[CML 053811] <女性自身>が、「<経産省>「タンク満杯で汚染水を福島沖に放出」に地元民激怒!◆ 福島第一原発事故、トリチウム水海洋放出問題、原子力規制委 」を、<週刊女性>が、 「《沖縄県知事選》基地移設問題に伴い消えゆくジュゴンと青い珊瑚礁の命、守れるか? 」という記事を今週号に載せました。

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2018年 9月 29日 (土) 10:58:53 JST


<女性自身>が、
「<経産省>「タンク満杯で汚染水を福島沖に放出」に地元民激怒!◆	福島第一原発事故、トリチウム水海洋放出問題、原子力規制委 」を、
<週刊女性>が、
 「《沖縄県知事選》基地移設問題に伴い消えゆくジュゴンと青い珊瑚礁の命、守れるか? 」という記事を今週号に載せました。


転送転載歓迎

京都の菊池です。

今週9/25火曜日に、発売された。

週刊誌「女性自身」は、

 <経産省>「タンク満杯で汚染水を福島沖に放出」に地元民激怒!
   ◆	福島第一原発事故、トリチウム水海洋放出問題、原子力規制委
  女性自身(2018/10/09号), 頁:52 

( 雑誌の新聞 [雑誌別速報] 女性自身 
http://www.zasshi.com/zasshiheadline/joseijishin.html より)

 <経産省>「タンク満杯で汚染水を福島沖に放出」に地元民激怒!
   ◆	福島第一原発事故、トリチウム水海洋放出問題、原子力規制委
  女性自身(2018/10/09), 頁:52 )
 
という記事を、


週刊誌「週刊女性」は、

 《沖縄県知事選》基地移設問題に伴い消えゆくジュゴンと青い珊瑚礁の命、守れるか? 

という記事を掲載しました。

ぜひ、お読みください。


週刊女性のこの記事は、
現時点では、ウェブにアップされていませんので、本誌で直にお読みください。

週刊女性のこの記事は、
ウェブにもアップされましたので、
そちらでも読めます。お早めに。

 《沖縄県知事選》基地移設問題に伴い消えゆくジュゴンと青い珊瑚礁の命、守れるか?
 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | 
http://www.jprime.jp/articles/-/13392?display=b 


また、
DAYS JAPAN2018年10月号 
https://daysjapan.net/2018/09/18/days-japan201810g/ 
は、

 特集「沖縄の見る希望 誇りある豊かさ」
追悼・翁長雄志さん
 
を組み、
また、
コラム「編集委員おしどりマコ・ケンの実際どうなの?」
は、

トリチウム汚染水を海洋放出!?
ふざけるな。意見飛び交う公聴会ルポ 

を書いています。

こちらも、ぜひ、お読みください。


別件ですが、

京都では、

 今日9月29日土曜日は、
「沖縄スパイ戦史」上映&大矢英代監督トーク|freeml byGMO 
https://www.freeml.com/kdml/11536 
が、

明日9月30日日曜日は、

 ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」
~1965年4月20日、小さな女の子が米軍のトラックに轢き殺された~

とき:2018年9月30日(日)13:30~16:30
場所:ハートピア京都 3階大会議室
(中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地)
講演:第1部 映画上映/第2部 講演 嬉野京子さん(報道写真家)
参加費:1000円
主催:国際婦人年京都連絡会(tel.075-256-3320)
後援:京都府・京都市 
( 新ふじん右京、子育てサークル、京都市 
http://www.geocities.jp/njwaukyo/  より)
* 記録映画『OKINAWA1965』公式サイト 
http://longrun.main.jp/okinawa1965/index.html 
も、参照ください。

が、行われます。

また、下記は、
明日9/30日曜日が、最終日です。

プレスリリース
2018/09/07発信
国際平和ミュージアム 第118回ミニ企画展示 「原発とたたかうトルコの人々 日本の原発輸出、現地の声は?」開催
立命館大学広報課
http://www.ritsumei.ac.jp/profile/pressrelease_detail/?id=75 


京都の菊池です。の連絡先
 ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(送信の時は、あっとを@に変更して送信してください)


CML メーリングリストの案内