[CML 053589] 9/8 南北・米朝合意と日本社会の役割〜北東アジアにおける恒久的平和体制の構築〜リ・ビョンフィ(朝鮮大学校准教授)講演会@堺市中百舌鳥

前田純一 maeda.junichi at nifty.com
2018年 9月 3日 (月) 16:02:49 JST


BCCでお送りします(重複をお許し下さい)。
朝鮮半島情勢は、アメリカ側が朝鮮戦争終結宣言の前に、非核化の工程表を出せと迫る
中、膠着状態に入っていますが、9月5日には韓国側特使が平壌を訪れ、文在寅大統領
の9月平壌訪問・南北首脳会談開催に向けた協議が行われようとしています。アメリカ
政府内のネオコンの巻き返しにより、事態は予断を許さない緊迫した状況です。しかし
一度扉が開かれた冷戦構造解体の歴史的動きを止めることはもはや不可能です。9月9
日朝鮮建国70周年、9月18〜30日国連総会などをにらんだつばぜり合いの情勢が
続きます。沖縄辺野古新基地建設問題と表裏一体をなしています。
この情勢をどう見るか、日本社会の役割は何か、朝鮮大学校の若き俊才であり、朝鮮情
勢に最も詳しい論客、BS放送やにも出演され、日本国際特派員協会でも講演された、
李柄輝(リ・ビョンフィ)准教授を迎え、共に考えあいたいと思います。
*日時:2018年9月8日(土)午後6時20分〜
*会場:堺市産業振興センター(大阪地下鉄・南海高野線「なかもず」駅徒歩4分)
*資料代:1000円(学生と障がい者無料)
*主催:いま9条と私たち 非戦の市民講座
*連絡先:072−229−6331(前田)




CML メーリングリストの案内