[CML 056424] パスポート写真へんせん慄いた あああ貧乏やだやだの巻

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2019年 8月 1日 (木) 08:18:41 JST


30年ぶりに韓国に行くのに、パスポート申請。

お金がないので700円の自販機写真、100円追加で美白とあったが名誉白人思想はよくないと最低価格。

川口のパスポートセンターに行ったら、色が薄いから写し直しかもしれないと脅された。隣の店で撮ると写真代が嵩むので、まんまで良いです。だめなら明日じゅうに電話が掛かって取り直し。だいじょうぶだったけど、へんな顔。どうしよう。

20代のとき撮った十条の写真館のは、数日かかった白黒。昔風に整形してるのか、知的美人に写ってる。40代のときも、そこそこ綺麗に撮れてる。やっぱり写真館は、お金をかけただけあるなあ。履歴書用に伊勢丹写真館で撮った時代もあった。

悲惨なのは40代の失業中に撮った自販機写真。機械に笑顔ができないんだよ、わし。もろ犯罪者然。

そんでもって、今回は強烈な最悪、下膨れの婆さん顔。やだやだ。誰にも見せたくない。あああ、貧乏は嫌い。

わしに技能があったら、地道に写真加工するのになあ。現実は写真目的で買ったスマホさえ、使いこなせない。携帯写真のアップロード不可(とほほ)。

下のは、KJさんに撮ってもらったからか良く撮れてる。しかし、何年も前の写真を使い続けるのもなんだかなあ。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内