[CML 056537] (正念場です)展示再開を求める署名の急拡大にご協力ください

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2019年 8月 11日 (日) 11:52:38 JST


(情報記載いしがき)

お知り合いの皆さま

「表現の不自由展・その後」の再開を求める署名の呼びかけ人の1人の醍醐です。

◆愛知県で起こったことが各地に飛び火しています◆

至急、再開要望署名を広げる運動にご協力ください(下段用紙)

「津田氏参加のシンポ中止へ 意見相次ぎ、神戸市などが方針固める」

https://mainichi.jp/articles/20190809/k00/00m/040/108000c?inb=ys

「津田さんには神戸のイベントをPRしてもらうつもりだったが、主催者の思惑

通りの話をしない可能性が高くなった」(市文化交流課)

 → 約100件の抗議・嫌がらせ電話と「市の思惑にかなうかどうか」で中止!

「日中戦争写真展、後援せず 文京区教委『いろいろ見解ある』」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019080202000136.html

 

大村愛知県知事はまっとうな発言をしていますが、・・・・

「『表現の不自由展』めぐり検証委、愛知県が設置 16日に第1回会議」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000075-mai-soci

「11月末までに大村知事へ報告書を提出する。」

→ 今、中止した企画展をどうするのかが問題です!

 

◆今が正念場だと思います◆

 

「中止はかえって今の不自由を証明してみせた」といった議論がありますが、

評論している時ではありません。

じわじわと押し寄せる検閲国家への流れ、日本の加害責任の歴史に触れる言説

が匿名の攻撃にさらされ、公共空間から締め出される事態を、今、ここで押し

戻さないと、あとで、あれこれ言っても取り返しがつきません。

 

それには、施設管理者に安全確保の責任を果たさせて、一日でも早く、「不自

由展」を再開させる世論を盛り上げることが、私たちにできる、かつ急務の

運動だと思います。

公権力の介入と卑劣な匿名攻撃による表現・言論潰しを「失敗体験」に追い込

むには企画展の「再開」が何よりの答えになると思っています。

 

◆再度の呼びかけです。

至急、再開要望署名を広げる運動にご協力ください◆

8月15日には、署名の呼びかけ人のうちの3人が愛知県庁へ出向き、担当課長面会して、署名簿&メッセージ集を提出します。懇談も予定しています。名古屋市役所にも出向き、担当課と面会します。

その後、県庁記者クラブで記者会見をします。

このような機会を活かして、私たちの署名の力をアピールしたいと思ってます。

 

しかし、それにしては、署名数が大きく立ち遅れています。私たちが取り組んでいる署名は、Change Org を使った場合のように、外部のサイトに委ねたものではなく、情報・意見を発信しながら、自力で呼びかけを

しないと、じっとしていて増えるものではありません。

◆特にお願いしたいこと◆

 *ネット(ツイッター、フェースブック、メール転送)で

    署名用紙のダウンロード→ http://bit.ly/2Ynhc9H <https://t.co/PDDFyVQkcg> 

ネット署名(入力フォーマット)→ http://bit.ly/2YGYeu9

第一次集約日は、8月13日(火)

を拡散してください。周知が決定的に遅れています。

 

 *既にご自身の署名を済まされた方も、メールでお知り合い(のお知り

合い)に、上の2つのURLを広げてくださるよう、お願いします。

◆第一次署名の締め切り◆

8月13日(火)締め切りと告知していますが、提出が8月15日(木)と

なったことから、

*ネット署名は、8月14日(水)、24時(第一次分)締め切り

*用紙署名は、 8月14日、局留め到着分まで

とします。

                             醍醐 聰 



CML メーリングリストの案内