[CML 055548] 「冤罪」と「おんなたちの-たたかい」よ  里見繁だインパクト刊

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2019年 4月 14日 (日) 08:56:59 JST


「冤罪 おんなたちの闘い」 <https://book.asahi.com/article/12270042>   里見繁
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/8990e057fe13bb57151fa4e0544321ed>
インパクト出版会

4つの事件とも、いろんな本で読んでいたので概要は知っている。

しかし、第一部で紹介された彼女。*法律婚を選ばなかったことが偏見を持たれたという指摘は、鋭く突き刺さった。*

*被害者ふたり、支援者ふたり。女たちの何十年かを記録したドキュメント。*

-------  目次 *緑字は千恵子メモ* ----------------

*第1部 冨士茂子さん・徳島事件* 11
はじめに 12
事件 14
内部犯人説 23
作られた供述調書 32
冨士茂子の生き方 38
裁判 43
判決、そして下獄 51
犯人、現れる 59
偽証をあばく 61
検察の悪あがき、裁判所の逃げ腰 73
第五次再審請求(元弁護人・田中薫氏インタビュー) 84 *85 そうか 角田由紀子弁護士ならではの書面 87 お金がなくて女性弁護士は布団部屋
風呂なしの合宿*
再審開始決定 94
再審無罪、そして真犯人はどこに(近藤昭二氏インタビュー) 96
終わりに 113 *118 娘の苦しみ*

*第2部 袴田秀子さん・袴田事件* 119
はじめに 120
事件 123
裁判 128
「血染めのパジャマ」は嘘だった 135
五点の衣類 137
判決 143
控訴、そして上告 151
再審への長い道 157 *158 死刑が確定して、死刑囚ばかりのところに行った 環境が、がらりと変わる 隣のひとが処刑された その頃から変わったんだ彼
むごいなあ 162 90年代から手紙の判読が難しくなり、支離滅裂 家族や弁護士との面会を断るようになる*
再審開始 166
秀子さんの笑顔 180 *182 弟のために家を買って用意する姉*
「ねつ造」を主張し続けた弁護士の執念 188
冤罪との長い闘い 196 *200 家の18年ローンを全部、返す えらいなあ お姉さん*
終わりに―闘いはまだまだ続く 208

*第3章 桜井恵子さん・布川事件* 211
はじめに 212
事件 214
裁判 216
出会い 228 *240 獄中詩集かあ ロマンチストだもんなあ(微笑)*
再審請求 243
目撃証言 249
夫の冤罪を支えて 255 *261 カウンセリングなんか受けない そうだよねえ彼らしい*
終わりに 269

*第4章 青木惠子さん・東住吉事件* 277
はじめに 278
事件発生 280
自白の理由 283
裁判 293
冤罪を見抜けない裁判所 298
再審への長い道のり 304
再審開始とその後の停滞 312
軽ワゴン車からのガソリン漏れ実験 320
再審無罪 324
実は、再審請求より前に「無罪」だと考えた裁判官が一人だけいた 329
青木惠子さんの新たな日々 334
終わりに 341

*前著 「ママは殺人犯じゃない 冤罪・東住吉事件」 青木惠子 里見繁 インパクト出版会
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/6b4f850531ea54baa7062ca3678f2f77>
でも思ったけど大変な歴史だ*




-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内