[CML 053748] (無題)

久下格 kuge_on_cml at aoisora.org
2018年 9月 21日 (金) 14:53:50 JST


Subject: 関西地区生コン支部を守りぬこう! 9.22緊急集会へ!
--------
退職した元国労組合員です。前日の呼びかけです。
----------------------------
● 関西地区生コン支部を守りぬこう! 9.22緊急集会へ!●
= 大弾圧!! 近畿圏で20人の労働者が投獄されています =
 マスコミではほとんど報道されていませんが、近畿地方でコンクリートミキサー車の運転手を組織している、全日建連帯労組関西地区生コン支部(以下、関生支部=カンナマ支部)への、警察権力による激しい組織攻撃が続いています。
 中小零細企業がほとんどを占める建設用生コンクリートの製造業界で、関生支部は、圧倒的な力を持つ大手ゼネコンに対して、中小零細企業が協同組合を結成して対等な立場で交渉し、生コンクリートの適正な価格を保証させることを労働組合として支援してきました。こうして確保した原資をもとに、関生支部は危険で劣悪、低賃金だった生コン労働者の生活を長年、少しずつ改善してきたのです。
 これに対して、労働者の闘いの拡大を恐れる大手ゼネコンは、生コン協同組合と、それを支える関生支部の闘いを切り崩すために協同組合に介入し、また、協同組合に参加しない業者を育成しようと対立してきました。そして、労使紛争が激しさをます中で、労使間の対立、労働争議には中立であるべき警察権力が関生支部の闘いへの組織攻撃を開始したのです。
 本年(2018)7月18日、滋賀県警は湖東生コン協同組合の理事ら4人を逮捕、8月9日、協組関係者2名と関生支部組合員1名を逮捕、さらに、8月28日には関生支部の武健一委員長と役員2名を逮捕しました。容疑は、湖東生コン協同組合がゼネコンに対して、生コンを同協組から購入するよう強要したというものですが、大資本に対して中小企業が協同組合を結成し、共同受注・共同販売によって対等な取引を行うことは法的にも認められた正当な行為です。中小企業者としての存続、生存をかけたギリギリの取引に対して、圧倒的な力をかさに協同組合を解体し、さらに買い叩こうとしてきた大手ゼネコンこそが非難されるべきでしょう。
 9月18日、ついに、大阪府警が、七牟礼時夫支部副委員長をはじめ組合員16名を威力業務妨害罪で一斉に逮捕するという暴挙に出ました。今回の容疑は、大阪府下で、協同組合に参加していない生コン業者と運送会社による生コンクリート出荷を妨げたというものですが、威力業務妨害罪はずいぶん以前から、闘う労働組合を攻撃するための手段となってきたことを指摘しなければなりません。関生支部との全面対決を標榜する大阪広域生コン協同組合は、傘下の生コン業者に関生支部組合員の運転するコンクリートミキサー車を排除するよう要求してきましたが、昨年来、元在特会の右翼活動家と手を組み、右翼活動家が関生支部の事務所を占拠する暴挙に同席するまでになっています。その背景には企業を超えて広がる労働者の団結に恐怖する大手ゼネコンの意思が働いていることは明らかです。
 圧倒的な力を持つ資本家に対して、日々の生活に追われる労働者が対等の立場に立つためには、団結して闘う以外にありません。そして労働者の闘いは、それを恐怖する資本家・権力者の弾圧をはね返さない限り前進しないことは歴史が示しています。計26人が逮捕され、今も20人が獄に繋がれているという異常な状況をこのまま放置するならば、資本家・権力者の意に沿わない労働組合への組織攻撃が、さらに一層拡大することは明らかです。

 残念ながら日本社会では、警察・検察権力の恣意的な行使がどんどん拡大しています。近畿圏にかぎっても、国有地を8億円(9割)値引きして叩き売った森友学園事件はどうなったのか? 安倍首相夫妻の関与を隠すための公文書改ざん事件はどうなったのか? 公文書改ざんを強制され、自殺した近畿財務局職員の無念を社会はもう忘れたのか? 首相夫妻の関与を正直に証言した学園長夫妻は1年以上拘留されたというのに…。今、日本社会では、何を事件とするか、あるいは事件としないか。誰を逮捕するか、あるいは逮捕しないか。こうしたことが金と権力を持つ者たちの都合のいいように決定される事態がどんどん進んでいます。
 今回の事件では、劣悪な労働条件を改善し、人間らしい労働条件、人間らしい暮らしを求めて、圧倒的な力をもつゼネコン業界と対峙して闘い、働く者の暮らしと労働条件改善のために、長い間闘いぬいてきた労働者たちが多数、獄に繋がれています。ゼネコンのふところに飛び込んで安泰をはかり、元在特会の右翼活動家とつながって関生支部解体攻撃を進める大阪広域生コン協同組合の悪辣な幹部たちの高笑いが聞こえてくるようです。そして、彼らを手先として使い、自らは表に出ないで推移を見守る、「背後にいる本当の敵」の薄笑いも。

 関生支部の闘い方に対しては、労働運動の内部に批判する見かたもあるようですが、今回のような恣意的な弾圧、金と権力を持つ者たちの気にくわぬ者を大量に逮捕する横暴を見過ごすならば、弾圧は必ず労働運動全体へ、そして市民運動全体へと拡大するでしょう。
 警察・検察権力の恣意的な行使に反対する、反撃のための戦線を粘り強く拡大すること、そのために私たちが、一人ひとりから声を上げていくことが何より重要だと思います。9月22日、大阪では緊急集会が準備されていますが、ビラはまだ9月18日の16人逮捕に触れていません。それだけ事態は急迫しているのだと思います。できるだけたくさんの皆さんの参加を呼びかけます。

============
● 労働組合つぶしの大弾圧に抗議する9・22緊急集会
● 9月22日(土)18時〜
● エルおおさか南ホール
● 主催・集会実行委員会

----------------------------------
久下格 http://aoisora.org
https://www.facebook.com/KUGE.Itaru


CML メーリングリストの案内