[CML 056455] 表現の自由を守るが知事の役割

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2019年 8月 4日 (日) 11:15:43 JST


抗議先

E-mail:  <mailto:koho at pref.aichi.lg.jp> koho at pref.aichi.lg.jp



愛知県知事 大村秀章 様



テロ予告、ヘイトスピーチ等の妨害に屈してはならない。

行政は、主催者・作者の表現の自由を守り、開催を保障せよ。

行政はどっちを守っているのか

「公的資金の使用(河村たかし市長)、「補助金交付か精査」(菅義偉官房長官)」を
口実とする行政の介入は違憲行為であり、速やかに中止せよ。

今回の件は憲法21条表現の自由に対する違憲行為あり、行政の介入であり、

公平中立を無視した検閲・差別行為である。

公金(税金)を扱う「公平中立とは、偏らずすべての表現者の表現を等しく保証する」
ことである。

テロ予告、ヘイトスピーチ等による開催中止は

戦時中における軍や諸団体の圧力による言論・表現の自由に対する検閲弾圧に等し
い。

速やかに行政(警察を含む)は、脅迫者等妨害者を排除し、

主催者・表現者を守り、国際芸術祭開催を保障せよ。



さいたま市 石垣敏夫 (九条俳句市民応援団世話人)



CML メーリングリストの案内