[CML 053620] [FoE]News 賠償は「国」頼み?原子力損害賠償制度見直しにパブコメ

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2018年 9月 6日 (木) 22:13:52 JST


                                           [TO: CML, keystone, rml, NoNuke]
  * @は at にしてあります。

              (from Friends of the Earth Japan News 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------  

 Date: Thu, 6 Sep 2018 15:30:00 +0900 (JST)
 From: FoE Japan mag2 0000049531 <mailmag at mag2tegami.com>
 Subject: 【FoEニュース】賠償は「国」頼み? 原子力損害賠償制度見直しにパブコメ

【FoEニュース】<2018年9月6日発行>

台風・地震の被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。皆さまの安全と、
一日も早い復旧をお祈りしております。

-----------------------------------------
★賠償は「国」頼み? 原子力損害賠償制度見直しにパブコメを!(9月10日まで)
-----------------------------------------

さて、原発事故の賠償の枠組みを定めた「原子力損害賠償法」(原賠法)などの見直
し案が、9月10日まで、一般からの意見公募(パブリック・コメント)にかけられて
います。しかし、この案では、原子力事業者が事故前に保険で備える金額(賠償措置
額)が1200億円に据え置かれることになっています。

東電福島第一原発事故では、現時点で見積もられているだけで7兆円を超す賠償金が
発生し、この賠償措置額を大きく上回りました。1200億円では、「焼石に水」に過ぎ
ません。

事故後、東京電力を救済するため、国は「原子力損害賠償・廃炉支援機構」を設立し、
国債発行などによる公的資金や、他の電力事業者からの負担金(もともとは私たちの
電気料金)を「機構」経由で東電に流し込んでいる状況です。今後、他の原子力事業
者は事故を起こしても、この「機構」が支援する、ということになります。

これでは、事故を引き起こした原子力事業者の負担はほんのわずかで済み、結局は国
民が負担するということになりかねません。
利益は企業へ、事故が起きたときの費用負担の大部分は国民へ…?

そんなことは許されませんし、事故のリスクも含めた原発のトータルなコストが認識
されないことにもつながります。

1200億円については、保険会社の「引受能力を超える」という理由で据え置かれまし
た。すなわち、それだけの大事故が想定されるということです。そうであるのならば、
原子力から撤退すべきなのではないでしょうか。

また、原賠法はその目的を定めた第1条で、「被害者の保護」のみならず、「原子力
事業の健全な発展に資する」と併記されています。つまり、原子力事業者も保護され
ているのです。第16条では、国が「原子力事業者が損害を賠償するために必要な援助
を行なうものとする」とされています。これによって、事故を引き起こしても、「国
がなんとかしてくれる」という無責任状況が生じてしまいます。

現在、原賠制度の見直しのパブコメを募集しているのは、原子力委員会ですが、検討
を行った専門部会の委員には、原発事故被害者、原発事故影響地域の住民、東電や原
子力事業者への公的資金注入を批判してきた人はほとんど含まれていません。
今後、原賠法の具体的な改定の検討は文部科学省に引き継がれますが、文科省は各地
での公聴会を開催すべきではないでしょうか?

ぜひ、みなさんからもパブコメを出してください。締切は【9月10日(月)】までです。

▼パブコメのポイントや出し方をまとめました。
http://www.foejapan.org/energy/library/180821.html

▼原子力委員会・文科省と会合を持ち、賠償措置額の引き上げができない理由などに
ついて聞きました。
https://foejapan.wordpress.com/2018/09/05/genbaiho/#report

▼原子力委員会・原子力損害賠償制度専門部会の各回の資料・議事録はこちらから
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/songai/index.htm



※FoE Japanのメールマガジンをご愛読いただいている皆様に、
最新ニュースをお送りします。

━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━
FoE Japanは世界75カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバーです。

◆Be a Friend of the Earth! FoE Japanのサポーターになりませんか?
詳しくはこちら  http://www.foejapan.org/join/index.html

◆本メールマガジンの記事について、転載は自由です。
 出典として「FoE Japan」を明記してご利用ください。

◆本メールマガジンに関するご意見・ご感想、登録・解除の依頼等は下記までお寄せ
ください。
   Tel:03-6909-5983/Fax:03-6909-5986/e-mail:info at foejapan.org

◆発 行 : 認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
◆編集担当 : 篠原 ゆり子、佐々木 勝教
━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━






CML メーリングリストの案内