[CML 056681] <NAJATカフェ>9/15【緊急報告】武器輸出の先に何があるの?~イギリスの市民運動に学ぶ

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2019年 8月 30日 (金) 23:47:59 JST


東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

急な設定となりましたが、イギリスの武器輸出反対運動の現状を知り、
日本での取り組みのヒントをつかむための格好の機会になると思います。
ぜひ、ご参加ください。

--------------------------

<NAJATカフェ>
【緊急報告】武器輸出の先に何があるの?~イギリスの市民運動に学ぶ
https://kosugihara.exblog.jp/239525086/

日時:9月15日(日)14時~16時45分 (13時30分開場)

会場:アカデミー茗台 7階学習室B(丸の内線茗荷谷駅1番出口より徒歩10分)
   文京区春日2-9-5 TEL 03-3817-8306
   ※「研究所テオリア」の名前で借りています。
   地図 http://www.yu-cho-f.jp/wp-content/uploads/a_meidai_map.pdf

◆お話:たか子さん
(イギリス・ロンドン在住。現地で武器見本市反対など平和活動に携わる)

◆「DSEI JAPAN」反対行動の呼びかけ
金光理恵さん(安保関連法に反対するママの会@ちば)

資料代:500円

 武器輸出三原則の撤廃から5年以上が経ちました。武器輸出は難航して
いるものの、安倍政権と軍需企業は、海外や国内での武器見本市への出展
を活発化させています。9月10日からはロンドンで大規模な国際武器見本
市「DSEI」が、11月18日からは幕張メッセで「日本初の総合武器見本市」
と称する「DSEI JAPAN」が相次いで開催されようとしています。
 ロンドンで平和活動を続けてこられ、現在帰国中のたか子さんに、武器
輸出や武器見本市に反対するイギリス市民の動きについてうかがい、武器
輸出の先に何があるのか、武器輸出や武器見本市を止めるために何ができ
るのかを話し合いと思います。貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

<参考>
「DSEI JAPAN」ウェブサイト
https://www.dsei-japan.com/jp
※「出展」をクリックすると出展企業リストが、「カンファレンス」を
クリックすると、タイムテーブルや実行委員が見られます。ちなみに、
イスラエルの軍需企業2社(エルビット・システムズ、IAI)もそろって
出展予定です。

イギリスの「武器取引反対キャンペーン」(CAAT)のウェブサイト
https://www.caat.org.uk/

【主催】武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export at gmail.com 
電話 090-6185-4407(杉原)
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
Facebook ページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
ブログ https://najat2016.wordpress.com
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付 



CML メーリングリストの案内