[CML 053653] テント日誌 9月8日(土) 経産省前テントひろば1807日目後 748日目

木村雅英 kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2018年 9月 10日 (月) 09:08:28 JST


(転送します)

テント日誌9月8日(土)
経産省前テントひろば1807日後

いろいろあるけど困難を乗り越えよう 9月2日(日)
台風が来るようで曇天の日曜日、暑くもなく座り込みにはちょうどいい感じだ。群馬のTさんと藤原節男さんとで座り込みのセッティングは終わっていた。久しぶりにシャワリンが来て座り込みに加わる。ヨウカンさんがウクレレで歌を唄い。斎藤美智子さんも相変わらずお元気だ。横浜のOさんも来てくださいました。終わり頃にイッシー、ワッシーのお二人が登場。終了後はコーヒータイムも賑やかでした。色々あるけど困難を乗り越えて頑張ろうぜ。SK

台風の影響も懸念された程ではなかった 9月4日(火)
朝の天気予報だと、台風21号の影響で関東地方もかなりの影響があるように思われた。それを鵜吞みにして、長靴をはき、雨合羽を用意して家を出た私が馬鹿だった。事務所に着くと、雨は上がっており、普段とそんなに変わりはないセッティング中確かに風は強めでしたので横断幕は一段とした。
座り込みの当番者は前半4名、後半4名一人も欠けることなく参加、レジンドSさんや何時も数時間いて下さる方も来て下さり、普段と何ら変わりのない座り込みであった、時折雨も降ったが突風にパラソルが経産省正門のチェーンまで飛んで行った時には、チョット慌てた!その後は、突風に備えてパラソルと横断幕は撤去したが、のぼり旗は気持ちよく翻っていた。
本日はテント運営会議が開催されるため定刻より若干早目に撤収をする。
運営会議の後は、近くのラーメン屋でチョト一杯の懇親会を行う。(Y・R)

福島原発刑事訴訟も終盤になってきた。傍聴を! 9月5日(水)
朝:今日は久しぶりの福島原発事故の責任を追及する東電3被告に対する刑事裁判の日なので朝早く家を出た。ラッシュアワーを避けるためと昨日の台風の余波で何があるのか判らないという不安からである。ところが電車に乗ってみるとすごく混んでいた。他の人も私と同じことを考えていつもより早めに電車に乗ってきたようだ。
 裁判所前に着くと既に事前集会は始まっていて佐藤代表の力強い挨拶がなされていた。言われたことは、「刑事裁判も終わりに近づいており年内結審、来年3月までには判決が出る可能性が高い、残り少ない裁判傍聴を皆さんと共に頑張って行きたい、それと共に裁判所による現地調査を我々からも要求していく」と。このあと裁判所に要望書を持って行くため、事前集会は早めに終えた。
 待機場所にはほとんど来ていなかった、台風の影響の為かいつも来ている人が幾人か見当たらない、我々の陣営が少なく見えた。私を含めて皆ハズレてしまった。7日金曜日にはもっと多くの人に集まってもらいたいと思いました。(保)

 昼:朝のうちは涼しかったが、昼は蒸し暑い。台風の名残で風は割とあるが、セッティングをすると汗びっしょり。当番のIさんはいつもちゃんと着替える。セッティングの最中に、植村隆さんの東京裁判に参加した人が昼休みにテントに寄ってくれた。今日は終日証言や証拠調べだそうだ。
 K爺が午後2時から開かれる院内集会(ジュネーブの人権条約問題の報告集会)に参加する前、座り込みに参加。Aさんが裁判に参加する前に寄ってくれた。
 通行人の50歳くらいの男性が、ご苦労様ですと挨拶してくれ、カンパをしてくれた。
 通行人の70歳くらいのご夫婦が「原発はダメです。私は先月も福島に行ってきました」と言って挨拶してくれた。通行人の40歳過ぎの男性が暑いから気を付けてくださいと言って、1万円カンパしてくれた。みなさんに励まされる。ありがたい。Sさんは12時~13時まで、裁判所前で行われた石川一雄さんの無罪判決を求める抗議行動に参加したのち、夜の東電抗議闘争(毎月第一水曜日夜)に参加するつもりで座り込みに来られたが体調が芳しくなく、帰られた。
 保っちゃんは朝の傍聴闘争の後、他の用事をして、2時過ぎに遅番で登場。いつものようにパンを持ってきてくれたので、Oさんなどと分ける。うまい。遅番のTmさんが、事務所で仕事をしていて少し遅れるということで代わりにOoさんが来られる。3時30分くらいにレジェンド美智子が来られる。美智子さんをサポートしてあげているKさんも。Kさんは美智子さんのブラウスのボタンを補修してあげていた。夕方になると東電抗議に参加する人も何人か立ち寄よる。(T)

原発は福島だけと思っている人もいて  9月6日(木)
晴れ時々曇り、12時丁度にセッティングが終わった。
真夏よりはいくらか涼しい感じがする。
北海道の地震のことを心配しながら座り込んだ。
泊原発は停電で電源焼失したが、非常用電源で冷却していて大丈夫とのことだが、本当に大丈夫なのだろうか?
 12時半ごろ、テントがあった頃、土・日に座り込んでいたUさんが現れてびっくり。休みをとって浜岡原発運転差止請求訴訟控訴審の傍聴に行く前に寄ってくれたそうだ。今月は夏休み明けのせいか原発裁判がたくさんある。
 通りがかりに何しているのですか?と寄ってくれた男性に原発反対していますと言うと、反対しても駄目でしょう政府のやることだからと返ってきた。
 原発なくても電気は足りている、原発は危険だから反対しなくてはならないことなど色々話したら、判ってくれたらしい。彼は原発は福島だけだと思って居た様なのでチラシをお渡しして地図を示し、たくさんある原発の所在を話したら驚いていた。
友達にも上げたいからももう一部欲しいと言ってくれたのが嬉しかった。
まだそんな人もいるのかとびっくりだが、原発事故前の自分を考えたら偉そうなことは言えないと思う。
 2時過ぎ浜岡の裁判を傍聴してきた男性も寄って下さった。
午後番のSさんがいわきのお土産ストロベリーチョコをくださったのを食べて帰路につく。途中郵便局に寄ったら25日に大手町の方に移転すると聞いて驚いた。切手を買ったり、振り込みをしたり、近くて便利だったのに残念!
(I・K)

文科省前の朝鮮学校差別の抗議行動は続く 9月7日(金)
10時半過ぎ、事務所に向かうときパラパラと雨が降ってきた。今日は午後から晴れるとの予報を聞いてきたのであてが外れた思いだった。相棒のTさんはまだ体調がすぐれないと言う。早く元気を取り戻して元気のよいT節が聞けたらと思う。 
 イロハの女性たちと準備をし終え、事務所に戻り、出発前のおしゃべりに花を咲かせていたら12時近くになってしまった。慌てて、外に出て経産省正門前に向かう。正門前に着いたのは12時を回っていた。椅子を並べ幟旗を建てて座り込み準備完了。そのころにはからりと晴れた青空が姿を現した。ころころ変わる天気でちょいと困惑する。
 今日は「東海第二原発の新規制基準適合性審査を問う」の院内集会があるのでそれに参加するIさんやTっちゃんが始まるまでの時間、座り込みに参加してくれた。しかし、院内集会があるせいか、座り込みの参加者がいつもの金曜日に比べ少ないような気がする。
 3時過ぎるとイロハの女性陣はミーティングに行ってしまった。残ったのはレジェンドSさん、常連のOさん、後半担当のHさん、山荘オーナーのYさんと私の数人となってしまった。
 今日は変わり易い天気で、途中から強風になってきた。折りたたみ椅子を6脚、紐で縛り連結してあるのでまさか飛ばされることはないだろうと思っていた。たまたま、椅子にレジェンドSさんしか座っていなかったとき、突風が吹いてSさんが椅子と共に一瞬宙に浮いたような感じがした。慌てて皆、椅子に腰をおろした。くわばら、くわばらである。運よく何もなかったが、台風21号による大阪でのトラック横転の画像を見たばかりであったので肝を冷やした。
 4時からは文科省抗議に行く。こちらは学校が始まったばかりで学生の数が少ない。来週からは賑やかになるだろうか?「どれだけ叫べばいいのだろ~奪われ続けた声がある。聞こえるかい、聞いているかい。怒りが今また声となる~」元気に歌声が響く。
 朝鮮半島の情勢が大きく変わろうとしている現在もなお、日本政府は一貫して朝鮮学校に対する差別政策を続けている。2010年から始まった高校の無償化制度から朝鮮高校のみが適用除外されていることを、国連の社会権規約委員会や人種差別撤廃委員会は人種差別であると指摘し、日本政府に対して制度の適用をするよう勧告が出されている。13年、14年のことであったが、今年もまた、日本政府に対して是正するように勧告が出された。国連人権理事会の対日人権審査会は日本政府が朝鮮学校に対する差別をやめるように3度指摘してきたのである。(S・S)

「泊原発は止まっていて良かった」みんなの思いだった 9月8日(土)
9月になってもまだ暑い。さすがに日陰はすずしくなったが。澄み切った青空を真っ白な雲が北へ走ってゆく。レフ板のように日差しを反射しながら。上を見上げると折り重なったプラタナスの葉がステンドグラスのように輝いていた。突然枝が揺れると葉の間から雀が顔を覗かせていた。
 何という9月だろう。4日に若狭湾の真ん中あたりを抜け能登半島の左側を海岸線に沿って北上した台風21号は高浜、大飯、美浜、敦賀、もんじゅ、そして志賀の近くを通っていった。僅か数時間で7回のルシアンルーレットをした気分だった。
 そして6日の北海道胆振東部地震。「泊原発が止まっていて良かった」それが土曜日メンバーの共通の思いだった。「もしも動いていたら?」、「頑張っているのは現場の自衛隊員なのに自分の手柄のように言うな」などなど。「やっています」をアピールしたいがため人の相撲で褌をとったり(逆だっけ?)、わざわざしゃしゃり出て死者数を多く発表する始末。国難を作っているのは誰?
 夕方近くになると辺りは高層ビルの大きな日陰に包まれた。南の空に浮かぶ雲が日中を名残惜しむように優しく浮かんでいた。(O・O)

福島原発刑事訴訟支援団 会員・支援者のみなさまへ
 8月が終わり、公判が再開する9月に入りますところ、参集を呼び掛けます。公判日と公判終了後報告会・院内併行集会開催日を改めて、お知らせ致します。重ねて、裁判経過を報告する郡山(9.02)と東京(9.30)報告会も開きます。
公判予定日
9月18日(火)
第26回公判 公判終了後の報告会 参議院議員会館102室
9月19日(水)
第27回公判 併行院内集会 11時~16時 参議院議員会館101室
映画『福島 六ケ所 未来への伝言』上映&島田恵監督スピーチ
9月21日(金)
第28回公判 公判終了後の報告会 参議院議員会館102室
■予見できた!回避できた!東電刑事裁判報告会
【内容】弁護団からの報告、福島からのアピール等
【無料・予約不要】
9月30日(日)東京開催
【時間】14:00~16:30(開場13:30)
【場所】千代田区神田神保町3-8 専修大学 神田キャンパス7号館(大学院棟)3階 731教室(九段下駅出口5より徒歩3分、神保町駅出口A2より徒歩3分)
=== 福島原発刑事訴訟支援団 ===
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
https://shien-dan.org/
9月9日(日) 脱原発青空川柳句会 楽しいぜ!
13時~16時 経産省前にて 選者:乱鬼龍
9・17(祝) さよなら原発全国集会 代々木公園B地区
13時30分~呼びかけ人あいさつ 鎌田慧・落合恵子・澤地久枝他
15時15分 デモ出発
9月19日(水) 戦争法廃止と安倍退陣を求める9・19日比谷集会
18時30分 日比谷公園大音楽堂
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
9月11日(火) 18時~経産省前記念集会
 ~福島は終わっていない!原発は終わりだ!~
18時 音楽演奏・歌(楽しい演奏の数々)
18時・30分 メイン集会
ゲスト発言 木内みどり・鎌田慧・吉原毅
福島からの発言等
座り込みメンバーからの発言
 20時30分 音楽演奏・歌
 21時 終了


-- 
木村雅英 KIMURA Masahide
e-mail  : kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
携帯TEL : 080-5062-4196
Twitter : @kimuramasacl
経産省・規制委批判ページ:http://www.jca.apc.org/~kimum/



CML メーリングリストの案内