[CML 053674] ●再び動き出した朝鮮半島  9 ・ 15 日朝ピョンヤン宣言 16 周年集会のご案内 ( 今こそ朝鮮敵視政策を改め日朝国交交渉の再開を! )

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2018年 9月 13日 (木) 11:39:10 JST


日韓ネット@渡辺です。  BCC及び複数のMLに送ります。重複ご容赦。

既報ですが、明後日になりましたので再度のご案内です。

4・27板門店宣言、6・12米朝共同声明後、米国側が朝鮮戦争の終戦宣言を後回しにしよ
うとして米朝交渉が膠着していましたが、明日14日は北側の開城(ケソン)で南北共同連
絡事務所開設、18日から文在寅大統領の平壌訪問による南北首脳会談、そして米朝間で
は第2次首脳会談も調整されています。南北が主導して再び大きく動き出したと言って
いいと思います。

この中で、あらためて日本の在り方が根本から問われています。
9条改憲反対・辺野古新基地建設阻止と共に「朝鮮半島に平和を」の声を挙げていきま
しょう。9・15集会にぜひ多くの皆様の参加・賛同を呼びかけます。

 チラシはコチラから
 http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/91516-3dea.html

 【拡散歓迎】                                    
 ********************************************************************
          日朝ピョンヤン宣言16周年        
   朝鮮敵視政策を改め日朝国交交渉の再開を!9・15集会
 *********************************************************************

 【講演】 朝鮮半島の歴史的転換と安倍政権(仮題)

         高野 孟さん(インサイダー編集長・ザ・ジャーナル主幹)
                         
     1944年生まれ。早稲田大学文学部卒。通信社、広告会社勤務を経て1975年か
     らフリージャーナリストとなり、同時に情報誌『インサイダー』創刊に参加
     2002年〜2013年早稲田大学客員教授。著書に「最新・世界地図の読み方」
     (講談社現代新書1999)、「滅びゆくアメリカ帝国」(にんげん出版2006)、
     「沖縄に海兵隊はいらない!」(同2012)等多数。朝鮮問題でも発言を続けて
     いる。

 【特別報告】朝鮮「制裁」に名を借りた在日朝鮮人への人権侵害の実態

         朴金 優綺さん(パクキム・ウギ、在日本朝鮮人人権協会事務局員)
                                     
  ●他にアピール・ソウル平和統一大会の記録映像などを予定
 -----------------------------------------------------------------     
 日時 9月15日(土)午後6時半開会(6時開場) 資料代1000円
 場所 文京区民センター 3A (地下鉄「春日」or「後楽園」下車すぐ)
     https://www.yu-cho-f.jp/seminar/kumin_map.pdf
  -----------------------------------------------------------------
 呼びかけ 2018  9・15集会実行委員会
 連絡先 日韓民衆連帯全国ネットワーク(070-6997-2546)    
     ピースボート(03-3363-7561)
     「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
           (03-3818-5903)
        許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)   
     反安保実行委員会(03-3254-5460)
     在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)  
  (郵便送付先 東京都台東区上野3-20-8小島ビルSBC4-15日韓ネット気付)

      【集会への賛同をお願いします】
    ●賛同費   個人1000円/団体3000円
    ●郵便振替 00110-8-140618 [日韓民衆連帯全国ネットワーク] 
      *「9・15集会賛同」と明記してください
------------------------------------------------------------------------------
                     【呼びかけ】

 ●朝鮮半島における平和への流れを確かなものに

今年に入って始まった朝鮮半島の対話への動きは4月の南北首脳会談、6月の米朝首脳
会談へ結実しました。

昨年まで一触即発の戦争危機さえはらんでいた状況からすれば歓迎すべき大転換です。
何より、朝鮮民主主義人民共和国の建国から70年に渡り、砲火を交え銃口を向けあって
きた米朝首脳が歴史上初めて対面し、両首脳の名により包括的な目標が示されたことは
画期的です。

マスメディアの多くは、もっぱら「北朝鮮の非核化」のみに焦点をあて、一方的にCV
ID(完全かつ検証可能で後戻りできない非核化)が明記されていないことなどを取り沙
汰しています。

しかし、米朝共同声明の4項目は同時的かつ段階的に進められることが必要であり、そ
の信頼醸成があってはじめて「朝鮮半島の完全な非核化」も実現可能です。
後続交渉では、朝鮮戦争の終結、停戦協定の平和協定への転換、国連軍司令部の解体や
在韓米軍の撤収または何らかの地位変更問題などもまな板の上にのらざるを得ないでし
ょう。

私たちは、朝鮮半島の非核化を含む「完全かつ検証可能で後戻りできない平和体制構築
」を後押しすべきではないでしょうか。

 ●安倍政権は朝鮮半島の平和への動きを妨害するな

私たちは、この間まったく蚊帳の外で右往左往してきた安倍政権が、拉致問題を政治利
用し日朝首脳会談を模索するポーズをとりながら、依然として朝鮮敵視政策をとり続け
これを利用して軍拡の道を走り続けていることを厳しく糾弾します。また「制裁」の名
による在日朝鮮人への人権侵害も後を絶ちません。6月28日には関西空港税関支署が、
祖国へ修学旅行した神戸朝鮮高校の生徒たちのお土産品まで没収しています。

安倍首相は、拉致問題を日朝交渉の入り口としてすべての上に置いてきましたが、それ
自体が日朝ピョンヤン宣言の歪曲であり、拉致問題も含め日朝関係が一歩も進んでこな
かった要因です。

私たちは、日本政府が、南北・米朝首脳会談で確認された朝鮮半島の平和体制構築と完
全な非核化実現のために積極的役割を果たし、日朝ピョンヤン宣言に基づき、不幸な過
去の清算を基礎とした日朝国交正常化交渉を速やかに再開することを強く要求します。

重大な転機の中の9・15日朝ピョンヤン宣言16周年集会へ多くの皆さんの参加・賛同を
---------------------------------------------------------------------------
【4・27板門店宣言要旨】 ‘酲未慮鯲と協力、南北の軍事的緊張緩和、D鮮半
島の恒久的で強固な平和体制構築のため協力することで合意し、「南北は停戦協定から
65年にあたる今年、終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換」するため南北と米国の
3者または南北と米中の4者会談の開催を積極的に推進することや「南北は完全な非核化
を通じた核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標」を確認しました。

【6・12米朝共同声明要旨】 「新たな米朝関係の確立が朝鮮半島および世界の平和と
繁栄に貢献すると確信するとともに、相互の信頼醸成によって朝鮮半島の非核化を促進
できる」との認識の上に、(督は新たな関係の確立に全力を挙げる、∧督は朝鮮半
島の平和体制構築に向けともに努力する、D鮮は4・27板門店宣言を再確認し、朝鮮
半島の非核化に全力で取り組む、な督は戦争捕虜・行方不明米兵の遺骨収集と返還を
進める−の4項目を宣言しました。


**************************************************
 日韓民衆連帯全国ネットワーク
   東京都台東区上野3-20-8小島ビルSBC4-15
   TEL 070-6997-2546
 公式ブログ http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
**************************************************


CML メーリングリストの案内