[CML 056658] 【今日のブログ記事No.3232】■日経新聞の『大本営発表』記事『年金現状水準には68歳まで就労必要』に騙されてはいけない!(No1)

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2019年 8月 28日 (水) 09:16:21 JST


いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日火曜日(2019.08.27)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2843】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】70分13秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/563908406

【今日のブログ記事No.3232】

■日経新聞の『大本営発表』記事『年金現状水準には68歳まで就労必要』に騙されてはいけない!(No1)

日経新聞は本日(2019.08.27)付け記事で『30年後の年金手取り額を今の水準(現役の手取り額の50%)を維持するためには68歳まで働く必要がある』と報道した。
________________________

▲年金、現状水準には68歳まで就労必要 財政検証

2019/8/27 日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49054290X20C19A8SHA000/

厚生労働省は27日、公的年金制度の財政検証結果を公表した。経済成長率が横ばいだと、約30年後の年金水準は政府目標である現役世代の手取り収入の50%を下回る。こうした事態を避け、現在20歳の人が今年65歳で引退する世代と同じ水準の年金をもらうには68歳まで働く必要がある。将来年金をもらう世代に厳しい内容で、制度の支え手拡大や今の高齢者の給付抑制が急務であることが浮き彫りになった。

(以下略)
_________________________

この記事は厚労省が5年に1度実施する公的年金の健康診断である『財政検証』の結果をそのまま垂れ流した『大本営発表記事』であり、国民は『騙されてはいけない』のだ。

なぜならば、この記事の目的は政府・厚労省がすでに決定している『年金改悪』を事前に新聞報道して『既成事実化』して国民を『ならすため』だからである。

安倍政府・厚労省は『急速な少子高齢化』と『景気低迷』を理由にして『年金財が源枯渇している』問題の『解決策』として、以下の三つの『年金改悪』をこの記事を使って国民へその一つを『事前通告』したのである。

’金保険料の大幅な値上げ

⊇∀期間の大幅な延長=保険料支払い期限の大幅な引き延ばし

G金支給額の大幅な減額

いつもの事ながらこの記事は、安倍自民党政府と国家官僚の『大失政』のツケを国民に廻して責任回避のための『世論誘導記事』である。

▲『年金財源の枯渇』問題は『自然現象』の結果ではなく安倍自公政権と歴代自公政権の『大失政』の結果なのだ!

日経新聞のこの記事では、『年金財源の枯渇』の理由を『急速な少子高齢化』と『景気低迷』にして、あたかも避けられない『自然現象』のせいしているが、『急速な少子高齢化』も『景気低迷』の『自然現象』の結果ではなく、安倍自公政権と国家官僚による『大失政』の結果なのだ!

(No1おわり)

(No2につづく)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内