[CML 053681] 【今日のブログ記事No.3024】■なぜ皇太子はフランス公式訪問で儀仗兵を閲兵したのか?

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2018年 9月 14日 (金) 06:48:37 JST


いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日木曜日(2018.09.13)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2624】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】  69分48秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/492804575

【今日のブログ記事No.3024】

■なぜ皇太子はフランス公式訪問で儀仗兵を閲兵したのか?

【画像1】

【画像2】 
今上天皇明仁(きんじょうてんのう あきひと)はすでに何十回も外国を公式訪問しているが、その国の儀仗兵を閲兵したことは一度もなかった。

何故ならば、今上天皇は日本国憲法第1条の規定『象徴天皇』の意味をよく理解しており『天皇は国と国民の統合の象徴であって元首ではない』ことをよくわかっているからだ。
歴代自民党内閣が天皇の外国訪問のたびに『儀仗兵閲兵』をスケジュールに組見込んだこと対して、今上天皇は、それらをすべて拒否してきたのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日本国憲法第1条】

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲それではなぜ天皇になっていない皇太子が今回フランス訪問で儀仗兵を閲兵したのか?
その最大の理由は、安倍晋三、自民党、日本会議、神社本庁ら極右ファシストたちが『憲法改正』によって天皇を『象徴』ではなく『元首』にしようと躍起になっていることが背景にある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー------------
【画像3】自民党憲法草案第1条 (2012年4月版)

天皇は、日本国の元首である。

日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-------------

----------------------------------------------------------------------------------------

【大日本帝国憲法第1条】

大日本帝国 
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD>ハ万世一系 
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E4%B8%96%E4%B8%80%E7%B3%BB>ノ天皇 
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87>之ヲ統治 
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E6%B2%BB>ス

-----------------------------------------------------------------------------------------

すなわち安倍晋三らは、今回皇太子がフランスを公式訪問する機会をとらえて宮内庁に命じて、皇太子に『儀仗兵閲兵』をさせて『元首』の予行演習をさせたのである。

第二の理由は、皇太子自身が日本国憲法第1条の規定『象徴天皇』の意味を十分理解していないからだろう。

来年(2019年)4月31日に今上天皇明仁は引退し5月1日に皇太子が天皇となるが、あまりにも人生経験不足で『ナイーブ』な新天皇は、安倍晋三らに都合よく使われるのは目に見えるほど明らかである!

時の政権に都合よく利用され、国民を再び『戦争と弾圧と貧困』の大悲劇に追い込む『天皇制』は一日も早く我々の手で廃止すべきなのだ!

【関連記事】

▲訪仏中の皇太子さま、首都パリに到着 儀仗兵を閲兵

2018年9月12日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3189309?cx_part=latest

【9月12日AFP】日仏友好160周年を記念し、1週間の日程でフランスを公式訪問中の皇太子さま(Crown 
Prince Naruhito)が11日、首都パリに到着された。

訪仏5日目となったこの日は旧廃兵院アンバリッド(Invalides)を訪れ、ジャック・メザール(Jacques 
Mezard)国土相と共に儀仗(ぎじょう)兵を閲兵された。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内