな「令和」五輪 負けないぞ! の決意

大山千恵子 chieko.oyama @ gmail.com
2019年 12月 27日 (金) 08:43:14 JST


*クリエイティブ・コモンズ
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA>にて、転載。*

*救援連絡センター
<http://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2007_6/p14_15.pdf>発行「救援」紙の、2面の連載コラムより*

*ざけんな「令和」五輪     負けないぞ! の決意*

あ~あ、あ。壮大な溜息。令和に取り憑かれた一年だった。前半は、勝手に爺さんが辞める上皇なんなんだよと思う数年間の締めくくり。たびたびの天皇情報に不愉快敬語が、ぞわぞわ。民主主義じゃないのか?
この国は! なんで皇族に特別敬語つかうのよ。気持ち悪い。

さんじゃなくて「さま」なんだよね。紀子さまとか。普通のひとは「さん」で何で皇族だけ「さま」なんかね。戦前の「朕」という天皇独占用語の、象徴天皇しょうちょうあやふやてんのうせいの騙り今様版。

五月の代替わりは、大型連休になっちまっただ。時給千円貧乏人は露骨に減給どうしてくれる。いらだちMAX。

そして、えんえん続く「令和」初の、なんとやら。くだらない。いちいち何でも「初」つけるのよ。商魂たくましいアイディア企画が山盛り、せこいぞ。メディアは明るい話題と喧伝する。奉祝ほうしゅく、気持ち悪い。このまえは、令和初の聖夜だと。ざけんじゃねーの。

*きわめつけ不愉快だったクリスマス後の死刑だ。第二次安倍政権以降三九人目だ。うるとらな数。むちゃくちゃだ。*

魏巍(ウェイウェイ)さんは中国人。高校卒業後、大連で日本語を学んで〇一年に来日。貿易を勉強したかった。工芸家の父にも「近い先進国」と勧められた。福岡市の日本語学校に入り、翌年と翌々年に福岡大を受けたがだめだった。

発掘した十年前の朝日新聞の記事によると、夢を抱いて来日した青年が苦労の果に事件に巻き込まれてしまったようだ。金が目的なのに、一万円しか貰ってない?
遺族の従兄弟ら親族四人も、再捜査を求める書面を提出したのに。

でも彼は、悪い外国人に振り分けられちゃうんだよね。まつろうひと、まつろわぬ(かもしれない)ひとの序列があるんだよ。ここには、この国には。

見てご覧。*二〇二〇、五輪。良い外国人、観光で金を落としてくれる金持ちには、おもてなし。怪しい外人は、ばしばし入管に収容。もう満杯だってのに。*

いまどきは、柔らかムードで天皇制。それが奴らの表向き。しかし、三十年前の反天皇制全国個人共闘「秋の嵐」の新作ドキュメント映画を見たわたしは、あの若者たちの息吹を忘れないぞ。なんども弾圧されても街頭にでていった彼ら。

そしてまた多田謡子反権力人権賞を受賞した反天皇制運動連絡会連絡会の受賞式の講演。現在の右翼街頭ヘイト「反天連、天野を殺せ」合唱に、強い緊張感を持つ。VIVA反天!

オリンピック閉会式となスパパーン 太陽肛門30周年
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/49939b56ccf30b24cb3eb43cb42aa538>




-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内