[CML 057462] 天皇がなぜ五輪名誉総裁か!五輪災害反対12・24大阪集会

吉田 宗弘 mnhryoshi @ yahoo.co.jp
2019年 12月 19日 (木) 22:56:13 JST


 反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。 間近になりましたので、再度呼びかけます。12月24日(火曜)、「天皇がなぜ五輪名誉総裁か!オリンピック災害反対12・24大阪集会」(主催:参戦と天皇制に反対する連続行動)をもちます。この間東京で闘ってこられた反五輪の会から吉田亜矢子さんを招きます。多くの参加を! ところで、新天皇徳仁の「外交」デビュー(憲法第4条違反)は即位の直後、初めての国賓として戦争屋で人種主義者のトランプ米大統領を招いたことでした。いうまでもなく、それはトランプ・徳仁会見翌日のトランプ・安倍のインド太平洋戦略-米日戦争同盟を誇示するパフォーマンス――航空母艦に改修予定の護衛艦「かが」への揃っての乗船と日米両兵士500人を前にした演説――と一体でありました。徳仁は宮中晩さん会で「これからも協力の幅を一層広げながら,揺るぎない絆を更に深め,希望にあふれる将来に向けて,世界の平和と繁栄に貢献していくことを切に願っております」(宮内庁HP)と述べ、トランプは別れのあいさつで「両陛下のことをよく知ることができ、本当の友人どうしになりました」とこたえました(NHK 5月28日)。新天皇徳仁の「戦争天皇」デビューです。 新天皇の次の大きな外交は、東京オリンピック開会式で、五輪名誉総裁として開会宣言をすることです(憲法第4条違反)。その宣言は、アメリカのスポーツ界とテレビ資本という巨大独占資本に完全に支配されたオリンピックでの、「国家元首」としてのデビューです。覇権国家日本のアピールはいうまでもなく、それに呼応する国威発揚「金メダル(「日の丸・君が代」)獲得合戦」とも一つで、政府・東京都・スポーツ界・マスメディアなどによって頂点に達しつつあります。 安倍政権は、一方で中東海域への自衛隊派兵を今月20日にも閣議決定し、他方で侵略戦争と植民地支配の賠償を請求する韓国に報復(「制裁」)を加えるという許しがたい天皇制帝国主義の態度を示しています。新たな戦争態勢づくりです。断じて許せません!こうしたなかでの学習集会です。多くの参加を! ●天皇がなぜ五輪名誉総裁か!オリンピック災害反対12・24大阪集会〇 日時 2019年12月24日(火)午後6時半から〇 場所 エルおおさか701号室(大阪地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車徒歩7分)〇 講演 「復興五輪のウソ」     〇 講師 吉田亜矢子 さん (反五輪の会)     〇 参加費 1000円(経済的に厳しい方は受付まで)       〇 主催 参戦と天皇制に反対する連続行動2020年7月24日から始まる東京オリンピックでは新天皇が開会宣言します。しかし、五輪は問題だらけ。①国威発揚の国家主義、②膨大な利権に群がる商業主義、③大震災・原発被害の復興妨害などです。オリンピックの招致にあたり安倍晋三首相は「放射能はコントロールされている」「健康被害は今も将来も一切出ない」と世界に向ってウソをつき、今も開き直っています。日本オリンピック委員会の竹田恆和会長は2億数千万円のワイロを使ったとフランス検察の捜査をうけ辞任しましたが、たった2週間のオリンピックのために、会計検査院によると2018年度までに計1兆600億円余りが支出され、今後も含めて3兆円を超える税金が支出(浪費)されるようです(朝日新聞デジタル12月5日)。震災被災者や原発被害者にこそ使われるべきお金がムダに消え汚職が発生しています。こんなオリンピックはやめてくれ!もうごめんだ!の声をあげよう。
【連絡先】参戦と天皇制に反対する連続行動 大阪市淀川区十三東3-16-12    Tel/Fax 06-6303-0449 *12・24集会に賛同を。賛同費は個人・団体とも1000円(12・24集会賛同と明記を)郵便振込00900-8-168991  口座名称・反戦反天皇制労働者ネットワーク 


CML メーリングリストの案内