[CML 053829] 「愛と法」弁護士夫夫善哉か 南和行吉田昌史と

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2018年 9月 30日 (日) 08:39:13 JST


映画「愛と法」 <http://aitohou-movie.com/>

愛と法って、すごい題名だ。でも見終わって、愛と法を感じた。へんな副題がついてなくて、良い題。

ふたりが大阪に住んでいるからか、弁護士だというのに堅苦しくない。お料理てきぱき作るし、泣くし、笑いがあふれるひとたち。

性的少数者、デコまんが罪とされた芸術家ろくでなし子、戸籍がないひと、日の丸を歌わない教員などなど、いろんな少数者の弁護をするようす。

戸田ひかる監督 <https://news.yahoo.co.jp/byline/hasegawatomoko/20180928-00098558/>
の外国暮らしが永かったせいか、斬新な視点。面白いけど、考えさせられる映画。

資金は英国BBC、デンマークの公共放送、フランスの助成金、米国ファンド、そしてポストプロダクション資金はクラウドファンディングで世界中から集めたという。

家族って何だろう?という点で「万引き家族」を思い出したりした。




-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内