[CML 053686] 市民連合と野党、政策協定へ調整へ

小林 久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2018年 9月 14日 (金) 09:53:14 JST


小林です

本日の東京新聞と朝日新聞の報道です。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201809/CK2018091402000144.ht
ml
市民連合と野党、政策協定へ調整 16年に続き来夏参院選で
2018年9月14日 朝刊

 野党連携を呼びかけてきた市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市
民連合」が十三日、来年夏の参院選で立憲民主や国民民主、共産、社民、自由の野党
各党との政策協定締結に向けて調整に入ることを明らかにした。改選一人区での候補
一本化も目指す。これらが実現すれば、二〇一六年の前回参院選に続き、市民団体が
安倍政権に対抗する勢力を結集させることになる。
 「市民連合」代表世話人の山口二郎法政大教授が同日、東京都内で記者団に語っ
た。
 市民連合が都内で開いた街頭演説会には、国民民主幹部として初めて平野博文幹事
長が参加した。
 山口氏によると、山口氏は今月五日、立憲民主の枝野幸男代表と国会内で面会。枝
野氏が参院選の野党連携に関し「立憲民主と国民民主が直接話し合うのは難しいの
で、市民連合が間に入ってほしい」と求めた。
 山口氏は記者団に「一人区での統一候補の擁立は、市民連合が間に入って各党をつ
なぎたい」と話した。今後、参院選に向けて各党と結ぶ共通政策の策定に着手する。
 (木谷孝洋)


朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/DA3S13677742.html
「国民」、共闘強化へ歩み寄り 平野氏、市民連合演説会に
2018年9月14日05時00分

 国民民主党の平野博文幹事長が13日夜、東京・新宿であった「安保法制の廃止と
立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)主催の街頭演説会に参加した。国民
はこれまで、「野党共闘」を呼びかける市民連合と距離を置いてきたが、11日の新
執行部の発足を機に連携強化に踏み出した。

 平野氏は「国民民主党が市民連ログイン前の続き合の皆さんとお互いの立場を尊重
しながら倒すのは安倍政権だ」と演説。共産党議員らと一緒に「安倍内閣は退陣を」
と書かれたプラカードを掲げた。市民連合の呼びかけ人の山口二郎・法政大教授は
「演説会を通して野党の協力の機運を改めて確認できれば」と歓迎した。(山岸一
生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
小林 久公
061-2273 札幌市南区豊滝2丁目9-6
FAX 011-596-5848
携帯電話 090-2070-4423
Email: q-ko at sea.plala.or.jp




CML メーリングリストの案内