[CML 054298] 東日本に住む人は、見て、読んで、どんな気持ちになるでしょうか。 「NNNドキュメント「首都圏の巨大老朽原発 再稼働させるのか `東海第二」」の文字起こしを読み、 本日インターネット放送の レイバーネットTV第136号 : オンボロ原発を動かすな!/首都圏「東海第二原発」 を見て、・・・ と、今日の取り組みと番組

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2018年 11月 21日 (水) 07:41:13 JST


東日本に住む人は、見て、読んで、どんな気持ちになるでしょうか。 「NNNドキュメント「首都圏の巨大老朽原発 再稼働させるのか `東海第二」」の文字起こしを読み、
 本日インターネット放送の レイバーネットTV第136号 : オンボロ原発を動かすな!/首都圏「東海第二原発」 を見て、・・・ と、今日の取り組みと番組


転送転載歓迎

京都の菊池です。

先日

11月12日(月)
「NNNドキュメント「首都圏の巨大老朽原発 再稼働させるのか `東海第二」」(読売テレビ、日本テレビ系列 深夜午前01:00ー01:30)
東京から最も近い原発を知っていますか?
百キロ先にある茨城県の東海第2発電所だ。
運転開始40年の老朽原発。
今年9月新基準に合格した。
だが30キロ圏の人口は96万人と国内の原発としては最多。
万が一の時、住民らは逃げられるか?
番組では、茨城県内の44市町村に避難の実現可能性についてアンケートを実施した。
風向きによっては、首都圏や福島にも放射性物質が飛んでくる恐れもある。
老朽原発のこれからを問う。

http://www.ntv.co.jp/document/ 

が、全国放送されました、
 
守田敏也さんが、この番組の文字起こしをされました。
ぜひ、お読みください。


守田敏也さんのブログ
明日に向けて 
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011 
より

 明日に向けて(1620)首都圏の巨大老朽原発 東海第二を再稼働をやめさせよう!(NNNドキュメントより‐1) - 明日に向けて 
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/a1ea9db137f76c5d3b5892ee83384ab4 


明日に向けて(1621)東海第二原発が事故を起こした時、避難場できるのか(NNNドキュメントより‐2) - 明日に向けて 
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/04b01f55fec298e351618c88f3514461
 

明日に向けて(1622)東海第二「市民の安全安心を第一に考えれば再稼働はあり得ない」-10市町村+1が反対!( NNNドキュメンより‐3) - 明日に向けて 
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/9958fe8d5f91b53ea0f92ec3babbd85d
 

そして、今日11/21水曜、
下記がインターネット放送されます。
ぜひ、ご覧ください。

*放送会場に、参加できるそうです。
・・・
 ★レイバーネットTVは公開放送です。
スタジオ見学歓迎。
投げ銭歓迎。
オリジナルコーヒ
ー販売あり。
「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます
。番組終了後、実費(1500円以内)の「懇親会」もあります。

★ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。
★連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662 

・・・


レイバーネット日本 のホームページ
http://www.labornetjp.org/ 
より 


レイバーネットTV第136号 : オンボロ原発を動かすな!/首都圏「東海第二原発」 
http://www.labornetjp.org/news/2018/1121tv

 
11月21日(水)の番組案内です。おしどりマコさんが生出演します。
ぜひギャラリーに遊びにきてください。拡散大歓迎。

*住宅地に近接する「東海第二原発」(写真は『恐怖のカウントダウン』から)

●労働者の 労働者による 労働者のための
  レイバーネットTV 第136号放送
 特集:オンボロ原発を動かすな!~首都圏「東海第二原発」

・日時/放送時間  2018年11月21日(水)
 19.30一20.45(75分)ギャラリー開場 19.00

・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv

・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
    http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
・キャスター 堀切さとみ


1,動画ニュース(10分)
 この1か月のホットな情報をお伝えします。
 コーナー司会:尾澤邦子

2,ニュース解説=指宿昭一弁護士(10分)
 「外国人労働者受け入れ拡大の問題点」

3,特集 : オンボロ原発を動かすな!~首都圏「東海第二原発」(50分)

 東海第二原発は今年11月27日に40年を迎えます。40年たてば廃炉のはずが、最長20年運
転を延長することを11月7日に国は認めました。ひとたび事故が起これば、立地する自治
体だけでなく周辺自治体に大きな影響が及びます。東海第二は首都圏にある唯一の原発で
、30キロ圏内には90万人が暮らしています。幸いなことに、今年三月、原発の再稼働を認
めるかどうかの事前了解の権限が、立地自治体だけでなく周辺自治体にも与えられました
。
茨城県の自治体の66%が再稼働に反対する意見書を出し、福島を繰り返させまいという声も上がっています。
番組では、茨城現地の最新映像とレポート、そして「芸人ジャーナリスト」おしどりマコさんをゲストに「オンボロ原発・東海第二」の大問題に迫ります。

・コーナー司会 遠藤大輔(『恐怖のカウントダウン』制作者)
・ゲスト  鴨下祐也さん(福島避難者)
        おしどりマコさん(日本原電・規制庁を取材)
・電話出演 村上達也・前東海村長

*脱原発川柳・ソング(乱鬼龍・ジョニーH)

★レイバーネットTVは公開放送です。
スタジオ見学歓迎。
投げ銭歓迎。
オリジナルコーヒ
ー販売あり。
「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます
。番組終了後、実費(1500円以内)の「懇親会」もあります。

★ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。
★連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
*文中の
「恐怖のカウントダウン」とは、

 VJU REPORT Vol.8
「恐怖のカウントダウン-東海第二原発を止めたい-」
(DVD-R/28分) 
のことで、

ビデオジャーナリストユニオンVJU公式サイト - ドキュメンタリーの力で社会をボトムアップを! 
https://vjunion.jimdofree.com/
のページである

お申し込みはこちら - ドキュメンタリーの力で社会をボトムアップを! 
https://vjunion.jimdofree.com/%E4%B8%8A%E6%98%A0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/ 
を参照ください。
 

別件です。
下記を教えていただきました。

京都のGREENさんの
「テレビ放送の紹介(2018年11月21日~11月22日)」です。
https://blog.goo.ne.jp/01780606/e/0a40053652e94f7683dd51214bbffaec
(この中で他にも興味深い番組を紹介しているので、お読みください。)

より
 
 
今日11/21水曜 全国放送

「くらし☆解説 「核廃絶の願いは世界に届くか 増田 剛解説委員」」(NHK総合 午前10:05~10:15)

広島市と長崎市はいま、被爆の実相を世界に広める取り組みの一環として、第一次世界大戦の戦場となったベルギーで原爆展を開催しています。核廃絶をめざす取り組みの意義と、その難しさを考えます。

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/index.html

 
(再放送)「BS世界のドキュメンタリー「ダウン症のない世界?」」(NHK BS1 午後05:00~05:50)

出生前診断の精度が上がった結果、イギリスではダウン症の子どもが生まれる確立が高い場合、90%の女性が中絶を選ぶ時代になっている。番組のプレゼンターであるサリーは女優で脚本家。11歳になる息子のオリーはダウン症だ。サリーは、自分の実感としてオリーがいることに幸福を感じているにもかかわらず、世の中はダウン症を排除する方向に向かっているのではないか?明るく前向きなサリーが当事者たちに体当たり取材する。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170628

 「BS世界のドキュメンタリー「性奴隷だったヤジディの私」」(NHK BS1 午後11:00~11:50)

各国の公共放送が参加する大型国際共同制作「Why Slavery?」の第3作は、IS=イスラミック・ステートに標的とされたヤジディ教徒の物語。男性は大量虐殺、女性は拷問やレイプの対象となったが、救い出された千人にのぼる被害者の調査を国際弁護士が行い、ヤジディの専門医が治療を指揮している。同胞を救おうと、辛い体験を公の場で語る女性も…。時間をかけて少しずつ心を開く女性たち。その一歩に寄り添う。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181121

 

「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:40~11:50)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

 
明日11月22日(木)全国放送

(再放送)「ETV特集 アンコール「長すぎた入院」」(NHK Eテレ 深夜午前00:00~01:00)

精神科病院大国、日本。世界の病床のおよそ2割が集中し、長期間、精神科病院で過ごす人が少なくない。国連やWHOなどからは「深刻な人権侵害」と勧告を受けてきたが、その内実はほとんど知られることはなかった。ところが、原発事故をきっかけにその一端が見え始めてきた。人生の大半を病院で過ごした人。入院治療の必要がなかった人。番組では、患者たちの人生を追うとともに、なぜこのような事態が生じてきたのかを探る。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-11-21/31/1848/2259602/

 「学ぼうBOSAI 東日本大震災 被災者に学ぶ「看護師~宮城・女川町~」」(NHK Eテレ 午前09:55~10:05)

東日本大震災の被災地を訪ね、震災を経験した人の話を聞く「東日本大震災 被災者に学ぶ」シリーズ。大災害のとき、地域住民はどのように判断し、いかに行動したのか…。小中学生の子供たちが自分で判断し行動するためのヒントを提供する。宮城県女川町の医療センターで、医療品や食料が津波で流され、多数の避難者が押し寄せた事態に看護師はどう対応したか。中学生の子供リポーター、俳優の濱田龍臣さんが被災地を訪ね話を聞く。

http://www.nhk.or.jp/sougou/bosai/ 
  

今日関西では下記が取り組まれるそうです。

 一日一回脱原発 & デモ情報in大阪 
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/ 
 より


●11月21日(水) 15時~北野白梅町
京都で国会パブリックビューイング
‏国会パブリックビューイングは、高度プロフェッショナル制度の審議の無茶苦茶さを多くの人に知ってもらおうということで始まったものですが、今の入管法改定の審議も無茶苦茶なので、最近はそちらの様子を流しています。
https://twitter.com/Kyoto_KPV/status/1063607881700921344



●11月21日(水) 15:00~16:30 龍谷大学深草学舎紫英館2階第4共同研究室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html)
定例研究会「日本の外国人労働者の実態-追いつかない法整備-」
講師:李洙任(リス―イム)さん
参加無料
主 催:龍谷大学経営学会
https://www.freeml.com/kdml/11636/latest



●11月21日(水) 18時30分~20時00分 神戸市青少年会館研修室(神戸市勤労会館5階)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html)
セミナー「わたしたちの難民問題2018」
第2回『アフガニスタンの支援活動』 
講師:西垣 敬子氏(元宝塚・アフガニスタン友好協会 代表)
昨年に引き続き、日本国際連合協会と難民事業本部関西支部、神戸YMCA、兵庫県国際交流協会の共催で、セミナー「わたしたちの難民問題2018」を開催します。国外・国内定住難民への理解を促進するため、支援者、研究者などを講師に迎え、難民への救済・支援活動の現状や課題について3回にわたりお話いただきます。
・第3回 12月5日(水曜日)18時30分~20時00分
    『日本に暮らすラオス定住難民』 講師:乾 美紀氏(兵庫県立大学 准教授) 
募集人数:各回40名(必着順)
費用:無料
申込方法:お問い合わせ先にメールしていただくか、お電話にてお申込みください。
メールの際には、件名を「○月○日わたしたちの難民問題参加希望」としていただき、氏名(ふりがな)、連絡先(電話・FAX番号)を記載のうえお申込みください。
下記共催団体でもお申込を受付けています。
(公財)アジア福祉教育財団難民事業本部 関西支部
TEL. (078)361-1700 E-mail: kansai at rhq.gr.jp
(公財)神戸YMCA 国際・奉仕センター
TEL. (078)241-7204 E-mail: houshi at kobeymca.org
お問い合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 交流・協力課
電話番号:078-230-3090 ファクス:078-230-3280
hia-ex-co at net.hyogo-ip.or.jp
http://www.hyogo-ip.or.jp/interest/kouryuukyouryoku/refugees.html 


京都の菊池です。の連絡先
 ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(送信の時は、あっとを@に変更して送信してください)


CML メーリングリストの案内