[CML 053740] 【緊急行動】9.26「東海第二は廃炉」原子力規制委員会抗議行動〜設置変更許可認可するな!運転延長を認めるな!〜

木村雅英 kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2018年 9月 20日 (木) 22:24:26 JST


(木村(雅)です。とめよう!東海第二原発首都圏連絡会からの緊急行動の案内を転送します。)


「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」から緊急行動の案内です。
ご参加願います。
転送・転載を歓迎します。

9.26「東海第二は廃炉」原子力規制委員会抗議行動
〜設置変更許可認可するな!運転延長を認めるな!〜
									
日時:2018年9月26日(水)10時〜13時 または 12時〜13時
(10時半からの定例会議で東海第二の設置変更許可が議題になっている場合10時から、そうでなければ12時から開催。24日(月)夜に確定し案内を再発信します)
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
港区六本木1丁目9番9号   TEL:03-3581-3352(規制庁)
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分
		  日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会
	TEL 070-6650-5549             FAX 03-3238-0797
	(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)
共催:原子力規制委員会毎水曜昼休み抗議行動
	TEL 080−5062−4196		

 私たちは、既存原発を稼働させる為の世界最低水準の「新規制基準」と緩やかに過ぎ合理性を欠く審査をし続ける原子力規制委員会に対して、再稼働を推進するな!被曝を強要するな!と訴え続けてきた。
ところが、規制委は昨年(2017年)12月末に東電の柏yu刈羽6,7号機の設置変更許可を与えたばかりか、今度は経理的基礎も無い日本原電の老朽・被災・超危険原発である東海第二原発の前のめり「一体」審査を続け、いよいよ適合性審査認可と「例外中の例外」20年運転延長を認めようとしている。
 春には更田委員長が「不合格」を匂わせたにも拘らず、特急審査が続き、7月4日には規制委定例会議で設置変更許可を確認してパブコメを開始、1259件の意見が出ている中で、工事計画認可及び運転延長認可の審査も続けられ、9月13日の審査で運転延長審査もほぼ終了した模様だ。
 そして、地元の住民・議会・首長の反対の声、首都圏と全国の多数の厳しい反対の声にも拘らず、いよいよ早ければ9月26日に原子力規制委員会は東海第二原発の設置変更許可を認可するかも知れない。「再稼働推進委員会」の汚名を更に実証するつもりだ。
 私たちは、この原子力規制委員会の「再稼働推進」行為を厳しく糾弾する。

首都圏の皆さん、抗議行動への参加と規制委定例会議の傍聴をお願いします。


-- 
木村雅英 KIMURA Masahide
e-mail  : kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
携帯TEL : 080-5062-4196
Twitter : @kimuramasacl
経産省・規制委批判ページ:http://www.jca.apc.org/~kimum/




CML メーリングリストの案内