[CML 054342] 11/30(金)日弁連主催シンポジウム「普遍主義の国、スウェーデンに学ぶ」@弁護士会館(霞ヶ関)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2018年 11月 25日 (日) 08:54:23 JST


紅林進です。

宇都宮健児弁護士などが参加した、日本弁護士連合会のスウェーデン調査団による報告会シンポジウムが11月30日(金)に東京・霞ヶ関の弁護士会館で開催されます。
スウェーデンでは、所得の多寡などによって対象者を選別しない普遍主義が重視されているとのことです。
そのシンポジウムの案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

シンポジウム「普遍主義の国、スウェーデンに学ぶ」
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/181130.html

スウェーデンでは、高等教育に至るまで教育の無償化、児童手当をはじめとする手厚い家族給付など、所得の多寡などによって対象者を選別しない普遍主義が重視されており、高い税負担を多くの国民が支持しています。政府の債務は少なく、出生率は高く、投票率は80%を超えています。
本シンポジウムでは日本とは対照的な状況にあるスウェーデンに学び、社会保障充実の方策を考えます。ぜひご参加ください。

日時:2018年11月30日(金) 18時00分〜20時30分(開場17時40分予定) 
場所:弁護士会館17階1701会議室 
   (千代田区霞が関1−1−3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結) 
   会場地図 https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html
参加費:無料 
参加対象・人数:どなたでもご参加いただけます 

内容プログラム(予定)
◆報告:「日弁連スウェーデン調査報告」
・久野 由詠 弁護士(日弁連スウェーデン調査参加者)
◆講演:「福祉国家スウェーデンの生成とその特質について」
・訓覇 法子 氏(日本福祉大学福祉経営学部元教授)
◆パネルディスカッション
【パネリスト】
・訓覇 法子 氏(日本福祉大学福祉経営学部元教授)
・高端 正幸 氏(埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授)  
・両角 達平 氏(文教大学研究員) 
・宇都宮 健児 弁護士(日弁連元会長)
【コーディネーター】
・猪股 正 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長)

申込方法:事前申込不要(当日会場にお越しください) 

主催:日本弁護士連合会 
お問い合わせ先:日本弁護士連合会 人権部人権第一課
        TEL 03−3580−9501 

チラシ (PDFファイル) https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2018/event_181130.pdf



CML メーリングリストの案内