[CML 053919] 福島イノベーション・コスト(浜通り技術革新)構想を考える会のお知らせ

kodera at tachibana-u.ac.jp kodera at tachibana-u.ac.jp
2018年 10月 11日 (木) 10:23:54 JST


皆様
下記の会を行いますのでお知らせします
小寺隆幸

第34回 原子力・エネルギー教育研究会
―福島イノベーション・コスト(浜通り技術革新)構想を考えるーgennshiryoku 
 
 2014年6月に、福島・国際研究産業都市構想会議が「イノベーションによる産
業基盤の再構築」を掲げ、以後イノベーション・コスト構想は被災地の浜通りの
自治体を
おおう一大国家プロジェクトとなって進行しています。
それは、本当の復興になるのでしょうか? むしろ復興事業に便乗して地域住民
の願いとは離れた国家事業の押し付けになるのではないか、住民や子どもの生活
や地域と学校はどうなる? との不安もあります。
今回は、福島地域で復興教育に携わっておられる小川憲二さんから、構想の現状
と教育の課題についてじっくりとお話していただきます。
 お誘いあわせの上、皆さまのご参加をお待ちしています。

 2018年10月14日(日) 午後1時〜5時
 福島イノベーション・コスト構想をどうみるか
 話題提供 : 小川憲二さん (ふくしま民主教育研究センター事務局長)
 場所: 東京学芸大学コミュニティーセンター(大学東側・小金井街道沿い)
会場費・資料代:500円 *JR武蔵小金井駅 北口6番バス「中央大学付属高
校行」で5分、(学芸大学)プール前下車1分 道路反対側ローソン隣り
主催 原子力・エネルギー教育研究会
(世話人 梅原利夫、三石初雄、小寺隆幸)    
 
*事前に見ていただくと良い資料
「イノベーション・コスト構想の推進について」H29.2.11 福島県(21)
 「福島イノベーション・コスト構想の推進について」H29.11.27福島イ・ベ構想
推進会議事務
局(24)











CML メーリングリストの案内