[CML 056540] 弑するは王族たちの伝統か ディズニー映画「ライオンキング」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2019年 8月 12日 (月) 07:00:47 JST


ディズニー映画「ライオンキング」 <https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019.html>

ライオン坊やの、あどけなさ。なんと可愛いんだろう。たてがみ父ちゃんは、間抜けに見える。あーでも王様なんだね。百獣の王。

*なんだか5月からの代替わりを思い出してしまった。万世一系ごっこ。初期天皇制の兄弟殺しと同様。どこでも同じか。*

雄ライオン一匹。雌ライオン7匹くらい。妾が多いのか? 娘ライオン6匹は偏ってる??
子どもだから、たてがみないのか。他のは殺してる(わけでもなさそうな想定)。

上の句。弑するは目上を殺すこと。目下を殺すのは、ただの暴君。

動物がたくさん出てくる。進化した実写。彷徨う坊主ライオンが昆虫食になったのは、びっくりん。そのままいけばいいのに。

アフリカ系の音楽、いいな。なんか有名人が歌ってるらしい、音楽だけでも楽しい。音楽全体は、 ハンス・ジマー
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%BC>
。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内