[CML 054362] 【お知らせ】12月13日(木)KOREA文化研究会主催緊急講演会開催のお知らせ

nakata mitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2018年 11月 27日 (火) 16:37:55 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会 中田です。
10・30韓国大法院判決をめぐって朝日新聞の「耕論」でも紹介された太田修さんの講演会の案内です。
重複受信される方申し訳ありません。
-------------------------------------------------------------------------------
みなさまへ

深秋の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
この度、同志社大学KOREA文化研究会主催の緊急講演会「いま日本に問われていること-強制動員労働者の韓国最高裁判決をめぐって」を行うことになりました。
以下に詳細をまとめております。
みなさま、ぜひ足を運んでいただきますよう、お願い申し上げます。

同志社大学KOREA文化研究会一同

(以下、詳細)

_*同志社大学KOREA文化研究会主催*_
_*緊急講演会「いま日本に問われていること-強制動員労働者の韓国最高裁判決をめぐって」*_

・日時:2018年12月13日(木) 18:30~
・場所:同志社大学今出川キャンパス至誠館S(1)教室
・参加費:無料
・主催:同志社大学KOREA文化研究会
・問い合わせ:doshisha_koribun at yahoo.co.jp

-講演タイトル「いま日本に問われていること-強制動員労働者の韓国最高裁判決をめぐって」
ー講師:太田修氏(同志社大学グローバルスタディーズ研究科教授)

 去る10月30日の元'徴用工’韓国最高裁判決に対して、日本では様々な反応が起こっています。ただその論調は「請求権は日韓請求権協定で解決済み」といったものが多く、この問題に対する冷静な分析がなされているようには見えません。そこで韓国現代史が専門の太田修氏を招き、そもそも日韓会談、日韓請求権協定においてこの問題(個人請求権)がどのように議論されたのか、日本が植民地支配に対する責任を果たすという意味で、日韓請求権協定がいかに問題を含んでいるかについてお話しいただき、今回の判決が日本に何を問いかけているのか、考える場をもちたいと思います。



MLホームページ: https://www.freeml.com/zenko-ml

----------------------------------------------------------------------
GMOあおぞらネット銀行からキャンペーンのお知らせ!
7月より事業を開始したGMOあおぞらネット銀行では
事業開始のいまだけのお得なキャンペーンを実施中です!
口座開設するならいま!
↓↓↓ キャンペーン詳細はこちら ↓↓↓
https://ad.atown.jp/adserver/cp?sid=88342&did=638b&u1=
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--

あなたの街のチラシがいつでも無料で見放題!
チラシをクリックしてチラシが拡大されたらポイントゲット♪
まずはかんたん登録♪ -ポイントタウン-
https://www.pointtown.com/ptu/rd.cgi?cid=8912
----------------------------------------------------------------------

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
□MLの宛先
     zenko-ml at freeml.com
□このMLについてのご意見・ご質問
     MLオーナー owner-zenko-ml at freeml.com 宛にメールをお送りください。
□FreeMLの使い方に関するご質問
     FreeMLヘルプをご覧ください。→ http://www.freeml.com/help/faq.html
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



CML メーリングリストの案内